妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

日清焼そば「UFO」ミーゴレンが美味し過ぎる!ピリ辛な甘辛さがヤミツキになる美味しさ。



スポンサーリンク



『ミーゴレンって何だ!?』

ナシゴレンの仲間?とか思ってたらその通りで。

『エシャロットって何だ!?』

ニンジンの仲間?とか思ってたらネギの仲間で。

そんな知らないワード盛り沢山の「ユーフォー」の新作が登場。

2018年11月12日に新発売。

日清焼そば「U.F.O.」ミーゴレン

溢れ出る好奇心を仲間にして全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

日清焼そば「UFO」ミーゴレンが美味し過ぎる!

 

f:id:mousouryoku:20181112155515j:plain

お値段は定価で税抜き価格180円。

税込価格で194円。

スーパーで山積みされた「緑のユーフォー」に圧倒されながらも税込138円で買えた。

超ラッキー。

内容量は110g(めん85g)。

カロリーは485kcal。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20181112155650j:plain

フライドエシャロットの香ばしさとチリの辛みがクセになる!

そう言われても食べた事の無い食材や、知らない味の場合に想像するのは、クセの「ある」「なし」の方が気になる訳で。

いくら大好きなユーフォーでも、未知の味で「クセ」が強いと食べれない可能性すらある。

f:id:mousouryoku:20181112155541j:plain

果たして「インドネシア風甘辛焼そば」と謳うユーフォーのミーゴレンとは!?

早速、作っていこう。

何事も経験だ。

開封の舞も戸惑い気味ながら全力で済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20181112155713j:plain

『何か安心した。』

作り方はいつもと「同じ」で。

開けたばかりの見た目もいつもと「同じ」で。

f:id:mousouryoku:20181112155735j:plain

お湯を注いで3分待ってお湯を切った後も「同じ」。

f:id:mousouryoku:20181112155804j:plain

同じようにユーフォーらしい「あの」麺の香り。

ミーゴレン感はまだ、無い。

フタの上で温めた液体ソースをかけてみよう。

f:id:mousouryoku:20181112155838j:plain

『んっ!ミーゴレン感!』

ほのかにエスニックでスパイシーな香りが鼻を突き抜けて。

混ぜる度に食欲を刺激する香りへと変わる。

いつもの麺とは少し違うモチモチ感。

いつもより間違い無く「ウェービー」なウェーブ麺。

f:id:mousouryoku:20181112155859j:plain

『美味しそうじゃないか・・・!』

とは言え「初めての」「未知の味」に出会うのだ。

まずは、フライドエシャロットは「無し」で食べてみよう。f:id:mousouryoku:20181112155913j:plain

その方が「万が一」の時の被害が少ない。

エスニックな香りは刺激的で食欲をそそるが、肝心なのは味だ。

食べよう。

初めての味を。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20181112155932j:plain

『これがミーゴレンか!』

大きく息を吸い込めば「強く」香ばしく。

  • 口当たりは甘く。
  • 噛む度にピリ辛で。
  • 噛めば噛むほど辛さは増して。

甘さと辛さのバランスの取れたスパイシーでエスニックな初体験の味がお口全体に広がる。

『んっ!これ美味しい!』

想像以上。

一口食べただけでノリノリである。

ノリノリだけど慎重さは忘れない。

エシャロットを「少し」かけてみよう。

f:id:mousouryoku:20181112174447j:plain

特に変化は感じないが。

美味しい「予感」はひしひしと伝わってくる。

食べよう。

これでユーフォーのミーゴレンは「ほぼ」完成しているはずだ。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20181112160041j:plain

『んぁっ!めっちゃ美味しい!』

ミーゴレンのピリリと甘辛いソースにエシャロットの「甘み」が加わって。

  • 香り高く。
  • モチモチの麺にカリカリのアクセントを。
  • 噛めば噛むほどピリ辛になるチリソースの奥にフライドエシャロットの「風味」を感じて。

全体の甘みと辛みを加速させて、美味しさを跳ね上げる。

『クセになりそう!』

野菜(キャベツ・ニンジン)の少なさの物足りなさを「補う」にも最高の役目をしているフライドエシャロット。

f:id:mousouryoku:20181112160104j:plain

フライドエシャロットは「お好みで」とかではなく、全部いったほうが良いと思う。

そして全体を混ぜて食す。

f:id:mousouryoku:20181112160141j:plain

豪快に。

恐れないで大丈夫。

確認した。「全部」美味しいって。

豪快に食べよう。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20181112160201j:plain

『ミーゴレン最高!!!』

ユーフォーらしくミーゴレン。

ミーゴレンミーゴレンしたユーフォー。

いや。ミーゴレン食べた事無いですけど。

  • エシャロットの風味高く。
  • 口当たりの甘いチリソース。
  • 噛む度にピリ辛で。
  • ガツガツと食べて飲み込むほど辛く。
  • 辛さの奥にあるチリソースとエシャロットの甘み。

全てがエスニックでスパイシー「なのに」ユーフォーらしく、

モチモチでウェービーな麺にバランス良く絡みつき、満足感を跳ね上げる。

『間違い無くクセにしかならない美味しさ!』

いつものユーフォーの美味しい「食べ方」を探す事が生き甲斐の筆者は、新作のユーフォーを楽しむのも生き甲斐で。

ここ最近新発売されたユーフォーの中でもトップクラスに「好きな」味。

風味・甘み・辛み全てのバランスが良い「美味しい」ユーフォー。

大丈夫。

ミーゴレンを知らなくても大丈夫。

警戒しなくても大丈夫。

美味しい「ユーフォーの新作」として全力でオススメする。

日清焼そば「U.F.O.」ミーゴレンを。全力で。

最後に

 

辛いです。

ピリ辛を「超える」辛さではあります。

ですが、少しの辛さだったら大丈夫なら。

その「辛さ」の奥にある「甘み」にも舌を向けた時、あなたの箸が止まる事は、無い。

それでは

ん~!良い人生を!