妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

セブンの「もちとろ」いちご杏仁が美味しい。もちもち「なのに」とろける食感はクセにしかならない!



スポンサーリンク



もちとろ「シリーズ」の最新作が登場!

2018年6月26日。

セブンイレブン「もちとろ」いちご杏仁が新発売!

食べる度に感動をくれるもちとろ「シリーズ」が好きだ!

さぁ今回の「いちご杏仁」はどんな感動をくれたのか?

全力で頂いた全力のレビューをしていこう。

セブンの「もちとろ」いちご杏仁が美味しい

 

f:id:mousouryoku:20180626115736j:plain

お値段は税込108円。

たったの100円とちょっとでお口の中が幸せに包まれるなら安過ぎる。

丸く白く美しい見た目の中に「もち・ふわ・とろ」の3拍子が詰まっているのだ。

小銭で買える白い宝石である。

さぁ開けよう。開封の舞はいつにも増して軽やかだ。

開封!

f:id:mousouryoku:20180626120117j:plain

『美しい・・・!』

触り心地はまるでハムスターを思わせる。

フワフワと優しい気持ちにしかならない。

f:id:mousouryoku:20180626120312j:plain

いつまでも「フニフニ」と楽しんでいたいけど食べなきゃ。

もちとろ「シリーズ」の正しい食べ方なんて存在しない。

好きに食べれば良い。

指を美しく汚しながら食べても良い。

フォークで切ってもちとろの「おもち」にホイップを乗せて食べるのだってアリだ。

どうやって食べても「いちご杏仁」はぎっしり入っていて全力で楽しめる。

f:id:mousouryoku:20180626120619j:plain

 

 

さぁ!「もちふわとろ」を楽しもう!

いただきます!

f:id:mousouryoku:20180626121306j:plain

『全力でもちとろです!ありがとうございます!』

もちもちしていたはず「なのに」溶けるように「とろとろ」になっていくおもち。

それ以上に「儚く」優しく主張した後に溶けて消えていく杏仁ホイップ。

杏仁の高い香りを残して。

『優しい・・・!』

時間にして数秒。優しい甘さを、優しい香りを、優しい口溶けを楽しめる時間は数秒。

溢れ出てくる苺ソース。 

苺ソースの存在感がヤバイ。

一気に主役の座を奪い、果肉感を「これでもか!」と放ち、輝いて「消える」。

杏仁の優しい甘さに包まれながら。

『また優しい・・・!』

その杏仁さえも最上級の「優しい」甘さのもちとろが「とろっとろ」になって包み込み

、惜しんでる暇さえ与えずに「儚く」消えていく。

残るのは満足感のみ。

驚く事に、お口に入れてから数十秒間での出来事。

「もちもち・ふわふわ・とろとろ」の3工程が全速力で駆け抜けた時に漏れる言葉は1つだけ。

『美味し過ぎる!』

f:id:mousouryoku:20180626123437j:plain

「もちとろ」の優しい甘さを「杏仁ホイップ」が引き上げて「苺ソース」が華やかに色づける。

そんな杏仁の香りも苺ソースの存在感も全ては「もちとろ」のおもちの為。

「もち」で始まり「とろ」で終わるおもちを活かすためのアクセントに過ぎない。

そう考えて食べると「もちとろ」シリーズの楽しみ方は広がるかもしれない。

多分。

あなたも「もちとろ」を全力で楽しめるセブンイレブンの「もちとろ」いちご杏仁はいかがでしょうか?

食感の全てを楽しんで!

最後に

 

前作の「もちとろ」プリンから1ヵ月半。

待望のもちとろの新作は素直に美味しかった。美味し過ぎました。

いちご杏仁を楽しみながら「もちとろ」な食感を楽しめる素敵なスイーツ。

あなたのお口も幸せに包まれますように。

それでは

ん~!良い人生を!