妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

ニンテンドースイッチの新しいあそび。ニンテンドーラボは親子で楽しめる神ゲーの予感。



スポンサーリンク



2018年1月18日。

私は今、心から震えている。

最後にこんなにワクワクしたのは何時以来だろう?

ツイッターで告知があったのが1月17日の19時。

情報解禁されたのが18日の7時。

突然の発表にほとんど寝れず朝寝坊したのは内緒だ。

ニンテンドースイッチの新しいあそび

 

任天堂が「新しいあそび」と題してとんでもないものを発表した。

その名も「Nintendo Labo」「ニンテンドーラボ」

www.nintendo.co.jp

あそびの発明、ニンテンドーラボ。

 「つくる」「あそぶ」「わかる」

いかにも小学生が喜びそうなワードがてんこ盛り。

いつでも小学生気分に戻れる男の子ならこの喜びを分かって貰えるだろうか?

そしてこの「ニンテンドーラボ」は何と「段ボール」を使う。

  • 「段ボール」でピアノを作って演奏
  • 「段ボール」で釣り竿を作って釣り
  • 「段ボール」でバイクを作ってレース

 ちょっと興奮し過ぎて何を言っているのか自分でも分からないがとにかく「段ボール」を使って作って遊んで分かるのだ。

「ニンテンドーラボ トイコン01 バラエティキット」では5種類の『Toy-Con』『トイコン』と呼ばれる「段ボールとニンテンドースイッチが合体したリモコン」を作れる。

www.nintendo.co.jp

  • リモコンカー
  • つり
  • おうち
  • バイク
  • ピアノ

 そのトイコンを使ってそれぞれに対応したゲームを楽しめる。

まずは「ダンボールシート」と「ゴム」や「ヒモ」を使って作り上げてニンテンドースイッチ本体やリモコンと組み合わせて遊ぶ。

f:id:mousouryoku:20180118114223j:plain

ゲームだけじゃない。工作「も」楽しめる。

段ボールと聞いて我が家の小学生の息子は段ボールがクタクタになるまで遊ぶ予感しかしないが「トイコン」を自分で「作って」「遊んで」「分かる」ニンテンドーラボの発表にワクワクが止まらない。

『段ボールで遊び過ぎて壊れたらどうするの?』という親の心配は公式の

ダンボールシートやヒモなどの販売も行う予定です。

という一文のお蔭で『全力で遊んで良いぞ!』と言えるのはありがたい。

 

そしてもっとワクワクさせてくれたのがこちら。

「ニンテンドーラボ トイコン02 ロボットキット」

www.nintendo.co.jp

f:id:mousouryoku:20180118110047p:plain

Nintendo Labo Toy-Con 02: Robot Kit(ロボット キット)| Nintendo Labo | 任天堂様のサイトより引用

ロボットキットは子供が「作って」「遊んで」「分かる」真骨頂だと思う。

最初にツイッターで動画を見た時、私は鳥肌しかたたなかった。

『絶対!子供と!遊ぶ!』

『俺もやる!!!』

自分がロボットになってゲーム内を駆け回れる気分になれるなんて男の子のロマンでしかない。

それを自分で「作って遊べる」のだ。

親子で一緒にやらない理由が私には見つけれない。

親がやったら恥ずかしい?

全力で遊ぶ姿を子供に見せるのもたまには良いよ?

だって親子じゃん。

そんな訳でロボットキットはトイコン01よりも激しく遊んでクタクタになるスピードは早そうな予感しかしないので予備のダンボールシートは早め早めに確保しておきたい。

 

気になるニンテンドーラボの発売日とお値段

トイコン(Toy-Con)01バラエティキット

2018年4月20日金曜日発売

6980円+税(税込7538円)

トイコン(Toy-Con)02ロボットキット

2018年4月20日金曜日発売

7980円+税(税込8618円)

神ゲーの予感しかしない。

トイコンを息子とワイワイ言いながら作るのは今から楽しみでしかない。

最後に

 

発売日がこんなに待ち遠しいと思ったのは何時以来だろう。

子供がモノを自分で「作る楽しさ」を。

『こうやって動くのか!』という「発見」を。

ゲームを通して「学ぶ」ものが1つでもあれば良い。

だからニンテンドースイッチの「新しいあそび」の提案を私は全力で受け止めようと思う。

それでは

ん~!良い人生を!