妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

セブン「先行販売」「宝石サワーズグミ」ジュエルソーダ味とジュエルピーチ味のレビュー。



スポンサーリンク



 楽しい食感が好きだ!

グミなんて食感の塊で筆者にとっては宝石でしかない。

2018年8月1日。

そう。まるで宝石のようなグミが発売された。

セブン&アイ(セブンアンドアイ)先行販売。

宝石「サワーズグミ」ジュエルソーダ味とジュエルピーチ味が新発売。 

f:id:mousouryoku:20180803150001j:plain

宝石「サワーズグミ」ジュエルソーダ味のレビュー

 

f:id:mousouryoku:20180803150055j:plain

お値段は税込108円。

内容量は45グラム。カロリーは1袋全部で158kcal。

約12粒入り。

f:id:mousouryoku:20180803150150j:plain

『まるで宝石!』

ソーダの「香り」香る美しいグミだ。

早速食べてみよう。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20180803150345j:plain

『想像以上にハード!そして面白い!』

シャリシャリとした宝石たちは最初から全力でアピールしてくる。

少し甘めで、口に入った瞬間はザラザラとしていて「ザラメ感」を全力で楽しめる。

少し楽しんだら噛んでみよう。

文字通り「シャリッ」と弾けてソーダの炭酸感を演出する。

噛む度に「シャリッシャリッ」とハードなグミに「馴染んで」いく過程が最高に面白くて。

噛み応え抜群のハードなグミは噛む度に柔らかくなってソーダ感をお口の中に広げていく。

そこに。

散らばったシャリシャリの宝石たちは本物のソーダのような爽快感を広げる。

f:id:mousouryoku:20180803140143j:plain

噛んで、噛んで、噛みまくって「食べ頃」になったグミが「強く」ソーダ感を演出してまるで「ソーダの果汁」を味わっているような感覚は楽し過ぎて。

爽やかにソーダ「からの」濃く強いソーダを1粒で味わえる!

おっと。「サワーズグミ」の特徴である酸っぱいパウダーは今回の宝石「サワーズグミ」ジュエルソーダ味には、無い。

その代わりに「宝石」のようにキラキラしたコーティングの「ザラメ」たちが爽快感をくれる「いつもの」サワーズグミとは少し違った「演出」が面白いぞ!

さぁ!次にいこう!

宝石「サワーズグミ」ジュエルピーチ味のレビュー

 

f:id:mousouryoku:20180803150708j:plain

お値段は税込108円。

内容量は45グラム。カロリーは1袋で158kcal。

約12粒入り。

f:id:mousouryoku:20180803150605j:plain

爽やかに「香る」ピーチ。

こちらも期待しかできない。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20180803150844j:plain

『こちらもハード!でも面白い!』

食感の違いは当たり前に無くて。

※ここからほぼ2回目※

シャリシャリとした宝石たちは最初から全力でアピールしてくる。

少し甘めで口に入った瞬間はザラザラとしていて「ザラメ感」を全力で楽しめる。

少し楽しんだら噛んでみよう。

文字通り「シャリッ」と弾けて爽やかさを主張する。

噛む度に「シャリッシャリッ」とハードなグミに「馴染んで」いく過程が最高に面白くて。

※ここまでほぼ2回目※

噛む度に柔らかくなっていくグミといつまでもシャリシャリの宝石たちの共演は『面白い!』の一言で。

噛む度に桃らしい桃の甘酸っぱい果汁があふれてお口の中はどこまでも桃で満たされる。

f:id:mousouryoku:20180803143655j:plain

最後は「濃厚」に桃を主張して消えるグミが素直に美味しい。

こちらもサワーズグミの特徴の酸っぱいパウダーは無くて。

代わりの宝石たちが爽やかさを盛り上げてくれる。

素直に美味しい。美味しいのだけど。

ここまで桃感が強く美味しいグミなら「いつもの」酸っぱいパウダーの方が合うと思ってしまった。

宝石のようなキラキラコーティングの「ザラメ」との食感の共演は楽しいけど酸っぱさから始まった方が濃厚な桃の果汁の甘みが「活きる」と思ってしまったのは内緒だ。

最後に

 

どちらか1つをおすすめするならば。

筆者は宝石「サワーズグミ」ジュエルソーダ味をおすすめしたい。

まるで「ソーダの果汁」のようにあふれてくる「旨み」は全力で味わって欲しい。

宝石「サワーズグミ」ジュエルソーダ味とジュエルピーチ味はセブン&アイ(セブンアンドアイ)先行販売。

まずはお近くのセブンイレブンで探して楽しんで欲しい。

それでは

ん~!良い人生を!