妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

小学生でもストレスは溜まる。溜まったストレスを解消するにはパンチバッグが良かった!パンチバッグのレビューもしてみた。



スポンサーリンク



ギャングエイジ。

小学生3年生の息子が今まさに中間反抗期。

頭の中のイメージ通りにいかない現実に納得がいってない様子。

そんな時期は私にもあった。

気長に永遠の愛を注ぎ続けるのみだ。

だが溜まるものは溜まる。小学生でもストレスは溜まるのだ。

子供のストレスを発散させる方法を沢山考えるのも親の仕事。

その内の1つとして絶賛大好評なものをご紹介したい。

溜まったストレスを解消するにはパンチバッグが良かった!

 

反抗期と言えばよく「物」に八つ当たりしてませんでしたか?

行き場のない怒りに似た感情を感情のまま「物」にぶつけられたら親としては困りますよね。

壁に穴でも開けられたら大変なのです。

ローンは後二十数年も残ってる。

大事にしたい「物」に反抗期パワーをぶつけられる前に。

ぶつけて良い「物」を用意してみた。

それがこちら。

ストレス解消パンチバッグ

f:id:mousouryoku:20180110194009j:plain

ストレス解消グッズを求めてる時に私の目に飛び込んできてくれた。

お値段も2,000円以下とお財布に優しい。

2,000円で子供のストレス解消と未来に起こる「かも」しれない「物」への被害が防げるなら安い買い物だ。

よし!膨らまそう!

いつもお世話になってる浮き輪用にも使える空気入れと同じものがお目見え。

f:id:mousouryoku:20180110195004j:plain

謎の安心感。

 

ドン!デカイ!

f:id:mousouryoku:20180110195149j:plain

下側に水を入れて。

空気の注入!

f:id:mousouryoku:20180110195306j:plain

シュコーシュコー

f:id:mousouryoku:20180110195403j:plain

完成!

f:id:mousouryoku:20180110195634j:plain

140センチの息子と比較

f:id:mousouryoku:20180110195721j:plain

全長150センチくらい。

 

スタンバイオーケー

f:id:mousouryoku:20180110200310j:plain

『好きなようにパンチして良いよ!』

からの

キック

f:id:mousouryoku:20180110200405j:plain

さすが中間反抗期真っ最中である。

そこから面白いようにキックを繰り出す。

時折パンチを混ぜながら。

これは。

良いぞ!

息切れするまでパンチとキックを繰り出す息子。

もう疲れて飽きたかと思いきや今度はタックルを浴びせて倒していた。

これは。

良いぞ!!!

ストレス解消が目的だったけど運動不足な息子に良い!

おいおいおい、たったの2,000円で何役するつもりだい?

 

本来の使い方も楽しいエクササイズでボディシェイプにも使えるのだから家族の誰かが使えば元は取れる。

f:id:mousouryoku:20180110201019j:plain

足で挟んでどうボディシェイプするのかは分からないけど。

 

ただ万能に思えるこのパンチバッグにも弱点があった。

地面に着くまで倒すと元の位置に戻るのが遅い。

f:id:mousouryoku:20180110202312j:plain

空手の練習でハイキックして地面まで着けた後すぐに戻ってこないのに息子は不満そうであった。

逆に言えばそれ以外は満足しかしてない様子。

今日も隣の部屋で『エイッ!エイッ!』と空手の掛け声が聞こえて親の私も大満足である。

その後『ウッヒョー』と叫びながらパンチかキックをしてるのはきっとストレス解消中。

『あ~楽しかった!』と私の膝に座る息子の晴々した笑顔からはストレスを感じられない。

うん。良い買い物をした。

最後に

 

私がウッドデッキに一服しにいく道中にパンチバッグはあります。

仕事で考えが煮詰まった時に『ふんっ!』とパンチを放つと相当気持ち良いです。

またパソコンに向かう帰り道にはキックを『はいっ!』と放つとスッキリ。

実は子供より私の方がストレス解消に使ってるかも。

更に思春期真っ最中の中1の娘にも好評。

『あちょー!』と言いながらつついてる姿は「愛おしい」という一言しかない。

後は妻がシェイプアップに使うと2,000円の回収はすぐであろう。

家族のコミュニケーションにもなるパンチバッグはいかが?

それでは

ん~!良い人生を!