妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

グリコ「アイスの実」白いカフェオレが美味しい。濃いみかん「も」濃いぶどうも美味しい。今、目の前にあるアイスの実を楽しむべき理由。



スポンサーリンク



 

f:id:mousouryoku:20180923125204j:plain

今、あなたの目の前にある「アイスの実」。

その「アイスの実」が今、一番美味しい。

期間限定であったり、レギュラー商品だと思っていても「実は」果汁の配分が違っていたりします。

季節によって。

だから。

今、あなたの目の前「だけに」あるアイスの実を楽しむべきだ。

※最大の理由は「濃いぶどう」に書いてます。※

それがアイスの実との正しい付き合い方だと思う。

例えば『濃いメロンが食べたい!』と願っても期間限定のアイスの実は目の前には、無い。

それよりも「美味しい」アイスの実が目の前に、ある。

だからこそだ。

だから「今」目の前にあるアイスの実たちを美味しく食べた。

備忘録的に「今」食べたアイスの実たちのレビューをしておこう。

グリコ「アイスの実」白いカフェオレのとろけるミルクがミルキーで美味しい

 

f:id:mousouryoku:20180923125232j:plain

お値段は定価で税抜き価格130円。

定価で140円。

スーパーで買うと税込100円以下で買えて、12回も幸せでお口の中が包まれる高コスパなアイスの実。

内容量は84ml。(7ml×12コ)

カロリーは130kcal。(10.8kcal×12コ)

分類はアイスミルクとなっている。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20180923125309j:plain

期間限定で2018年9月3日に新発売。

ミルクとろけるまろやかなくちどけ

この言葉通りに「とろける」ミルクが美味しいアイスの実となっている。

ちらほらと「売り切れ」になっているお店を目撃しているので、その人気の高さが推測できる。

期間限定「以前に」売り切れてしまえば食べれなくなってしまうのは当たり前の話。

f:id:mousouryoku:20180923125340j:plain

だからこそ全力で食べよう!目の前にあるアイスの実「白いカフェオレ」を!

プチOPENでもワイドOPENでも、お好きな方で!

いただきます!

f:id:mousouryoku:20180923125404j:plain

『優しく、甘い!』

ところで、あなたはアイスの実を「全力で噛んで食べる派?」「お口の中で少し溶かしてから噛む派?」

食べ方によって「味の展開」が変わるのがアイスの実の楽しみの1つ。

折角なので両方の食べ方のレビューをしておこう。

全力で噛んで食べたレビュー

  • 噛んだ瞬間は優しい、どこまでも優しいカフェオレ。
  • 噛む度にカフェオレは「増して」いって。
  • 舌にまとわりつく「とろけるミルク」なカフェオレ感は濃厚で。
  • 強くカフェオレ感を味わったと思えばサッパリと消える。

食べ終わって「後引く」カフェオレの優しい甘さと風味がたまらなく美味しい。

コーティングの氷の粒たちが「歯の」食感のアクセントになってアイスの「実」「感」を加速させる。

『サッパリとした優しいカフェオレ!』

さぁお次。

少し溶かしてから噛む。そう頭に叩き込んで。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20180923125440j:plain

『ミルキーなカフェオレ!』

お口の中で少し溶かして食べると、味わいは変わって。

  • ミルキーな優しい甘さから広がって
  • 優しい甘さのコーヒーが足されていって
  • 風味はどんどん豊かになって
  • 濃厚ながら「優しい」カフェオレとなって

ミルキーな「白い」カフェオレがお口の中で完成する。

冷たく、ねっとりと「広がり続ける」カフェオレの中にある「とろけるミルク」が美味しくて。

溶かして、舌全体で味わうと「とろけるミルク」を「強く」楽しめる。

『どっちの食べ方でも美味しい!』

どちらの食べ方でも「結果的」には、

しっかりとした甘さの、コク深く、とろけるミルクの優しいカフェオレを楽しめる。

結果は同じでも「過程」の違いを楽しむ事で、ただでさえ食べやすいアイスの実を食べる手が止まることは、無い。

折角12コも入っているのだからあなたの好きな食べ方を探しながら食べると楽しいぞ!

グリコ「アイスの実」濃いみかんが甘酸っぱくて濃厚で美味しい

 

f:id:mousouryoku:20180923140743j:plain

お値段は定価で税抜き価格130円。

税込140円。

スーパーの特売日で買うと税込100以下という驚異的なコスパを誇る。

内容量は84ml。(7ml×12コ)

カロリーは112kcal。(9.3kcal×12コ)

分類は氷菓となっている。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20180923140807j:plain

期間限定で2018年9月3日に新発売。

多くのスーパーやコンビニで見かける事ができた。

温州みかん果汁「80%」

とろけるジェラート製法 

f:id:mousouryoku:20180923140833j:plain

アイスの実シリーズで「果汁80%」でハズレなんか食べた事が、無い。

アイスの実みかんは繰り返しリピートしているけど意外にも、アイスの実「濃い」みかんは初めて食べる。

期待をしない方がおかしい。

早速、食べよう。

全力で!

いただきます!

f:id:mousouryoku:20180923141137j:plain

『甘酸っぱく、濃厚にみかん!』

なにこの再現度。

美味しいってレベルじゃない。美味し過ぎる。

お口に入れた瞬間から甘酸っぱくて。

  • 表面のコーティングはまるでみかんの薄皮で
  • 甘酸っぱく溶けて、中のジェラートはとろける柔らかさで
  • 濃厚に「みかんの甘さ」を主張する

溶ける度に瑞々しく、果汁の甘酸っぱい甘みが舌いっぱいに広がって。

ねっとりと喉を通って、喉の奥を「キュンッ」とさせる柑橘の、みかんの再現度が恐ろしいほどに、高い。

『みかん以上に美味しい!』

f:id:mousouryoku:20180923141209j:plain

美味しい食べ方は一択。

  • 舌で溶かしながら食べる。

これ以外はおすすめしない。

  • 薄皮のようなコーティングの「甘酸っぱさ」を
  • 割れて「溶けるように」あふれてくる、みかんのジェラートを
  • 舌の上に「濃厚に」広がるみかんの甘さを
  • 溶けて果汁になったアイスの実を「ゴクゴク」と飲む喉越しを
  • 喉の奥に「残る」みかんそのものの美味しさを

全力で噛んで食べてしまってはもったいない。

ゆっくりと、あなたが思う以上にゆっくりと舌で、お口全体で味わうと最高に美味しい。

もし。あなたの目の前にグリコ「アイスの実」濃いみかんがあるのなら。

間違い無く「確保」すべきアイスの実である。

グリコ「アイスの実」濃いぶどう「果汁80%」が濃密過ぎてツライ

 

f:id:mousouryoku:20180923142739j:plain

お値段は定価で税抜き価格130円。

税込140円。

まるで凍らせて、口溶けの良いぶどうの実がスーパーで税込100円以下で買えると思うと安過ぎるお値段である。

内容量は84ml。(7ml×12コ)

カロリーは110kcal。(9.1kcal×12コ)

分類は氷菓となっている。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20180923142955j:plain

濃密な味わい

この「濃密」という言葉ほどスイーツ好きを虜にする言葉は中々、無い。

f:id:mousouryoku:20180923142709j:plain

アイスの実の「定番」と言えば『ぶどう!』と答える方も多いかもしれない。

だけど、実は想像以上に「ぶどう」のラインナップは多い。

同じ「ぶどう」でも「濃い」がついていたり、ついていなかったり。

「濃い」ぶどうでも果汁55%や果汁80%のものがあったりと、定番「なのに」その種類は実に、多い。

今回、目の前にあったアイスの実も2018年9月3日に新発売。

果汁80%

とろけるジェラート製法

f:id:mousouryoku:20180923143714j:plain

秋冬に向けて「濃密」な調整となっている。

季節を意識して「その時期に食べると」美味しいアイスの実をグリコは「考えて」提供してくれているのだ。

だからこそ。

『今、あなたの目の前「だけに」あるアイスの実を楽しむべきだ。』と提唱したい。

早速、食べよう。

今、目の前にあるアイスの実「濃い」ぶどうを。

全力で!

いただきます!

f:id:mousouryoku:20180923144549j:plain

『濃密にぶどう!』

  • 食べる前からぶどう香って
  • ぶどう香るコーティングが割れた瞬間に「強く」ぶどうで
  • とろけるジェラートが「一気に」ぶどう感を跳ね上げて

溶けて広がる度に「濃密に」ぶどうを強く主張して、強く残して消える。

『これぞアイスの実!』

f:id:mousouryoku:20180923145648j:plain

秋冬に「欲しくなる」濃いぶどうはどこまでも美味しくて。

  • 濃厚に「ぶどう」の甘さを
  • 濃厚な「ぶどう」の果汁感を
  • 濃厚に奥深く香る「ぶどう」を
  • 濃厚に喉の奥に残る「ぶどう」を

全ての濃厚さが溶けて重なり、濃密なぶどうがお口の中で完成する。

どこまでも濃密「なのに」1コ食べた後のすぐ後に、もう1コ欲しくなるのはアイスの実だからこそ。

『濃密が美味し過ぎてツライ・・・!』

こちらは「期間限定」ではなく「レギュラー商品」。

レギュラー商品「だけど」季節が移り替われば、同じぶどう「なのに」味わいはいずれ変わる。

これが今、あなたの目の前「だけに」あるアイスの実を楽しむべき、最大の理由。

その目の前にあるアイスの実「濃いぶどう」は今食べると、今、一番美味しい。

最後に(アイスの実をピリピリしないで食べる方法)

 

コーティングの舌に張り付くような冷たさを「苦手」と感じる人も居るので溶かして食べる際のコツを1つ。

始めに大きく、優しく噛んで(表面のコーティングだけを割る感覚)から溶かして食べるとアイスの実の「広がり」を舌で楽しめます。

舌が我慢の限界に来る前に噛んで食べましょう。

それでもピリピリを感じてしまう方は、食べるのを少し待って、少し柔らかくなってからお口に放り込むと舌に張り付きにくくなって食べやすくなります。

どうかあなたが「今」目の前にあるアイスの実を全力で楽しめますように。

それでは

ん~!良い人生を!