妄想力は無限大 別館

家族大好きブログ。同時運営ブログもあります 妄想力は無限大 http://fanblogs.jp/yujisanmousou/

広島の郷土料理。「こいわしのお刺身」の美味しい食べ方。深夜の「こいわし祭」はビールが進む!



スポンサーリンク



いらっしゃいませ。

 

本日は広島の郷土料理、こいわしのお刺身のお話。

 

私のオススメの食べ方のお話。

深夜のこいわし祭の開催

 

f:id:mousouryoku:20170728165829j:plain

 

夜。1人。奥様はいつも私のご飯を作っておいてくれる。感謝。

 

本日は私の大好物こいわしが並んでいる。

 

「こいわしのお刺身」と「こいわしの天ぷら」が広島の郷土料理だと知った時はあごが外れるくらいあんぐりした記憶がある。郷土料理とはそんなものなのだろう。

 

こいわしを食べる前に画像左下の薬味を「焼きなす」に乗せて食す。

 

f:id:mousouryoku:20170728172423j:plain

 

この乗せた薬味が今回のオススメの食べ方の肝となる。

 

カイワレ大根を3等分

大葉と生姜は千切り

ネギは小口切り

 

これを好きな配分で混ぜると出来上がり。

 

ミョウガが旬の時期に千切りした物を加えると最強の薬味になる。

 

焼きなすでお口をサッパリさせてから「こいわしの天ぷら」へ。

 

f:id:mousouryoku:20170728173354j:plain

 

塩一択。

岩塩との相性はまさに鬼に金棒で、天つゆは邪道だ。天つゆ派の方、ごめんなさい。

 

揚げたてではないのが残念で仕方がない。

 

揚げたてだと噛んだ瞬間にお口の中に広がる磯の香りと共に「こいわしの旨味」が猛攻激してくる。お口の火傷の可能性も引き連れて。

 

あぁ揚げたてが食べたい。

 

そしていよいよ本日のメイン!

こいわしのお刺身!

 

f:id:mousouryoku:20170728173448j:plain

 

実は捌くのは超簡単。

流水しながら頭をもいで内臓を取り出し、骨に沿って親指をはわすと身と骨がキレイに剥がせる。

開いた状態のものも簡単に半分に出来る。

手だけで捌けてしまうけど数が多いと一苦労だ。

奥様よ、ありがとう。

 

食す!

その前に!

薬味の準備!

 

f:id:mousouryoku:20170728173523j:plain

 

薬味たっぷり!ポン酢ドパーン!

お刺身がメインか薬味がメインかだって?

両方です!

薬味だけでも美味しいんです!

 

f:id:mousouryoku:20170728173559j:plain

 

薬味を纏った「こいわしのお刺身」はふつくしい。

 

ふつくしいばかりではなく、旨い。

 

この薬味のお陰で青魚が苦手な奥様も進んで食べるとお伝えすれば如何に旨いか分かって頂けると思う。

 

ありきたりな表現だけど臭みが無くなって旨さだけが残ると言えば分かりやすいでしょうか?

 

食感もシャキッとした歯応えを乗り越えた先に「こいわし」の弾力あるプリプリが待っている。

 

ネギとカイワレと生姜の味の後に「こいわし」の旨味が残り、大葉の香りが鼻を抜けていく。

 

これにミョウガが加わると更なる爽快感まで加わる。

 

これが最強の「こいわしのお刺身」 の食べ方だと言い切りたい。

フィナーレ

 

もし、こいわしのお刺身を食べる機会があれば薬味はたっぷりがオススメです!

 

是非一度お試しあれ!

 

尚、 他に美味しい食べ方があれば教えて下さいませ!

全力で試させて頂きます!

 

それでは

ん~!良い人生を!