妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

セブン「限定」まるごと小粒苺のひとくちアイスの苺が甘酸っぱい。甘さの奥にある甘酸っぱさを楽しんで欲しい。




目で見て「幸せになれる」アイスは楽しい。

春を思わせるカラーの化粧箱の中には、ひとくちの「真っ白」なアイスが入っていて。

その真っ白なアイスの中には「真っ赤な」小粒の苺が入っていて。

ほんのちょっぴりの「幸せ」をおすそわけしたくなるアイスが今年も登場。

2019年1月30日に発見。

セブンイレブン「限定」。

森永製菓「まるごと小粒苺の」ひとくちアイス。

毎年この時期に発売されるアイスで。

食べた事がある人も多いと思う。

かなり早い「春の訪れ」を全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューをまるで初めて食べるかのように全力でしていこう。

セブン「限定」まるごと小粒苺のひとくちアイスの苺が甘酸っぱい

 

f:id:mousouryoku:20190131150337j:plain

お値段は税抜き価格276円。

税込価格で298円。

高級感のある外箱には納得のお値段だけど。

実は「5粒程度」しか入っていない。

1粒60円。

おすそわけしやすいお値段ではあるけど。

それが高いか安いかは味次第。

内容量は56g。(標準5粒入)

カロリーは41kcal。(1粒当たり)(推定値)

分類はアイスクリーム。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190131150407j:plain

重量で管理しているので、苺粒の大きさにより粒数が異なることがあります。

標準5粒入

f:id:mousouryoku:20190131150614j:plain

内容量は不変の56gで。

もし、5粒「以外」だと1粒当たりのカロリーも若干、変わるはず。

ほとんどが5粒だと思うけど。念のためにお伝え。

小粒苺をまるごとひとつぶ

ミルクアイスとバニラ風味のホワイトチョコで包みました

f:id:mousouryoku:20190131150645j:plain

  • 糖漬けの小粒の苺に辿り着くまでに?
  • 練乳感のあるミルクアイスを抜ける必要があって?
  • 舌に一番最初に届くのはバニラ風味のホワイトチョコ?

『食べたい!』

早速、そのお姿を見てみよう。

開封の舞も寒いのに、春らしく済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20190131150724j:plain

『5粒!』

ちゃんと5粒入を確認。

溶けてしまう前に全身のお姿もお見せしよう。

真っ赤な小粒の苺が詰まった白いひとくちアイスのお姿がこちら!

ドーン!

f:id:mousouryoku:20190131150823j:plain

『映え!』

センスとか無いから分からないけど。

映える。

パカッと中身をお見せしたら「その」映えは跳ね上がる。きっと。

ドーン!ドーン!

f:id:mousouryoku:20190131150858j:plain

『映えた!?』

鮮やかな赤い苺は純白のミルクに包まれて。

乳白色のホワイトチョコレートでコーティング。

もう少し「映えるように」撮りたかったけど、筆者の腕ではこれが限界。

よし。

食べよう!

筆者の仕事は「美味しさ」をお伝えする事。

写真映えを気にしていたらいつまで経っても記事は完成しない。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190131151129j:plain

『幸せ・・・!』

恐れず「噛んで」食べて欲しい。

噛み始めは「違和感」の方が強いかもしれないけど、全力で噛んで食べて欲しい。

  • パキパキッと割れるホワイトチョコレート。
  • なめらかなミルクアイス。
  • ガリガリとした小粒苺。

噛む度に食感は「馴染んで」きて。

  • 小粒苺はまるでシャーベットのようにシャリシャリの食感「から」果肉らしい噛み応えになって。
  • なめらかなアイスと重なりながら「苺の種」がプチプチと弾けるアクセントになって。
  • 完全に溶けたミルクアイスが「苺の広がり」を加速させて。

最後までパキパキのホワイトチョコレートがアクセントになって、小粒苺「の」ひとくちアイスを楽しめる。

f:id:mousouryoku:20190131151211j:plain

『噛んで食べて欲しい・・・!』

全力で噛んで食べる事で「重なる」美味しさが、ハッキリと分かる。

  • ホワイトチョコレートのしっかりとした甘みが「すぐ」舌に、広がって。
  • ミルクアイスの優しい風味が「すぐ」鼻に、広がって。
  • 小粒苺の苺ジャムのような甘さが「すぐ」お口に、広がって。

一瞬で全ての「良さ」が主張してくる。

f:id:mousouryoku:20190131151247j:plain

噛む度に主張する味は「変化」して。

  • しっかりとしたホワイトチョコレートの甘さの奥には、苺の甘酸っぱさが現れて。
  • 現れた苺の甘酸っぱさの中には、練乳感のあるミルクのコク深さがあって。
  • ホワイトチョコレートの甘みとミルクアイスの風味は相性良く、苺の風味を、甘酸っぱさを跳ね上げて。
  • 強い練乳感の余韻「と」苺の果肉が残って、ミルキーな苺になって。
  • ミルキーな苺「から」ジューシーで、酸味の強い苺へと変化して。

酸味の強い苺に、最後の最後まで残り続けるホワイトチョコレートの欠片が、最後の最後まで甘さを供給する。

f:id:mousouryoku:20190131151322j:plain

『最初から最後まで噛んで欲しい・・・!』

苺の種が「プチンッ」と弾ける度に、苺の余韻を長引かせるから。

しっかりとした苺とミルクの甘さを味わったはず「なのに」驚くほどサッパリな余韻を楽しんで欲しい。

セブンイレブン「限定」。

森永製菓「まるごと小粒苺の」ひとくちアイスで。

楽しいひと時を味わって欲しい。

最後に

 

気軽に。

小粒の苺「を」アイスと味わえるスイーツ。

苺「の」美味しさを押し上げるミルクアイスとホワイトチョコレートとの相性は語るまでもなくて。

小さな苺らしい甘酸っぱさを「噛んで」楽しんで欲しい。

甘さの「奥にある」甘酸っぱさを全力で楽しんでみてはいかがでしょうか?

それでは

ん~!良い人生を!