妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

セブンの「ティラミス氷」が美味しい。セブンプレミアムのアイスは食べた事が無いなら「買い」一択である。



スポンサーリンク



セブンプレミアムのアイスである!

2015年に発売されて以来、改良と売り切れを繰り返し、今年も「また」出会える事が出来た。

2018年7月初めに多数のセブンイレブンで再販売を確認。

セブンプレミアム「ティラミス氷」

セブンプレミアムのアイスは1度見逃すと「次」は「いつ」出会えるか保証は、無い。

もし。あなたがアイス好きなら。

セブンイレブンのセブンプレミアムのアイスは食べた事が無いなら「買い」一択である。

そんなあなたの為に、まるで初めて食べたかのように全力でレビューをしておく。

いざ。張り切って。

セブンの「ティラミス氷」が美味しい

 

f:id:mousouryoku:20180705122712j:plain

お値段は税込149円。

セブンイレブンの「スイーツなかき氷」のパイオニア(先駆者)として元祖とも呼べるべきアイスである。

出る度に美味しさは改良され続けているので毎年の楽しみにしている方も多いはずだ。

それでは早速、開封の舞に感謝を込めて。

開封!

f:id:mousouryoku:20180705122640j:plain

透明なフタを外してもう1度めくる必要がある。

開封!2回目!

f:id:mousouryoku:20180705123449j:plain

『まるでスイーツ!かき氷なのに!』

まず、お鼻をいっぱい使ってココアの香りに癒されよう。

ほんの少しだけ待ってから食べると食べやすくなる。

それでは。

スプーン入刀!

f:id:mousouryoku:20180705123735j:plain

まるで「ケーキ」のティラミスを思わせるスプーンへ伝わってくる感覚は1度体験すべきだ。

さぁ!食べよう!超絶美味しいよ!

いただきます!

f:id:mousouryoku:20180705123847j:plain

『完全にティラミスです!ありがとうございます!』

ココアの風味豊かに、優しく甘く広がる感覚はティラミス「そのもの」。

優しく噛んで、きめ細かいシャリシャリの氷のツブ感を味わってこれが「かき氷」だと思い出す。

でも。

ミルキーなマスカルポーネの「かき氷」は口溶け良く、歯なんて使う必要もなくて、まるでティラミスが冷たく溶けて広がる「スイーツなかき氷」を味わえる。

喉の奥に「残る」マスカルポーネの風味がティラミスを食べた感を加速させる。

笑えるほどティラミスで、笑えるほどスイーツ「なのに」かき氷。

1口目からすでに感動だらけだ。

まだだ。

それでも「まだ」このティラミス氷は本気を出していない。

コーヒーソースを「同時」に味わった時が美味しさの最高潮となる。

f:id:mousouryoku:20180705130020j:plain

このコーヒーソースと重ねた時の美味しさを味わった時が最高潮に美味しい瞬間。

それではお届けしよう。

いただきます!2回目!

f:id:mousouryoku:20180705130154j:plain

『美味し「過ぎ」る!』

深く濃いコーヒーソースは優しく甘いティラミス感を「一気」に濃厚なティラミス感へと変化させる

優しい甘さだったティラミス感を一瞬にして「大人のスイーツ」へと進化させてくれるのだ。

広がるコーヒーソースでお口の中は支配され、ほろ苦みを「強く」演出する。

徐々に「ほろ苦み」が消えてココアの風味とマスカルポーネの甘みが「戻って」きて「濃い」ティラミス感を味わった時、あなたは幸せの絶頂に辿り着く。

食べた後も「残る」コーヒー感が上質なティラミスを食べた感を演出してくれるのも最高だ。

驚くことにスイーツ「なのに」かき氷。かき氷「なのに」スイーツ。

更に嬉しい事にコーヒーソースは「要所」「要所」にたっぷりと入っている。

全力で楽しんで欲しい。

f:id:mousouryoku:20180705132058j:plain

ティラミスの再現度は高い。

高いけど完全に別物なセブンプレミアム「ティラミス氷」はいかがでしょうか?

間違い無くおすすめのアイス。

最後に

 

基本的に1年間の間隔で「再販売」されます。

いつも行くセブンイレブンの店舗で1度見逃すと「次」に食べれるのは1年後になったりする事もあります。

運良く時期がずれて「再入荷」があっても売り切れてしまったら手に入りません。

そもそも「再販売」さえ無い「かも」しれない。

もし。あなたがアイス好きなら。

セブンイレブンで食べた事の無いセブンプレミアムのアイスに出会えたなら。

買い以外の選択肢は無いと思う。

それでは

ん~!良い人生を!