妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

森永製菓「白樺の」小枝アイスバーが美味し過ぎる!甘過ぎる?小枝のアイスだから甘いに決まっているじゃないか!



スポンサーリンク



「ふらっ」と寄ったコンビニで見かけないアイスを発見すると小躍りする。

食べても、食べても発売された全てのアイスを食べるなんて夢のまた夢で。

じゃあ「目の前に」ある、今まで食べた事がないアイスを美味しく食べて、お伝えするのが筆者の役目。

森永製菓「白樺の」小枝アイスバー

『あの「小枝」がアイスに!?』なんて思ったけど、「すでに」あった事を思い出して。

でも。「白樺の」白い小枝のアイスバーは初めて出会ったと思う。

当然のように美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

森永製菓「白樺の」小枝アイスバーが美味し過ぎる!

 

f:id:mousouryoku:20181104022611j:plain

お値段は定価で税抜き価格140円。

税込価格で151円。

2018年10月末。

セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートの「3大」コンビニで発見出来た。

スーパーでの販売は「人伝え」でしか確認出来なかった。

気になって調べるも、森永製菓のホームページに記載は無くて。

初めて発売されたのは2016年で。

明らかにパッケージは違うけど「リニューアル」したのかさえ分からなかった。

好奇心をくすぐって、くすぐって止まない「レア」なアイスとの出会いに期待値は右肩上がりだ。

おっと。レビューに戻ろう。

内容量は100ml。カロリーは253kcal。

分類はラクトアイス。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20181104022819j:plain

パッケージの表にはアピールする食材が書いてあって。

  • カシューナッツ
  • 練乳ソース
  • ビスケットクランチ

f:id:mousouryoku:20181104022858j:plain

パッケージの裏には構成が載っていて。

  • バニラアイス
  • 先端に練乳ソース
  • カシューナッツ、ビスケットクランチ入りホワイトチョココーティング

f:id:mousouryoku:20181104022929j:plain

一見シンプルに思える主張だけど「練乳」の文字から目が離せない現実。

『小枝の甘さに「練乳」の甘さを加える・・・?』

『甘くなり過ぎないのか?』

気になって仕方がないけど、食べてみないと分からない。

まずはお姿から見てみよう。

初めて食べるアイスの時の開封の舞はいつだって全力だ。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20181104023035j:plain

『小枝・・・?ウソだろ・・・?』

小枝「らしくない」太さに思わず声が漏れる。

かなりのインパクトを受けている最中でも、ホワイトチョコの香りが幸せな気分にしてくれる。

『ま、まぁ小枝アイスバーは食べたことあるし。』

『そ、そんなに驚いてはいないけど。』

「小枝の太さじゃない。絶対。」と思ったのは内緒だ。

それよりも。肝心なのは味。

ミルキーに「香る」ホワイトチョコにかぶりつこう。

白く美しい白樺の、小枝らしくない小枝アイスバーに。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20181104023239j:plain

『甘~い!』

  • 強く、甘くミルキー。
  • 強く、甘くチョコレート。
  • 真っすぐに「甘い」ホワイトチョコレート。

小枝らしく「カリカリ」のカシューナッツと「サクサク」のビスケットクランチが香ばしく、食感を盛り上げて「甘い」白樺の小枝がお口の中で冷たく完成する。

f:id:mousouryoku:20181104023455j:plain

甘いけど。

  • 口溶けの良いホワイトチョコレートで。
  • くどく無く。
  • 小枝らしく「しっかり」とした甘さは想定内で。

バニラアイスの「サッパリさ」が加わって「後を引き過ぎない」甘さに抑えてくれるのも嬉しい。

それよりも気になるのは練乳との絡み。

ただでさえ甘いのに「これ以上」甘くなる要素があるなんて。

食べなきゃ。

食べて伝えなきゃ。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20181104023641j:plain

『めっちゃ甘い!けど!めっちゃ美味しい!』

しっかり過ぎるほど甘く。

  • どこまでもミルキーで。
  • 練乳の甘みがホワイトチョコのミルキーな甘さを跳ね上げて。
  • 強い甘さの中に、小枝らしい「香ばしさ」もあって。
  • 喉の奥を「ギュッ」と締め付けるような甘さも、バニラアイスが「サッパリ」と流してくれて。

しっかりと甘いのに、甘さだけじゃない美味しさを鮮烈に残して、消える。

f:id:mousouryoku:20181104023730j:plain

『この甘さ!好きだ!』

  • 小枝らしく甘いのは当たり前で。
  • 甘いモノを食べたくて「選んで」買ったのだから、覚悟は出来ていて。

想像以上の甘さに、想像以上の美味しさに、想像以上の小枝らしさに目を真ん丸にする事しか出来そうに、無い。

更に。

「先端に練乳ソース」としか書いてないのに想像以上にたっぷりと入っていて。

アイス全体の半分近くまで「練乳ソース」を楽しめる。

f:id:mousouryoku:20181104023812j:plain

あれほど「強く」甘く、強烈なインパクトの「練乳ソース」が無くなったら物足りなさを感じるほどで。

練乳ソースの「余韻」に浸りながら、小枝らしさを楽しむのは少し物悲しい。

物悲しいけど。

それでもしっかりと甘く、香ばしくミルキーな「白樺の」小枝のアイスは最後まで美味しい。

いや。

『全部含めて美味し過ぎる!』

甘いモノ好きなあなたにこそ食べて欲しい。

この甘さ。

1度味わえばクセにしか、ならない。

森永製菓「白樺の」小枝アイスバーがクセになる美味しさ。

最後に

 

甘いです。

好き嫌いがハッキリするほどに甘いです。

でも。

その想像している甘さも「分かった上で」食べると、何故かサッパリとした甘さでペロリと食べれます。

だって「森永製菓の小枝」ですもの。

甘いに決まっている。

その甘さ、クセになっているでしょ?

そういう事。

それでは

ん~!良い人生を!