妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

セブンの「いちごもこ」が美味し過ぎる。本当に美味しいモノを食べた時、人は無言で食べ進める。



スポンサーリンク



シュークリームの香ばしい香りは「いつも」幸せな気分にさせてくれる。

2018年4月3日。

セブンイレブンより「いちごもこ」が発売。

「さくらもこ」「まっちゃもこ」と感動を立て続けに与えてくれた「もこ」シリーズの新作である。

「もこ」シリーズを美味しくクリームをこぼさずに食べるコツはこちらに書いてあるので参考の1つにでもなれば。

www.mousouryoku.com

セブンの「いちごもこ」が美味し過ぎる

 

f:id:mousouryoku:20180403160506j:plain

もう知っている。中には美しいフォルムのシュークリームが居ることを。

覗いてみよう。

f:id:mousouryoku:20180403163932j:plain

居るね。今回も美しいフォルムの「もこ」が。

全体のお姿を見て見よう。

f:id:mousouryoku:20180403164151j:plain

いちごの名に相応しい可憐な色。春しか感じない。 

因みにセブンイレブンの「もこ」シリーズを上手に食べるコツはクリームを人に気付かれないように吸いながら食べるとこぼさずに食べれる。

吸えるほどクリームは非常に柔らかい。

 上手に食べるコツを知っておきながら中身をお見せする為に割らないといけないのは「伝える人」の義務。

パカっと!

f:id:mousouryoku:20180403164414j:plain

果肉入り苺ホイップがぎっしりと入ってついつい笑顔がこぼれる。

ミルクムースの存在もちゃんと確認。

パッケージよりたっぷりに感じるのはクリーム達が柔らかすぎるから。

f:id:mousouryoku:20180403171830j:plain

相も変わらずたっぷりで柔らかすぎるクリームに苦戦しながら。

やっぱり割って食べるモノじゃないなと後悔しながら。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20180403171946j:plain

割って食べると一番初めに飛び込んでくるのは「果肉入り苺ホイップ」

時折「塊」で飛び込んでくる果肉が笑顔を加速させる。

甘酸っぱい苺感たっぷりで「これぞ苺!」を楽しんでいると現れるミルクムース。

ミルクムースで「いちごもこ」は完成した美味しさになる。

甘酸っぱさで一杯になったお口の中を「優しい」甘さで抑えてくれるミルクムースが良い仕事をする。

もしミルクムースが無ければ甘酸っぱさを強く感じたままシュー生地にバトンタッチしていたことだろう。

甘さを抑え、お口の中に残るモチモチのシュー生地にバトンタッチをする事で「次の一口」の甘酸っぱい苺を「また」全力で楽しめる。

そんな事を考えながら気が付けば無言のまま食べ終わってしまった。

『人は本当に美味しいモノを食べた時に無言になる』は真実である。と報告しておきます。

最後に

 

食レポの協力をして貰おうと思った妻と息子に分ける事なく完食してしまいました。

『いかん。美味し「過ぎ」て全部食べてしまった。』の報告に妻と息子が放った一言は『今日3回目のセブンイレブンへGO!』である。

無言で気が付けばペロリと食べてしまう甘酸っぱいけどミルクムースのお蔭で何個でも食べれそうなセブンイレブンの「いちごもこ」はいかがだろうか?

今なら「濃いまっちゃもこ」と同時に買えるお店もある。

あなたもセブンの「もこ」を楽しんでみませんか?

それでは

ん~!良い人生を!