妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

セブンの「とろける濃厚ティラミス」が美味しい。とろけるクリームととろけるムースにメロメロである。



スポンサーリンク



ティラミスと筆者の歴史は長く、20年以上の付き合いだ。

大人になればなるほど分かるティラミスの美味しさは永遠に右肩上がり。

時折、変化球としていつもと違うティラミスを食べると文字通り「一生楽しめるスイーツ」の1つだと思う。

そう。本日はティラミスの話。セブンイレブンのティラミスの話。

美味しく頂いたので全力でレビューしていきたい。

セブンの「とろける濃厚ティラミス」が美味しい

 

2018年5月1日に新発売。

セブンイレブンに「とろける濃厚ティラミス」の登場。

f:id:mousouryoku:20180501172433j:plain

税込270円と少しお高めだけどその価値はある。言い切る。美味しかった。

開封の舞という名の小躍りを済ませて。

開封!

f:id:mousouryoku:20180501172711j:plain

ティラミスの香りはいつ嗅いでも飽きる事は無い。

ただし3日連続だとさすがに無理が生じるけど。

www.mousouryoku.com

でも今回は丁度良いサイズ。余裕で食べきれる。

美しく食べるためには適度な量というのは大事なのだ。

よし!食べよう!

いただきます!

f:id:mousouryoku:20180501173948j:plain

f:id:mousouryoku:20180501174032j:plain

『んっ!とろけた!』

 濃厚にティラミスを主張しておきながら口に入れてものの数秒でとろけるように「消えて」いくティラミスクリーム。

後に残るのは心地よい甘さとココアの風味。

『美味しい!』

この先に期待「しか」できないじゃないか。

すくった先に見えたスポンジケーキをワクワクしながら取る。

f:id:mousouryoku:20180501175708j:plain

王道を感じさせるティラミス。

「とろけるティラミスクリーム」と「とろけるティラミスムース」のとろける祭りと相まって王道の味ながらとろける食感はヤミツキにしかならない。

『また配分に悩む美味しいスイーツだ・・・』

www.mousouryoku.com

悩みながら食べ進めると目に入ってきたスポンジケーキから溢れ出るコーヒーシロップ。

f:id:mousouryoku:20180501175219j:plain

食べる。

f:id:mousouryoku:20180501175428j:plain

筆者の食べる配分に関する悩みは深まるだけの結果になった。

苦めのコーヒーシロップがけスポンジととろけるティラミスムースが絶頂するレベルで美味しい。

『甘過ぎない大人のティラミス!』

『そもそもティラミスが大人向けのスイーツじゃないの?』というツッコミは受け付けない。

甘さと苦みを同時に味わって「旨さ」が分かるのは大人になればなるほど「より」はっきりとしてくると筆者は信じているのだ。

「とろける「濃厚」ティラミス」。シンプルながら説得力しかない商品名に脱帽である。

よし!後はセブンイレブンの「配分に悩むスイーツ」の美味しい組み合わせを探すだけ!

と言っても答えはおおよそ分かっている。

全部同時にいただきます!

f:id:mousouryoku:20180501180904j:plain

『はぁぁぁぁっ!至福!』

ダブルで「とろける」クリームとムースの大人の甘さにスポンジに染み込んだコーヒーシロップの「ジュワッ」と溢れるほろ苦さが大人感を加速させる。

そこに。

普通のスポンジケーキを「ひょいっ」と入れるだけで全てがまとまる。

極上のティラミスがお口の中で完成。

更に。

この「とろける濃厚ティラミス」は全部同時に食べた後に後味を自分で「探す」のもまた面白い。

コーヒー感を探し求めれば強く現れてくれるし、

マスカルポーネのチーズ感を探し求めれば『居るよ~!』と顔を出してくれるのだ。

食べた後までティラミスしてくれる幸せを心の底から満喫してみてはいかがだろうか?

セブンイレブンの「とろける濃厚ティラミス」が美味しいぞ!

最後に

 

ゴールデンウィーク真っ只中な方も多いと思います。

それでも律儀に「火曜日」に新商品を発売するセブンイレブンが好きです。

ゴールデンウィークの本番はこれから。

連休中にセブンイレブンの新作スイーツはいかがでしょうか?

それでは

ん~!良い人生を!