妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

セブンの「宇治抹茶わらびの生どら」が大人の美味しさ。ほろ苦い甘さから濃い甘さまで持つ大人のどら焼き。



スポンサーリンク



2018年3月6日。毎週火曜日はセブンイレブンの新商品の発売日。

今週は抹茶のスイーツが存在感を放っていた。

きっと抹茶の美味しい季節。抹茶農家の名称までパッケージに載せるのだからよほどの自信があるはず。

それがこちら。

「丸久小山園抹茶使用 宇治抹茶わらびの生どら」

f:id:mousouryoku:20180306162959j:plain

「生どら」なのは分かるけど抹茶わらびとはどういう事だろうか。

早速レビューをしていきたい。

セブンの「宇治抹茶わらびの生どら」が大人の美味しさ

 

いざ!開封!

f:id:mousouryoku:20180306163846j:plain

ふむ。まだわらび餅には出会えない。

では!中身を見よう!

f:id:mousouryoku:20180306164005j:plain

『わらび餅ぎっしり過ぎワロタ』である。

本当は中にわらび餅がいる事は分かってたんですけどね。

想像以上にわらび餅がぎっしり過ぎて声に出して笑ってしまったのは内緒。

よし!いただきます!

f:id:mousouryoku:20180306164338j:plain

ついさっき抹茶のわらび餅を食べていたので甘いかなと思いきや甘さ控えめ。

www.mousouryoku.com

生どらのしっとりとした食感にねっとりした抹茶ホイップが大人感を演出する。憎い。

この後からくるほろ苦さは大人のためのどら焼きだ。

わらび餅(抹茶まぶし)も甘さ控えめの憎い奴。生どらの食感を邪魔しないどころか口溶けの速さも相まって生どらのしっとり感を倍増させる。

『ほろ苦い甘さってのもイイネ!』

そう思っていた。

あの「黒蜜」に出会うまでは。

f:id:mousouryoku:20180306164727j:plain

この黒蜜。正直、個体差があるだろうからはっきりとは言い切れない。

だが断面図を見て頂けると分かる通り「わらび餅」と重なって入っている。

アクセント的に黒蜜が味わえるのかと思ったらしっかりと「居た」事はご報告させて頂く。

そんな「宇治抹茶わらびの生どら」のオススメの食べ方としては

  • 端から食べ進めて大人の気分を味わって抹茶の余韻に浸る。
  • 浸りながら中心に近づいて黒蜜とわらび餅を同時に食べて濃厚な甘さに驚く。
  • また食べ進めて端っこに辿り着きほろ苦い甘さで締め。

油断して食べるとほろ苦く甘さ控えめの大人の抹茶に突如として現れる存在感「しか」ない濃厚で甘い黒蜜に本気でびっくりするからわざと油断するのも良いかもしれない。

最後に

 

今週の抹茶スイーツは全部で3つ。後1つあります。

  • 丸久小山園抹茶使用 濃い宇治抹茶わらび 黒蜜入り
  • 丸久小山園抹茶使用 宇治抹茶わらびの生どら
  • 丸久小山園抹茶使用 宇治抹茶クリームパイ

全てに「丸久小山園の抹茶」が使われているのが特徴。

後1つは発売日に出会えなかったので見つけ次第かぶりつきたいと思います。

それまで

ん~!良い人生を!