妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

赤城乳業「Sof’(ソフ)」ストロベリーのレビュー。こんなに好きになったアイスは久しぶりかもしれない。




ソフトクリームって奇跡の食べ物じゃないですか?

でも。

気軽に「いつでも」食べれないじゃないですか?

そんな人には「Sof’(ソフ)」がオススメ。

赤城乳業が贈る「ソフトクリームの上だけ」を堪能できる、これまた奇跡のようなアイス。

2019年3月5日に新発売。

赤城乳業「Sof’(ソフ)」ストロベリー。

2色巻きの「まるで」ソフトクリームのようなアイスを全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

赤城乳業「Sof’(ソフ)」ストロベリーのレビュー

 

f:id:mousouryoku:20190304211844j:plain

お値段は「定価で」税抜き価格140円。

税込価格で151円。

2019年3月1日の「アイス値上げショック」に伴い、こちらも値上げされたお値段で販売。

それでも。

安売りしてくれるスーパーで、税込95円で購入する事ができた。

『コーンも無いのに150円超えとは何事だ!?』と一瞬だけ思ったのは心の中に仕舞っておこう。

内容量は150ml。カロリーは146kcal。

分類はラクトアイス。

いちご果汁21%使用。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190304211936j:plain

アイスミルク規格のいちごアイス「と」ジェラートタイプのいちごアイスの2色巻きの商品 

ストロベリーピューレをメインに使用したアイスミルク規格のいちごミルクアイス(いちご果汁分10%)と、

ジェラートタイプのいちごアイス(いちご果汁分30%)を1つのカップで一緒に味わうことができる商品

えっと。

分かります?

絶対に美味しい要素「しか」無い事に。

  • まるでソフトクリームで?
  • ソフトクリーム「なのに」いちごジェラートが味わえて?
  • いちごミルクアイス「も」楽しめる?

『興奮しか、したくない!!!』

早速、そのお姿を見てみよう。

開封の舞も興奮が冷めないうちに済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20190304212025j:plain

『キュンッ!!!』

華やかに。

甘酸っぱく。

芳醇に。

香るストロベリーに「キュンッ!」として。

甘酸っぱい「予感」が、ガンガン伝わってくる。

食べよう。

いちご「と」いちごのアイスを。

まるで「2色巻きのソフトクリーム」のようなソフを。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190304212626j:plain

『好きだ!このアイス!』

お口に入れた瞬間から、いちご。

  • 華やかに「いちご」が香って。
  • 香りだけに満足している場合じゃなくて。
  • クリーミーないちご「と」爽やかないちごの相性は、興奮するほどで。
  • なめらかないちご「と」シャリッとしたいちごの相性にも、興奮しかしなくて。
  • コクのある甘酸っぱさ「と」瑞々しい甘酸っぱさの相性は、興奮しっぱなしで。

食べた事があるようで、今までなかった新感覚に、惚れる事しか出来そうに、無い。

f:id:mousouryoku:20190304212656j:plain

『大好きだ!!!』

フワフワで、王道のソフトクリーム「らしさ」があふれる、いちごミルクアイス。

しっとりと、王道のジェラート「らしさ」があふれる、いちごアイス。

王道「と」王道を組み合わせただけ「なのに」有り得ないくらい、美味しくて。

f:id:mousouryoku:20190304213156j:plain

すくう分量を変えるだけで味わいは、変わって。

  • ミルキーな「いちご感」が欲しければ、アイスミルクないちごアイスを。
  • サッパリとした「いちご感」が欲しければ、ジェラートないちごアイスを。
  • 何も考えずに、本能のまま食べても美味しいけど。

お口が「その時」求めている、いちご感を、自在に調整できるのは、アイス好きとして感動しかしたくない。

f:id:mousouryoku:20190304213246j:plain

『叫びたいほど好きだ!!!』

  • ほどよく甘く。
  • ど真ん中に甘酸っぱく。
  • クリーミー「時々」キュンッ。

いちご「の」バランスは、いつでも最高。

イチオシ。

誰がなんと言おうとイチオシ。

f:id:mousouryoku:20190304213328j:plain

久しぶりに「ここまで」惚れたアイスを、他のアイスを、すぐには思い出せない。

筆者が、無類のいちご好きなのもある。

筆者が、無類のジェラート好きなのもある。

筆者が、無類のソフトクリーム好きなのもある。

筆者の、好きな物「だけで」構成されているアイスという事実もある。

それでも。

誰がなんと言おうとイチオシ。※2回目※

赤城乳業「Sof’(ソフ)」ストロベリーは誰がなんと言おうが、筆者のイチオシアイスである。

最後に

 

大好きです。

一瞬で大好きになりました。

ソフトクリームの上だけとか。

関係なくて。

ソフとかという「括り」も。

どうでも良くて。

ただただ「好きな」アイスとして食べ続けたい。

あなたにも。

そんな「アイスとの出会い」がある事を願って。

それでは

ん~!良い人生を!