妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

明治「チョコミントコーン」のミントアイスが美味しい。ミントコーンを楽しんでみませんか?




チョコミントが苦手なのにチョコミントを食べ続ける理由?

『たまに、奇跡的な出会いをするから。』

事実。

チョコミントが苦手「なのに」リピートを繰り返したアイスは、意外に多い。

さぁ今回のチョコミントはどうかな?

2019年4月16日に新発売。

明治「チョコミントコーン」

チョコミントが苦手だけど全力で挑戦してみた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

明治「チョコミントコーン」のミントアイスが美味しい

 

f:id:mousouryoku:20190416170049j:plain

お値段は「定価で」税抜き価格156円。

税込価格で168円。

多くの新作アイスが発売される日に、大手コンビニや地元のスーパーを複数店舗周って。

発見できたのはファミリーマートのみ。

ファミリーマート限定とはどこにも明記されていないので、後々、多くのお店に出回る可能性はあると思う。

内容量は123ml。カロリーは240kcal。

分類はラクトアイス。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190416170120j:plain

製造は数多くの大手アイスメーカーのアイスを作っている「サンタ株式会社」。

  • 明治「の」アイスを、サンタ株式会社が製造する事は珍しくないけど。
  • 明治「の」コーンタイプのアイスを、作る事は珍しいかもしれない。
  • 明治「と」サンタ株式会社の組み合わせで、パッと思いつくのはアイスサンドで。

www.mousouryoku.com

コーンタイプを作っているイメージはあまり強く、ない。

更に、明治のチョコミントも種類が多くて(製造している会社が複数)。

  • エッセルスーパーカップ「チョコミント」を筆頭に、
  • セブンイレブン限定の「ミントチョコレートバー」や、
  • ファミリーマート限定の「THEチョコミント」といった具合にチョコミント感は統一されていない。

アイスのレビューを書き続けている筆者でも、ここまで「味の予想」ができないアイスは珍しい。

だからこそ書き甲斐があるというもの。

早速、そのお姿から見てみよう。

開封の舞も爽快感あふれるパッケージに慄き(おののき)ながらも全力で済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20190416170139j:plain

『おっ!カワイイ!』

思ってたよりミント感は薄くて。

ほんのりとした清涼感があるのみ。

色味も優しくて。

ミントミントと言うよりは、ミルク色をほのかに感じれる優しめのミント色。

f:id:mousouryoku:20190416170211j:plain

でも。

油断はできない。

見た目に騙されて何度『ふぁぁぁーーー!』と叫んだか分からない。

優しい色味で、カワイイ見た目に惑わされないで食べよう。

信じるものは己の舌のみ。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190416170250j:plain

『おっ!バランス良いぞ!』

強過ぎないけど「しっかり」とあるミント感。

  • 少しミルキーに、爽やかに「ミント」で。
  • パキパキのチョコレートの「甘さ」と混ざり合って。
  • 爽快なチョコミントがお口の中で完成して。

口溶けも爽やかな「サッパリ」としたバランスの良いチョコミント。

f:id:mousouryoku:20190416170323j:plain

雑味の少ない、ミントの「清涼感」が気持ち良くて。

  • 清涼感の中で「甘く」広がるチョコレートが美味しくて。
  • お互いが邪魔する事なく混ざり合って。
  • 甘みの中にあるミントの「キレ」を素直に楽しめて。
  • 余韻として舌に残る「ほろ苦み」に嫌味はなくて。

お口の中は「冷涼感」で包まれる。

f:id:mousouryoku:20190416170355j:plain

『右肩上がりの爽快感「なのに」食べやすい!』

パリパリのチョコレートが食べやすさを加速させているのは間違いがなくて。

下に行けば行くほど「分厚く」なるチョコレートが食感のアクセントになると同時に、チョコレート「の」甘さを主張するお蔭で、食べる手は止まらなくなる。

f:id:mousouryoku:20190416170527j:plain

『このチョコミント感、好きかも。』

でも。

パリパリのチョコレートは食べたら無くなる訳で。

無くなったら清涼感の強いミントアイスとコーンだけになってしまって。

ちょっと重くなった気分でパッケージを見返してみたら。

f:id:mousouryoku:20190416170557j:plain

『コーンに辿り着く前にチョコ入ってんじゃん!』と、テンションは再び上がる。

チョコミント苦手なのに。

さぁ食べよう。

ミントアイスを美味しくしてくれるはずの「とろとろ」のチョコレートを。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190416170637j:plain

『ふぁぁぁーーー!』

驚いた。

  • チョコレートの「キュンッ」とする甘さで。
  • もっと「清涼」になって。
  • もっと「ミント」が押し上げられて。
  • もっと「チョコミントミント」らしくなって。
  • 思わず叫んだ。

強い甘みでミント感が増す時がある。

1つ勉強になった。

f:id:mousouryoku:20190416170707j:plain

楽しみにしていた「とろとろ」のチョコレートは1口分。

結果は、ミント感を強くした。

チョコミント苦手な人には「ちょっと」しんどいけど。

チョコミント好きな人には「ちょっと」した盛り上がる場所だと思う。

とろとろのチョコレートを抜ければ、残すはコーンとミントアイスのみ。

食べよう。

気合を入れ直して。

3度目の全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190416170748j:plain

『これまた食べやすい!』

ミントアイスの清涼感は変わらず。

  • 香ばしく「ほろ苦い」コーンが、ミントアイスの「ほろ苦み」を押し上げて。
  • ほろ苦みが「際立つ」仕上がりなのに、食べやすくて。
  • 甘みと香ばしさの加減が丁度良くて。

清涼感「と」ほろ苦みのバランスの取れた、新しいタイプのチョコミント感を楽しめる。

いや。チョコミント「じゃない」新感覚のアイスを、楽しめる。

f:id:mousouryoku:20190416170816j:plain

『むしろ!美味しい!』

けっこう驚き。

  • チョコミントのチョコ要素が消えて。
  • いつもなら、ミントだけになったら絶対に美味しいと感じないのに。
  • 甘さ控えめで、ほろ苦みが際立つ香ばしいコーンとの組み合わせなのに。

美味しい。

f:id:mousouryoku:20190416170845j:plain

この美味しさの「根底」には、ミントアイスが美味しいという事実がある。

爽快な清涼感「なのに」食べやすいミントアイスが、そもそも美味しいという事実が、ある。

これはリピート確定。

チョコミント苦手「なのに」リピート確定。

  • 食べやすいチョコミントからの。
  • 強いチョコミント(我慢出来るレベル)からの。
  • チョコミントじゃないミントコーンからの。

最後の一口にはチョコがぎっしり。

f:id:mousouryoku:20190416170930j:plain

『また買う!チョコミント苦手だけど!』

チョコミント初心者から上級者までオススメしたい。

これは素直に美味しい、とオススメしたい。

明治「チョコミントコーン」は、チョコミント苦手な筆者でもオススメしたくなるほどの美味しさである。

最後に

 

f:id:mousouryoku:20190416165903p:plain

食べる前にパッケージの商品名が、

  • チョコ
  • ミント
  • コーン

と、3段階に分かれているのが気になって。

食べた後に、『チョコミント「と」ミントコーンが楽しめるからなのでは?』と、思いついた事だけは秘密にしておきたい。

それでは

ん~!良い人生を!