妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

ロッテ「雪見だいふく」クッキー&クリームが安定して美味しい。寒い季節限定の雪見だいふくはいかが?



スポンサーリンク



寒い季節「限定」だった雪見だいふくは年中販売されるようになった。

では。寒い季節「ならではの」雪見だいふくはもう、無いのか?

答えは。

『有る。』

寒い季節になると発売される寒い季節「ならではの」雪見だいふくが。

ロッテ「雪見だいふく」クッキー&クリームが!

2018年9月17日に今年も新発売。

もう定番と呼んで良い、発売から5年以上経つアイスが今年も発売された。

何度食べても飽きることの無い「極上の」食感を今年も味わった。

お返しのレビューを全力でしていこう。

初めて食べるあなたにも。リピートを繰り返しているあなたにも。

その美味しさが伝わりますように。

ロッテ「雪見だいふく」クッキー&クリームが安定して美味しい

 

f:id:mousouryoku:20180918031311j:plain

お値段は定価で税抜き価格130円。

税込価格で140円。

スーパーでも多く見かける事が出来るのでお安く買おう。

内容量は47ml×2個で合計84ml。

カロリーは85kcal×2個で合計170kcal。

分類はアイスミルク。

成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20180918031455j:plain

 

さて、ご存じの通り「雪見だいふく」は2個入り。

大事な人とシェアするか、1個食べてもう1個は後日食べるか、贅沢にいっぺんに2個食べてしまうか、楽しみ方は人それぞれだろう。

知っておいて欲しいのはそんな風に「悩める」アイスの多くは美味しいのだ。

パピコ然り、ピノ然り、ポッキンアイス然り。

そんな「分けて」食べれるアイスの代表格の雪見だいふくが美味しくない訳が、無い。

季節「限定」の雪見だいふくクッキー&クリームが美味しくない訳が!無い!

早速、そのお姿を見にいこう。

開封の舞も2個分の、いつもの倍の「気持ち」で済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20180918031549j:plain

『まずは1個!』

やはり1人の時は片側開けが常識。

1個食べ終えて「もう1個」食べるか、「別の日」のお楽しみにするかを食べながら「選べる」スタイルこそ最強である。

何回使ったか分からない専用のフォークを「深く」挿して食べる準備は完了。

さぁ。食べよう。

冬がよく似合う雪見だいふくを!雪見だいふく「クッキー&クリーム」を!

全力で!

いただきます!

f:id:mousouryoku:20180918031652j:plain

『もちもち「からの」とろとろ!』

キンキンに冷やされているはず「なのに」雪見だいふくのおもちはいつでも、もちもちでとろとろになって消えていく。

  • いつもの雪見だいふく「らしい」なめらかでミルキーなアイスは当たり前に美味しくて。
  • ほろ苦いクッキーが「優しく」アイスの美味しさを跳ね上げて。
  • 風味豊かに雪見だいふく「全体の」美味しさを加速させて。

滑らかに、雪のように溶けるアイスは美味しいに決まっている。

f:id:mousouryoku:20180918031841j:plain

悲しい事に『クッキー感が足りない!』という方も多い。

違うんだ。

これは雪見だいふくなんだ。

クッキーのザクザク感は必要ないんだ。

まるで雪のようにおもちが、アイスが「溶ける」食感に強過ぎるザクザク感は邪魔にすらなるんだ。

このくらいで。

このくらいが丁度良いんだ。

優しくて甘いおもちと、優しくてミルキーなアイスに「ほのかに」ほろ苦みと「ほのかな」香ばしさが雪見だいふく「らしさ」を損なうことなく、美味しさを跳ね上げているんだ。

雪のような口溶けを「邪魔しない」けど存在感のあるクッキー。

そうやって頭の中を「切り替えて」もう1度食べてみて欲しい。

それでは。

もう1度!いただきます!

f:id:mousouryoku:20180918032056j:plain

『ね?』

クッキーは主張はしないけど確実に「居る」のがお分かり頂けたと思う。

  • ほのかに「ほろ苦み」を広げて
  • ほのかな「香ばしさ」を残して

雪のように溶けて消えていくおもちとアイスと「同じように」消えていくのが。

この「優しい」クッキー感だからこそ、雪見だいふくな訳で。

もし『クッキーを増量してザクザク感をアップしました!』となったらファンを止めるかもしれない。

食べるけど。

食べるけどこの雪見だいふく「らしい」食感が消えるのならせめて1年前には告知して欲しい。

満足するまで「今の」この食感を楽しみたいから。

この記事を読んだあなたが、どうかロッテ「雪見だいふく」クッキー&クリームを心の底から楽しめるように願って。

最後に

 

人は、頭の中で想像していた味とかけ離れていると不満が出るもので。

思い込みで「本当は」美味しいものでも物足りなさを感じてしまう。

そんな「良い例」のアイスだと思います。

昔食べて『クッキー感が足りない!』と食べなくなってしまったあなたにこそ食べて欲しい。

その「優しい」クッキー感が「実は」美味しいのだから。

それでは

ん~!良い人生を!