妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

スーパーカップ「スイーツ」苺ショートケーキのレビュー。まるでケーキなのにアイスなスイーツが美味しい!



スポンサーリンク



定番に「なった」アイスは美味しいに決まっている。

発売以来、多くのお店に置かれ「続けて」いるアイスは売れるからで。

美味しいからこそ売れる訳で。

そんな美味しいアイスをどんどん紹介したい。

明治エッセルスーパーカップ「Sweet’s」苺ショートケーキ

まるで初めて食べるかのように全力でレビューしておいた。

改めて「美味しさ」の確認をしていこう。

スーパーカップ「スイーツ」苺ショートケーキのレビュー

 

f:id:mousouryoku:20180727124926j:plain

お値段は定価で税込238円。

スーパーでも多く見かけるので狙うならアイスの特売日が良い。

今回もスーパーの特売日にまとめ買いをしておいた。

何度食べても美味しいアイスは飽きる事なんて無くて。

開封の舞も全力で済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20180727125510j:plain

アイスと素材が重なり合ったケーキの「ような」アイスです

この言葉の意味は食べて初めて分かる。

さぁ出会おう。

開封!2回目!

f:id:mousouryoku:20180727125735j:plain

『全力で苺感!』

食べたい欲求が止まらない。

まずは苺ソースから全力で食べる!

いただきます!

f:id:mousouryoku:20180727130001j:plain

『ん~!甘酸っぱい!』

幸せのしかめっ面である。

甘過ぎず、スッパ過ぎず「濃厚」にいちごを主張する。

主張するくせに「サッパリ」と消えていく「苺ソース」が美味し過ぎるアイスの予感を伝えてくる。

いこう。先はまだ長い。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20180727130448j:plain

『苺ソースたっぷり!最高!』

カップによっては分厚いにもほどがあるいちごソースはどれだけ食べても飽きることなんて、無い。

舌の上で溶かして「広がり」を楽しんで最後に果肉を「プニッ」と噛めば幸せは倍増。

苺感だけでメロメロである。

どんどん行こう!次!

苺ソースとホイップクリーム風アイスの共演!

いただきます!

f:id:mousouryoku:20180727131324j:plain

『合わない訳が無いじゃないか!』

『ちょっと一口。一口だけ・・・』なんて言いながらつまみ食いした時の。

ホイップクリームが絡んだいちごを食べる幸せは何歳になっても嬉しいに決まっている。

ホイップクリーム「らしい」優しいミルキーな甘さに甘酸っぱい苺のソースが合わない理由は、無い。

これで。これでまだ序盤という事実に驚きを隠せない。

次はカスタード風味のアイスを食べてみよう。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20180727131822j:plain

『濃厚・・・!』

濃く、強く主張するカスタードの「香り」が鼻を抜けていく幸せ・・・

クッキーと食べる事によって「まるで」スポンジケーキを食べているような。

そんな幸せ。

クッキーのケーキ「らしい」濃厚なバター感が全ての味と重なる事を想像したらワクワクしかしない。

さぁ!いよいよ本番!

全部。全部重ねて食べよう!

アイス「なのに」スイーツな美味しさを全力で味わおう!

いただきます!

f:id:mousouryoku:20180727132119j:plain

『完全に苺のショートケーキです!ありがとうございます!』

お口の中の出来事を書くので想像しながら読んで欲しい。

  • 口に入れた瞬間に口溶け良く、優しく甘く「広がる」ホイップクリーム
  • いちごソースと絡み合いながらケーキ「らしい」ホイップクリームを楽しむ
  • ホイップクリームが消えるかどうか。そんなタイミングでカスタード風味のアイスは主張を始める。
  • 溶ける度に、一気にケーキ感を加速させてアイスからケーキへと「グッ」と近づける。

この間わずか数秒。

  • 目を閉じながら「まるで」ケーキを味わった後。
  • クッキーを噛んだ時、全ての味が1つの方向へと向かう。

「まるで」ケーキだったアイスはお口の中で「完全に」ケーキへと進化する。

f:id:mousouryoku:20180727132742j:plain

ホイップクリーム風アイスとカスタード風アイスの間に挟まれたクッキーは「ケーキ感」を加速させる重要な役目。

主張はしない。

主張はしないけどケーキ感を徹底的に盛り上げる「絶対に」必要な要素。

クッキーのお蔭でお口の中で「苺のショートケーキ」が完成し、信じられない速度で溶けていく。

濃厚に「残る」クッキーとサッパリと「残る」苺の甘酸っぱさの「重なり」の余韻は完全に苺のショートケーキだ。

アイス「なのに」ケーキ。ケーキ「なのに」アイス。

いや。この不思議な感覚の答えは、アイスでもケーキでもない。

『1つの完成されたスイーツだ!』

あなたもアイス「なのに」ケーキを全力で楽しめるスイーツはいかがでしょうか?

明治エッセルスーパーカップ「Sweet’s」苺ショートケーキはやっぱり美味しい!

最後に

 

改めて「味わって」レビューしてみました。

食べれば食べる程、「再現度」の高さに驚くばかり。

アイスの口溶けを。

ケーキの美味しさを。

商品名通りの「スイーツ感」を全力で楽しもう!

スーパーカップ「スイーツ」苺ショートケーキで!

それでは

ん~!良い人生を!