妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

お父さんが1日家事をすると家は汚くなる。お母さん・妻に感謝と賛辞と行動を贈ろう。



スポンサーリンク



妻が出て行きました。

娘を連れて。

 

息子「は」家に居ます。

以前からこんな風に妻に対する考えを書いていました。

www.mousouryoku.com

www.mousouryoku.com

そうです。

アイドルグループのコンサートに娘を連れて県外に出て行きました。

一泊二日の旅に出て行きました。

即ち。

「妻が突然居なくなった時」と「休日をプレゼントする」が同時に来たようなものです。

妻が一泊二日の間中、私が家を守り息子の世話をするのです。

どれだけお母さん・妻の存在が偉大か。

どれだけ「普段」家事をしないお父さん・旦那が無力か。

ありのままに過ごした30時間をつらつらと書き残しておく。

ある日突然、頼り切っていたお母さん・妻が居なくなったら大変だぞと自戒と注意喚起を込めて。

お父さんが1日家事をすると家は汚くなる

 

9時

夜勤明けの私にとっては早い。

子供の朝食と私の寝起きのコーヒーは準備されている。ありがとう。

優雅に温かいコーヒーで外のウッドデッキで一服。

洗濯物もすでに干してあり、部屋の掃除も完璧。

起きてきてする事は息子と遊ぶ事「だけ」で良い。

 

10時

妻と娘を駅まで送り届け息子と二人きり。

『お昼までにしなければいけない事をする。』と息子に伝える。

『お昼までに宿題を終わらせておけば後から楽』も併せて。

 

12時

お昼の時間。ご飯の準備は当然してない。

自慢の即席ラーメンを息子に提供。

www.mousouryoku.com

 

12時半 

食後、食器を流し台にまで持っていき放置

『後からやろう。』

息子の宿題の完了を見届ける。

 

13時半

100均でおもちゃを購入。

全力で息子と遊ぶ。

www.mousouryoku.com

尚、体力はこの時点で70%程使った。

 

15時半

コンビニでアイスを購入。

『今日は一杯遊んだから奮発しちゃうぞ!』

無駄に高いアイスを2個購入。

 

16時

帰宅。

洗濯物を取り込む。

尚、畳んではいない。

『後からやろう』2回目。

f:id:mousouryoku:20171210121517j:plain

 

17時

全力で遊んだ後のご飯は死ぬほど美味しい。

お腹は早々にペコペコだ。

息子と二人で外食。

f:id:mousouryoku:20171210121658j:plain

 

18時

お風呂を洗い、たっぷりのお湯で息子と浸かる。

『外遊びしたし寒いしバブ入れよう!』

お風呂に浸かった時間はおおよそ5分。2人で。

贅沢の極みである。

 

18時半

風呂上りのビールの美味しさは大人になって初めて分かる。

至福の時間。

尚、流し台の惨状が目に入ったが見て見ない振りをした。

『後からやろう。』3回目。

 

19時

今日は息子と遊ぶ日。決めてた。

ノートパソコンをコタツに持っていきスーパーマリオオデッセイのパワームーン集めの情報提供。

ゲームのアイテムを表示上限の999個集めきった時息子は感動の余り少し泣いた。

超絶可愛くて頭にキスをした。

尚、畳まれていない洗濯物のカゴはそのままだ。

『後からやろう。』4回目。

 

21時

いつもは子供を寝かしつける時間。

だが今日は特別。

スーパーで買った日本酒をちびちびやっている間は起きてて良いと決めた。

勝手に。

『そうだ!今日はゲームのイベントの日だ!』

スプラトゥーン2のフェスが開催されている。

息子とワイワイしながらプレイ。

 

23時

気が付けば23時過ぎ。

スプラトゥーン2は罠だらけなのだ。

www.mousouryoku.com

 

23時半

息子と共に就寝。

 

8時

起床。

下に降りてきてみると息子はもう起きていた。

カーテンも開けていない部屋で1人コタツに潜り込んでいた。

暖房器具も点いていない。

コーヒーも入ってない。

息子の朝食なんてあるはずもない。

流し台を見る。

f:id:mousouryoku:20171210123436p:plain

『後からやろう。』5回目。

という訳にもいかず洗う準備。

していると息子から『お腹空いた!』

急いで着替えてスーパーへ。

『まだ開いてないじゃん・・・』絶望を抱えコンビニへ。

肉まん2個とパン3個とおにぎり1個で800円。

f:id:mousouryoku:20171210123744j:plain

息子が食べている間に流しをキレイにする。

洗濯物を畳む。

洗濯機を回すのは忘れていた。

『雨降っているし2人分だから良いか・・・』という大義名分を掲げて忘れたのを正当化しておいた。

軽く部屋の片づけをした。

 

9時半

朝食を食べる。

コーヒーを自分で淹れて一息。

『あっまた洗い物が出来た・・・』

同時に子供が脱ぎ散らかしたパジャマを見て思った事は

『次から次へとやる事が沸いてくるな・・・』

 

10時

やるべき事の着手。

家族経営の自営業なお父さんに日曜日は関係ない。

片手間にブログ。

 

11時半

もうお昼前。ご飯の準備しなきゃ。

冷蔵庫を開けるも何にも思いつかない。

家事を普段からしているお母さん・妻の有り合わせの物で美味しいご飯を作り上げる能力は素晴らしい。

称賛されるべきだ。

私個人の能力の問題だが事前に準備をしないと私は料理が出来ない。

『お母さんお腹空いた!』からの冷蔵庫を開けてパパっと料理する手際の良さはただただ頭が下がるばかりである。

私がした事は栄養面と家計的に考えた結果「ご飯を炊いた。」以上である。

 

12時

ご飯は炊いたがおかずが無い。

肉を所望する息子にスーパーのお惣菜コーナーはありがたい。

f:id:mousouryoku:20171210135618p:plain

使用した食器は「お茶碗」と「箸」と「コップ」だけだがこれも立派な「洗い物」に変わる。

机も拭かなければならない。

『次から次へとやる事が沸いてくるな・・・』

ふと「から揚げ」の値段を見て『後100円出せばから揚げ弁当買える値段じゃん。』とも思った。

お惣菜コーナーはありがたいが安くは無い。

 

13時

買い物へ。

『子供達のホッカイロを買っておいて』の要望に応えるべくホームセンターへ。

売り場に到着するもどれが良いのかさっぱり分からない。

子供達が普段使っているのが貼るタイプか貼らないタイプかすら知らない。

息子に聞いて初めて知った。

『いつも貼ってるよ。だからこれ。』

小3の息子の力無くしてはホッカイロすらまともに買えないのだ。

これが連れてる子供がもっと小さかったら適当に買って帰って怒られるパターンのやつ。

普段から家族の事をもっと見るべきだと感じる。

反省点。

 

14時

やるべき事はまだある。

だが子供が暇してる。また全力で遊ぼうかと葛藤しましたがタブレットで英語学習をして貰う。

スタディーサプリの英語学習を楽しくやってくれたので助かった。

eigosapuri.jp

980円で妻、娘、息子の3人の英語学習に役立っているので気になる方は7日間無料なので試してみてはいかがか。※2017年12月10日現在

 

15時

おやつを熱望する息子に合わせて休憩。

息子は英語学習を30分で終えて工作をしていた。

散らばったセロハンテープや出しっ放しのマジックを見てこれも片付けの対象か・・・と『次から次へとやる事が沸いてくるな・・・』と。

 

15時半

畳んだままの「昨日」の洗濯物を収納スペースに。

それまで畳んだだけでうず高くスペースを陣取っていた。

 

16時

出勤。妻と娘はまだ帰ってこない。

帰宅予定は16時半。

30分弱の間、小3の息子一人で留守番させるのは心配するのは過保護なのは分かっているが心配なものは心配なのだ。

 

終わって

1日を通して家事らしい家事は出来ていないと思います。

片付けも後回し後回しにしていくと部屋はだんだんと汚くなっていったのを実感しました。

子供が居ると尚更に。

部屋を散らかすのが子供の仕事ですが目を離す度にコタツ周りに「モノ」が増えていくと『次から次へとやる事が沸いてくるな・・・』という不思議な感覚。

お母さん・妻に感謝と賛辞と行動を贈ろう

 

お分かり頂けただでしょうか?

このように「普段」から家事をしないお父さんが一日家事をすると

  • 食事が偏る
  • 出費が激しい
  • 部屋が汚くなる

次から次へとやる事が沸いてくる事実に気付く

 

これに対し「普段」から家事をしているお母さん・妻だと

  • 「家にある」ありあわせの物で栄養バランスを考えたご飯を作りだす
  • 家計のやり繰り
  • 部屋を綺麗に保つ

家事をこなす事は称賛に価する

 

これを毎日。

「生活」とはそういう事。終わりは無い。

それをお母さん・妻は毎日やるのが当り前だと思われてる。

手伝わない理由は何ですか?

めんどくさい?

お母さん・妻だってめんどくさいんですよ?

男は稼いでくれば良いとだけ思っているならハウスキーパーさんに「毎日」頼めるくらい稼いでから言おうか?とさえ思います。

 

『主婦にもお給料を!これだけ価値がある!』と叫ぶ気持ちは分かります。

分かりますが稼ぎが少ない旦那としては『すまぬ、すまぬ』としか返せないのは申し訳なくもある。

だから稼ぎが少なく家事もあまり手伝わない男性諸君よ。

感謝だけは忘れずに。

『いつもありがとう』とだけは伝えよう。言葉で。

出来る事「は」手伝おう。行動で。

最後に

 

1日。1日の間だけですが家の事をやってみて息子が部屋の片づけを手伝ってくれただけで凄い助かった。

自分のおもちゃを片付けるだけの作業だったけど物凄い助かった。

そういう事。

世の中の「普段」家事をしない男性諸君。

出来る事「から」お手伝いをしてみてはいかがでしょうか?

 

それでは

ん~!良い人生を!