妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

セブンの「宇治玉露アイスのアーモンドチョコバー」が渋く、旨い。玉露なのに渋く、旨いアイス。




セブンプレミアムのアイスは「ガラッ」とリニューアルする事も多い。

同じようなお茶「と」アーモンドチョコのアイスでも。

お茶が変われば、味わい「も」変わる。

2019年3月13日に新発売。

セブンプレミアム「宇治玉露アイスのアーモンドチョコレートバー」

味「と」食感の両方を満足させてくれるアイス。

全力を超える全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

セブンの「宇治玉露アイスのアーモンドチョコバー」が渋く、旨い

 

f:id:mousouryoku:20190314152143j:plain

お値段は税抜き価格178円。

税込価格で192円。

前作の発売時には「宇治抹茶」で。

食べた記憶はあるけどレビューはしてなくて。

記憶を頼りに違いを味わいたいけど。

きっと無理な話。

全力で新鮮な気分で味わおう。

内容量は90ml。カロリー273kcal。

分類はアイスクリーム。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190314152117j:plain

この商品はセブン&アイグループとロッテの共同開発商品です。

知ってた。

www.mousouryoku.com

中のアイスがバニラなタイプ「も」超絶美味しい記憶しかなくて。

  • ほろ苦いチョコレート。
  • 弾けるほど大粒のアーモンド。

そこは変わらずに「中の」アイスが宇治玉露のアイスに変わっただけ。

味わいは大きく変わるだろうけど、チョコレート「と」アーモンドの美味しさは変わっていないはず。

当然、期待値はMAX。

開封の舞も自然と舞うように済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20190314152211j:plain

『うっとりするほどアーモンド!』

開けた瞬間から。

香ばしく。

鼻を近づける度に。

香ばしく。

いつまで経っても消える事の無い、香ばしさ。

こんなの絶対に美味しいに決まっている。

食べよう。

アーモンド香るチョコレートを。

中に詰まっている宇治玉露アイスを。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190314152607j:plain

『!?』

驚き。

あれだけ誇り高く香っていたアーモンドの風味が。

宇治玉露の風味に押されている!?

  • 爽やかに、清々しいほど風味高く、宇治玉露香が香って。
  • 爽やかな渋みのある宇治玉露に、お口の中は支配されて。
  • 噛んで弾けた瞬間はアーモンドが、香ばしく香って。
  • また「すぐ」宇治玉露の風味に支配されて。
  • チョコレートの甘みはアクセント程度で。

宇治玉露「主体」で物語は進んでいく。

f:id:mousouryoku:20190314154417j:plain

『渋い大人の甘さ。』

バニラもどちらかと言えば、大人の甘さだった。

しかし。

この宇治玉露アイスのアーモンドチョコバーは「渋めの」大人の甘さ。

  • 噛み進める度に「渋み」は増して。
  • チョコレートのほろ苦さにまで「渋み」を演出して。
  • アーモンドの香ばしさにまで影響を及ぼして。

お茶感を残したまま、お口に「残る」チョコレート「と」アーモンドにさえも「渋く」まとわりつく。

f:id:mousouryoku:20190314154452j:plain

『玉露って甘みとコクが強いんじゃなかったっけ?』

そう思えるほど渋みは、強く主張して。

  • 爽やか「なのに」味わい深くて。
  • チョコレート「なのに」和を強く感じて。
  • 玉露「なのに」アーモンドと相性が良くて。

余韻でさえもチョコレート「と」アーモンドを味わったはず「なのに」お茶感が、残る。

f:id:mousouryoku:20190314154525j:plain

想像と全く違う。

違うのに。

『美味し過ぎる!!!』

風味豊かな宇治玉露。

  • その宇治玉露の美味しさの邪魔をせずに、ほろ苦く甘みを「演出」するチョコレート。
  • 文字通り「食感」と「風味」のアクセントのアーモンド。

爽やかな渋みに染められたチョコレート「と」アーモンドは、宇治玉露アイス自体の「旨み」を押し上げる。

f:id:mousouryoku:20190314154557j:plain

『渋く、旨い。』

本当は宇治玉露「らしく」渋みは優しいのかもしれない。

チョコレートのほろ苦い甘みが、渋みを押し上げているのかもしれない。

でも。

そんな事はどうでも良くて。

ただひたすらに「旨い」アイスが目の前にあるのなら。

全力で美味しく頂くだけだと、思う。

セブンの、ロッテの、アーモンドチョコレートバーらしく甘さ抑えめの大人な味を。

宇治玉露「豊かな」渋い旨さを。

全力で楽しんで欲しい。

セブンプレミアム「宇治玉露アイスの」アーモンドチョコレートバーで。

最後に

 

渋みが。

渋みの「旨み」が、美味しいと感じるお年頃のあなたに食べて欲しい。

甘いだけじゃない深みのある旨みを。

渋みと「共に」味わって欲しい。

それでは

ん~!良い人生を!