妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

セブンの「くりぃむぜんざい」が全力で和スイーツだった。「抹茶わらび&白玉 くりぃむぜんざい」を食べるならお茶必須。



スポンサーリンク



2018年3月13日。セブンイレブンが怒涛の抹茶推しを仕掛けてきてる。

完全制覇を目指す筆者は買うしかない。

例え298円もする高級品であろうとも。

f:id:mousouryoku:20180313155028j:plain

セブンの「くりぃむぜんざい」が全力で和スイーツだった

 

セブンイレブンのスイーツで298円は高い。高級品である。

食後のデザートとしてセブンイレブンのスイーツの主な価格帯が100円から150円。高くて170円から200円以内と考えると298円がいかに高級品であるかお分かり頂けるだろう。

だが絶賛セブンイレブンの全力抹茶推し中である。完全制覇するしかない。

以前300円越えのスイーツがめちゃウマだった事実も併せて今回は躊躇はない。

www.mousouryoku.com

中身が見えないセブンイレブンのスイーツは珍しい。

透明のフタを取って期待と妄想を膨らませて開封。

f:id:mousouryoku:20180313155056j:plain

ドン!

f:id:mousouryoku:20180313155136j:plain

見事に抹茶一色である。アクセント的な白玉が異常にカワイイ

それでは298円もするセブンイレブンの「抹茶わらび&白玉くりぃむぜんざい」丸久小山園抹茶使用を全力で食す!

今月だけで丸久小山園抹茶を何回書いただろうか。

いただきます!

  • 抹茶わらびとぜんざい

f:id:mousouryoku:20180313155205j:plain

『ぜんざいが全力で濃厚!』からの抹茶わらびの後味は優しさしか感じない。

なめらかなぜんざいとなめらかな抹茶わらびでなめらか祭りである。

食べた後に緑茶を飲むと絶対『ほっ』って言う。絶対。 

  • 抹茶ホイップと白玉とぜんざい

f:id:mousouryoku:20180313155237j:plain

贅沢食い。

抹茶ホイップとぜんざいの相性の良さを1から語る必要はない。

王道。和の王道。

そこに白玉とか王道まっしぐら。

おかわりで抹茶ホイップとあずきを食べても丁度良い白玉のモチモチ加減にお口もお腹も大満足。

f:id:mousouryoku:20180313162715j:plain

  • 抹茶わらびと抹茶ホイップ

筆者イチオシの食べ方がこちら。この組み合わせが一番美味しい。

f:id:mousouryoku:20180313155332j:plain

抹茶&抹茶でお口の中は抹茶だけで満たされる。

同じ抹茶なのに舌ざわりが違うだけで別の食べ物になる。

全力の抹茶感を全力で受け止めて食べると全力で美味しい。

  • ぜんざい多目

ぜんざい好きにはたまらない。

f:id:mousouryoku:20180313160224j:plain

温かい緑茶もしくはほうじ茶辺りを確実に用意しておきたい。

濃厚なぜんざいを楽しんだ後に飲むお茶は限りなく美味しい。

『お茶ってこんなに美味しいのか!?』と思うはず。

本当はぜんざいが美味しいからこそお茶が美味しく感じるのは内緒だ。

さぁ一通りの食レポはした。後は文字通り好きに食べるのが一番。

あなたの好きな食べ方で好きに食べるのが「一番」美味しい。

298円で全力な和のスイーツ。

セブンイレブンの「抹茶わらび&白玉くりぃむぜんざい」を全力で楽しんでみてはいかが?

最後に

 

298円は高いです。

高いですけど「ちょっと良い和菓子」を買ったと思えば安く感じます。

事実298円の価値は余裕であります。

味わってる最中に丁度帰宅した小学3年生の息子に見つかり一口あげた所全部奪われたのがその証拠。

『全部食べる!ねえちゃんに怒られても良い!』と言わしめたセブンの「くりぃむぜんざい」は子供も大人も満足する美味しさ。

温かいお茶と一緒に楽しむと「もっと」美味しいですよ。

それでは

ん~!良い人生を!