妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

森永乳業「蜜と雪」抹茶が力強くリニューアル!王道を超えた王道の抹茶のかき氷である!




久しぶりに、興奮している。

森永乳業の「怒涛」のラインナップに、興奮しかしていない。

宇治抹茶を使用した、森永乳業「の」アイスの新作たち。

宇治茶生産の景観を文化遺産に

この言葉を「掲げた」ピノが発売されたばかりで。

MOW(モウ)とPARM(パルム)もパッケージが一新されていて。

そこに新作も登場した「蜜と雪」もラインナップされていて。

興奮「しか」してないのに、あまり出会えず、食べれた回数こそ少ないものの、食べた瞬間から虜にされた「蜜と雪」抹茶がリニューアルして新発売。

リニューアルして食べてもいないのに、まとめ買いを決意した事だけは全力で報告しておきたい。

2019年3月25日に「リニューアル」して新発売。

森永乳業「蜜と雪」抹茶。

抑えきれないほど興奮しながら、全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

森永乳業「蜜と雪」抹茶が力強くリニューアル!

 

f:id:mousouryoku:20190409024341j:plain

お値段は「定価で」税抜き価格160円。

税込価格で172円。

リニューアルしてもお値段は変わってなくて。

www.mousouryoku.com

安売りしてくれるスーパーでも大量の入荷を確認出来て。

税込150円以下で買えた。

あなたもお得に手に入れて欲しい。

内容量は150ml。カロリーは195kcal。

分類は氷菓。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190409024408j:plain

抹茶が持つ苦味・渋味が「より」感じられるように改良しました。 

内容量も、カロリーも変わっていなくて。

抹茶「本来」の旨みを引き上げたリニューアル。

リニューアル前ですら感動レベルの美味しさだった。

『あの美味しさよりも、「もっと」抹茶が主張するの?』と考えたら、にやける。

自分自身が語り尽くした感はあるけど。

これはこれで語りたい。

開封の舞も全力を超える全力で済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20190409024437j:plain

『これぞ蜜と雪の蜜・・・!

見るだけで癒される深碧の抹茶。

揺蕩うように香る清涼感のある抹茶が、落ち着きを与えてくれる。

知っている。

  • この濃密な抹茶のソースの「奥にも」抹茶が居る事を。
  • 雪のように儚い口溶けの抹茶氷の中に、あずきが居る事を。

重ねよう。

抹茶の蜜「と」抹茶な雪を。

蜜と雪は、重ねてこそ「真の美味しさ」を演出する。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190409024509j:plain

『これぞ抹茶!』

『これぞ蜜と雪!』

溜息が出るほど「強い」抹茶。

  • 濃密に濃く、風味と甘さを担当する

f:id:mousouryoku:20190409024556j:plain

  • 爽やかに清涼感のある抹茶を担当する

f:id:mousouryoku:20190409024623j:plain

  • 蜜「と」雪の共演はごく自然で。
  • 当たり前に抹茶を「強く」主張して。

力強く「抹茶のかき氷」を猛アピールする。

f:id:mousouryoku:20190409024706j:plain

風味高く。

  • 素早く広がる濃密な甘さ「からの」爽やかな清涼感。
  • 重なる度に「苦み」と「旨み」はどんどん凝縮されて。
  • 名残惜しいほど儚い口溶けで。

f:id:mousouryoku:20190409024738j:plain

  • 名残惜しんでいると、顔を出すのが「渋み」で。
  • 渋みを楽しんでいる最中に、顔を出すのが「あずき」で。
  • あずきの優しい甘さを舌全体で味わえば、抹茶の余韻は何度でも蘇って。

強く抹茶「なのに」サッパリとした、「これぞ抹茶のかき氷」を楽しめる。

f:id:mousouryoku:20190409024822j:plain

『王道を超える王道の抹茶のかき氷。』

かき氷を、かき氷のまま超えた、かき氷だと思う。

  • 抹茶の上質感。
  • 繊細な苦み。
  • その繊細な苦みとバランスの取れた、上品な甘み。
  • 全体の旨み「からの」心地良い渋み。
  • 味わい尽くした「後の」あずきの落ち着いた甘み。

そのどれもがカップアイスに詰まっている「かき氷」とは信じられなくて。

f:id:mousouryoku:20190409024919j:plain

まるで専門店で出されるような、蜜のようなソースの口溶け「と」雪のように儚く溶ける口溶けの共演を、カップアイスで表現している事に感動しか覚えない。

『間違い無く美味しく、なった!』

お口に入れてから「徐々に」変化していく過程が、もっと分かりやすく。

ぼやけるという言葉とは程遠いほど。

風味・甘み・苦み・旨み・渋みの、それぞれが、際立つ仕上がりとなっている。

抹茶の力強さを「もっと強く」感じられるリニューアル。

全抹茶のかき氷好きに捧ぐ。

『蜜と雪「抹茶」を食べずに、抹茶かき氷は語れない。』

それほど「確立」された抹茶のかき氷だと思う。

疑いようのないほど、抹茶のかき氷の「完成形」の1つだと思う。

それを。

手軽なカップアイスで楽しめるのなら。

抹茶のかき氷好きのあなたが、食べない選択肢は、無い。

繰り返す。

森永乳業「蜜と雪」抹茶を食べずに、抹茶かき氷は語れない。

最後に

 

真剣に。

手軽に「買える」カップタイプの抹茶のかき氷の「1つ」の完成形だと思います。

この美味しさを「超える」とか「超えない」とかじゃなくて。

蜜と雪「抹茶」という、唯一無二の確立された、抹茶のかき氷。

それが。

200円以下で食べれる事実は、書いた自分自身が一番驚いている。

あなたも。

食べて驚いて欲しい。

『これが!?このクオリティで!?200円以下!?』と。

それでは

ん~!良い人生を!