妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

明治「ストロベリーチョコレートアイスサンド」が進化したストロベリーチョコレートな件。




定番の「明治」ストロベリーチョコレートがアイスになって登場!

93種年を迎える、明治のストロベリーチョコレートを愛する筆者はこの言葉だけで買う事を決意した。

2019年1月8日に新発売。

明治「ストロベリーチョコレート」アイスサンド。

当然のように全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

明治「ストロベリーチョコレートアイスサンド」が進化したストロベリーチョコレートな件

 

f:id:mousouryoku:20190108203733j:plain

お値段は定価で税抜き価格170円。

税込価格で183円。

近くのセブンイレブンとファミリーマートでは、発売日での入荷を確認できた。

地元のスーパーでは「発売日」に発見出来ていないので、特売日までには並ぶ事を願う。

内容量は75ml。カロリーは248kcal。

いちご果汁果肉5%。

分類はアイスミルク。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190108203808j:plain

『大手アイスメーカーのアイスサンドを作っている会社と言えば・・・』と、真っ先に思い浮かぶくらい有名なサンタ株式会社が製造。

数々の美味しいアイスを「製造」してきたサンタ株式会社だ。

期待値は自然と、上がる。

一年中、苺をおいしく

明治ストロベリーチョコレートと同じ言葉に、期待値は上乗せされて。

香り豊かに苺のめぐみ

パッケージに載せられた言葉に、食べる前からメロメロにされる。

早速、そのお姿を見てみよう。

開封の舞も「苺のめぐみ」に感謝しながら済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20190108203847j:plain

『香ばしいのに、甘酸っぱい!』

甘く香ばしいチョコレートケーキ。

爽やかに甘酸っぱい香りのいちご果汁果肉入りのアイス。

何故か冬「なのに」春を感じて。

明治の「ストロベリーチョコレート感」はあまり感じなくて。

香りだけでは「別の」美味しさしか感じない。

それでも食べよう。

中のパリパリ食感のチョコレートとどんな共演をしているのか、食べないと分からない。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190108203942j:plain

『美味し過ぎて笑う!』

しっとり「からの」なめらか「からの」パキパキな豊か過ぎる食感から全ては始まる。

  • 風味豊かに「あの」明治のストロベリーチョコレートそのもので。
  • 想像以上にしっとり「なのに」ふわふわなチョコレートケーキが美味しくて。
  • アイスはまるで「冷たいストロベリーチョコレートのクリーム」のように甘酸っぱく、なめらかに広がって。
  • 広がる度に甘酸っぱさを加速させながらパキパキのチョコレートと重なって。
  • パキパキで、チョコレートらしいチョコレートが明治のストロベリーチョコレート「らしさ」を跳ね上げて。
  • ホロホロになる度に温かさを演出するチョコレートケーキが全てをまとめながら「丁度良い」喉越しを演出して。
  • 食べ応えのある「明治のストロベリーチョコレート味のアイス」がお口の中で完成して。

余韻の風味は疑う事なく明治のストロベリーチョコレート「なのに」冷たいのに温かみのある美味しいアイスを食べた満足感しか、残らない。

f:id:mousouryoku:20190108204028j:plain

『これ・・・美味し過ぎるよ・・・?』

明治のストロベリーチョコレート「らしくない」美味しさから始まって。

  • 香ばしい「チョコレートケーキ」らしい甘みが。
  • キュンッとする「苺の」甘酸っぱさが。
  • 奇跡のようなバランスで重なって。
  • 奇跡のようなバランスを保ったままチョコレートは、最後の方までパキパキで。
  • 奇跡のようなバランスで混ざり合ったケーキとアイスの美味しさを最後の最後に跳ね上げて。

全てが溶けるように「明治のストロベリーチョコレート」を全力で主張して、消えていく。

f:id:mousouryoku:20190108204058j:plain

『進化した明治のストロベリーチョコレート!!!』

正直な話をすると、本家本元より「好き」かもしれない。

筆者がアイス好きなのは、認める。

認めた上でも「美味しい」と思う。

風味は明治のストロベリーチョコレートで。

食べやすいのに食べ応えがあって。

チョコレートケーキと重なる「道中」の美味しさは、明治のストロベリーチョコレート以上だとさえ思ってしまって。

余韻は完全に「あの」明治のストロベリーチョコレート。

本家本元のファンには、申し訳ないけど。

このアイスサンドが発売されている限りリピートを繰り返し続ける気しか、しない。

最後に

 

久々に我を忘れて、食べてしまった。

時折、「プチンッ」と弾ける苺の種にメロメロになりながら。

食感の豊かさ・風味・味・余韻。

f:id:mousouryoku:20190108204409j:plain

思い出すだけで「また」食べたくなってしまう。

あなたも。

一緒にアイスの虜になってみませんか?

明治「ストロベリーチョコレートアイスサンド」の虜に。

それでは

ん~!良い人生を!