妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

赤城乳業「イベールアイスデザート」抹茶のバランスの良さに驚いた。全てを「上げる」生チョコレートが美味しい!




抹茶と生チョコレートのアイス。

簡単に言ってるけど「抹茶感」と「生チョコ感」を同時に主張されるとメロメロになる予感しかしない。

2018年12月10日に新発売。

赤城乳業「イベールアイスデザートスティック」抹茶。

英語にするとカッコ良くて。

AKAGI「Premium」

HIVER ICE DESSERT STICK MATCHA。

MATHAと生チョコ。

全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

赤城乳業「イベールアイスデザート」抹茶のバランスの良さに驚いた

 

f:id:mousouryoku:20181221160957j:plain

お値段は定価で税抜き価格220円。

税込価格で237円。

ガリガリ君のような「安価で美味しい」アイスを世の中に贈り出し続ける赤城乳業の「本気」が分かる、高級路線のイベールシリーズ。

「AKAGI Premium(プレミアム)」と題するほどお高めのアイスである。

スーパー等でお安くなっているのを発見出来たら『ラッキー!』と心の中で、叫んで良い。

パッケージがリニューアルする前の「2017年の発売時」には出会えなくて。

今回の新発売で「やっと」セブンイレブンで出会えたのだから。

内容量は85ml。カロリーは287kcal。

分類はアイスクリーム。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20181221161037j:plain

宇治抹茶を使用した抹茶アイスクリームの中に生チョコレートを入れ、周りをアーモンド入りの抹茶チョコレートでコーチングをした贅沢なアイスバー。

抹茶尽くしで、チョコ尽くし。

赤城乳業の「贅沢でプレミアム」なアイスバー。

期待しない訳がないじゃないか!

早速、そのお姿から見てみよう。

開封の舞も贅沢に、プレミアム感を演出して済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20181221161127j:plain

『香ばしいアーモンドが香る!』

油断してた。

抹茶と生チョコばかりに気を取られていた。

こだわり素材

生チョコ×粒アーモンド×抹茶アイス

イベールアイスデザート「スティック」シリーズではアーモンド「も」こだわっている。

楽しみが「また」1つ増えた。

食べなきゃ。

  • 生チョコを。
  • 粒アーモンドを。
  • 抹茶アイスを。

抹茶チョコレートも。

全力で!

いただきます!

f:id:mousouryoku:20181221161205j:plain

『相性が!良過ぎる!!!』

生チョコ感は「まだ」無い。

それでも。

  • 大きく息を吸い込んだ瞬間からアーモンドが「強く」香ばしく。
  • パキパキッと噛んだ瞬間から抹茶の風味が「フワッ」と広がって。
  • 香ばしく、ほろ苦く。
  • 甘過ぎず、風味高く。
  • 中の抹茶アイスが溶ける度に広がるほんの少しの渋みが、味全体に「奥行」を演出して。

パキパキで厚め「なのに」なめらかな口溶けの抹茶チョコレートに、等しく存在感を主張する大きさの「カリカリ」としたアーモンドの相性の良さに驚き、

驚いてる暇なんてないほど「しっとり」と絡みつく抹茶アイスの食感の共演で、

抹茶とアーモンド「自体」の相性の良さに、ひたすらに驚く事しかできない。

f:id:mousouryoku:20181221161251j:plain

『風味も味も食感もバランス良過ぎ!』

でも。

これで完成形、じゃない。

目を見張る「風味たち」の共演。

奥行のある「味たち」の共演。

豊か過ぎる「食感たち」の共演。

これに、生チョコが加わったらどうなってしまうのか?

もしかしたら「台無し」にしてしまわないのか?

食べよう。

食べないと分からない。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20181221161346j:plain

『あっ。』

全てが「上がった」。

生チョコレートの美味しさは「はっきり」と分かる。

口溶け良く「ねっとり」と「しっかりとした甘さ」で、生チョコレートらしく主張する。

喉の奥に絡みつくような溶け感も分かる。

真っすぐに「美味しい」生チョコレートだ。

そんな赤城乳業らしい生チョコレートが「全ての美味しさ」を跳ね上げる。

  • しっかりとした甘さで、アーモンドの香ばしさを。
  • 舌に残り続けるチョコらしいチョコの風味で、抹茶チョコの風味を。
  • 渋みと甘みの共演で、生チョコレート自身と抹茶アイスを。

生チョコレートらしく舌にまとわりつきながら味全体に「深み」を演出して、全ての味を「一段階以上」引き上げる。

f:id:mousouryoku:20181221161429j:plain

『驚き・・・!』

バランスの良かった抹茶感とアーモンド感に、更に「バランス良くまとわりつく」生チョコレートの共演。

  • 生チョコレートの美味しさも。
  • 抹茶チョコの美味しさも。
  • アーモンドの美味しさも。
  • 抹茶アイスの美味しさも。
  • 全部「分かる」のに驚きのバランスで。

香ばしく、香り高く、しっかりと甘く、ほんのりの渋みの「全て」が分かる。

パキパキ、カリカリ、しっとり、ねっとりの「全て」が分かる。

f:id:mousouryoku:20181221161526j:plain

『全部主張するのに全部美味しい!』

どうか。

どうか全力で食べて欲しい。

  • 目の前と、お口の中にあるアイスに集中して、香りを。
  • 舌の神経を研ぎ澄まして、混ざり合う味を。
  • 耳を澄ませて、歯に響く音を。

驚きのバランスの良さを「全力で」味わって欲しい。

赤城乳業「イベールアイスデザートスティック」抹茶を。全力で。

それだけの価値はきっと、有る!

最後に

 

ただ、弱点として。

生チョコレートは少なめ。

生チョコレートが無くなった後の喪失感が弱点といえば弱点。

濃厚な生チョコレートを味わった後だと、急に爽やかに感じる抹茶感で物足りなさを覚える。

物足りなさを覚えて『もう1本食べたい!』と思わされるのだから結局は、赤城乳業の「一人勝ち」だと思う。

悔しいけど。

あなたもこの「悔しさ」を味わってみませんか?

それでは

ん~!良い人生を!