妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

エッセル「スーパーカップ」紅茶クッキーは安心感のある喉越しも美味しいアイス。定番になる予感がする!




シリーズ初のフレーバー!

そんな事を聞いて、アイス好きが興奮しない訳が、無い。

心から愛して止まない明治エッセルスーパーカップの最新作が「初めての味」で登場。

2019年1月14日に新発売。

明治「エッセルスーパーカップ」紅茶クッキー。

スーパーカップのクッキー「も」美味しい。

当然のように全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

エッセル「スーパーカップ」紅茶クッキーは安心感のある喉越しも美味しいアイス

 

f:id:mousouryoku:20190114172039j:plain

お値段は定価で税抜き価格130円。

税込価格で140円。

安売りしているスーパーで大量に並んでいるのを見かけて思わず、微笑んだ。

税込95円で買える事に。

100円玉1枚でお釣りがある事に。

内容量はスーパーカップらしく大容量の200ml。

カロリーは300kcal。

分類はラクトアイス。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190114172225j:plain

しっとりとしたクッキーに紅茶原料を入れることで、紅茶が香る設計に仕上げました。

まるで「魔法にかけられた」ように繰り返してしまって。

『クッキーの力で、紅茶が香る・・・!』

『クッキーの力で、紅茶が香る・・・!』

『クッキーの力で、紅茶が香る・・・!』

『期待しかできないじゃないか!』

早速、そのお姿を見てみよう。

開封の舞も香る紅茶をイメージして済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20190114172306j:plain

『この中に!香る紅茶が居る!』

出会おう!

2度目の開封で!

いざ!

開封!2回目!

f:id:mousouryoku:20190114172338j:plain

『そこまで香らないし、クッキーも見えない!』

ほのかにミルクティーのような香りがするだけで。

クッキーの欠片さえ見えない。

でも。

これは、お約束みたいなもので。

スーパーカップは「食べてから」が本番で。

食べ進めれば食べ進める程「本気を」出す。

たっぷり大容量のアイスの「中に」美味しさが詰まっているんだ。

食べよう。

知ってるからこそ、期待値は高いままだ。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190114172409j:plain

『当たり前のように美味しい!』

スーパーカップらしいなめらかな口当たりは、当たり前のように美味しくて。

  • お口に入れた瞬間に「香る」紅茶の風味。
  • 溶ける度に「ミルクティーのような」ミルキーさを演出して。
  • ミルキーさが薄れていくと共に、紅茶の風味が戻ってきて。
  • しんなり「なのに」ザクッとした、ざらつきのある食感のクッキーがアクセント以上に活躍して。
  • 大小様々なクッキーたちを噛む度に、紅茶らしい紅茶の風味を押し上げて。

ミルクティーの「奥にある」風味高い紅茶を、サッパリとした味わいで楽しめる。

f:id:mousouryoku:20190114172434j:plain

『安心感・・・。』

真っ先に浮かび上がってきた感情は、安心感で。

落ち着く気分にしかならなくて。

派手さはない「代わりに」しっかりと、真っすぐに紅茶を主張してきて。

食べ終わった後の余韻は、冷たいミルクティーを飲んだ後と同じで。

何故だか、落ち着く。

ただ、

飲み物の紅茶とは違って。

食べれば食べる程「紅茶感」は増す。

紅茶「と」クッキー感は、スーパーカップ「らしく」増す。

f:id:mousouryoku:20190114172503j:plain

発掘するような気分で紅茶クッキーを沢山すくえた時は、幸せで。

  • 香り高い紅茶の風味からの
  • ミルクティーのような奥深さからの
  • 紅茶の風味を跳ね上げる紅茶クッキーからの

香ばしいクッキーを冷たいミルクティーで流し込むような、満足感。

f:id:mousouryoku:20190114172547j:plain

『これ!美味しい!』

  • 鼻に抜ける紅茶が。
  • 舌の奥に広がるミルクティーが。
  • 歯に残る紅茶クッキーが。
  • スーパーカップらしく「全て」が重なり合った喉越しが。
  • サッパリ「なのに」風味豊かな余韻が。

美味しい。

『美味しいよ!』

強い甘さを求めている人には、物足りない甘さだと思う。

でも。

このくらいの甘さじゃないと風味の広がりや、余韻の余韻といった「過程の全て」をじっくりと楽しめないと思う。

「紅茶の風味」と「ミルクティーのような奥深さ」と「紅茶とクッキーの喉越し」といった過程「も」楽しんで欲しい。

その全てにスーパーカップらしい安心感があるから。

明治「エッセルスーパーカップ」紅茶クッキー。

落ち着いた気分になりたい「あなた」にオススメ。

最後に

 

定番に、なる。

そんな予感がします。

いつ食べても「美味しい」と思える安心感は定番になるべきだと思います。

『今日はどのスーパーカップにしようかな・・・』

そんな時に間違い無く「候補」に上がる。

優しい甘さの紅茶「と」クッキーのサッパリとした後口のアイスはいかがでしょうか?

それでは

ん~!良い人生を!