妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

セブンの「金の最中」あずきが美味し過ぎる!和の甘さを求める全ての人に食べて欲しいアイスモナカ。




ここまで発売前から「どうしようもなく」食べたくなったアイスは、珍しい。

発売されたのが2019年4月23日で。

2019年5月末までに「エリアを分けて」全国展開するという話を聞いて、自分の住むエリアにいつ入荷があるのかドキドキしながら待った。

発売から1週間後に、やっと。

やっと、出会える事が出来た。

セブンプレミアムゴールド「上品な甘さのあずき餡」

金の最中「あずき」。

2019年4月30日現在の販売地域がこちら。

販売地域:東北、東京、神奈川、山梨、長野、近畿、中国(岡山除く) 

当該エリア「以外」の方は、2019年5月末まで首を長くしてお待ちいただきたい。

全力を超える全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしておくので、出会えるまでのお楽しみにして欲しい。

セブンの「金の最中」あずきが美味し過ぎる!

 

f:id:mousouryoku:20190430185004j:plain

お値段は税抜き価格258円。

税込価格で278円。

セブンプレミアムの中でも「最上級」のブランドとして君臨するのが、セブンプレミアムゴールド。

上質な原料、こだわりの技術で「他のアイス」とは一線を画す仕上がり。

同じく、セブンプレミアム「ゴールド」のアイス、金のワッフルコーンの美味しさを知っているからこそ期待値は半端じゃなく高い。

www.mousouryoku.com

リニューアルして「もっと」美味しくなったので、こちらも併せて食べて欲しい。

さぁレビューに戻ろう。

内容量は115ml。カロリーは333kcal。

分類はアイスクリーム。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190430185031j:plain

この商品はセブン&アイグループと森永製菓の共同開発商品です。

金のワッフルコーンは「Sof’(ソフ)」を擁する赤城乳業との共同開発商品で。

金の最中は「チョコモナカジャンボ」を擁する森永製菓との共同開発商品。

餅は餅屋というように、その道の「スペシャリスト」が製造している。

こだわり抜いた素材を、確かな技術を持った会社が、こだわって作り上げるからこそ、セブンプレミアム「ゴールド」として成り立つ。

こだわりの素材は3つ。

f:id:mousouryoku:20190430185250j:plain

  • 北海道産「とよみ」大納言あずき
  • 国産米粉使用もなか皮
  • 和風仕立てのミルククリーム

和菓子専門店と同様の原料とこだわりの技術を採用し、上質な風味のもなか皮や粒感をしっかりと感じられるあずき餡等、専門店さながらの味わいが楽しめる贅沢なアイスクリーム 

アイス「なのに」和菓子。

シンプル「なのに」奥深い和菓子をアイスで表現。

こだわりの素材「と」こだわりの技術で作り上げた、アイスモナカ。

『期待しか、したくない。』

早速、そのお姿を見てみよう。

開封の舞も金の最中にちなんで、華々しく済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20190430185436j:plain

『芸術的・・・!』

優しく香ばしく。

深く甘く。

まるで和菓子のように、優しく強く、奥ゆかしく、甘い香りで。

持っただけで「分かる」ほど、パリッパリの最中生地。

米粉で全体的に「白く」、こんがりとした「きつね色の焼き目」が芸術的に思わせる。

食べるのが「もったいない」と思うのが和菓子の特徴の1つで。

今、目の前にある金の最中「も」強く、もったいないと思わされた。

それでも。

食べて伝えるのが筆者の使命。

まずは「割って」中身をお伝えしよう。

パキッと!

f:id:mousouryoku:20190430185549j:plain

『芸術品。』

驚く程「ザクッ」とした音を立てて、割れて。

  • 断面を見るだけで伝わる、薄い最中生地の「サクサク」感。
  • たっぷりの「ホクホク」としたあずき。
  • 芸術品と見間違うほど「美しく白い」なめらかなアイス。
  • 食感を「豊かに」盛り上げるホワイトチョコレートのコーティング。

食べてしまうのが「もっと」惜しくなった。

惜しくなったけど。

食べなきゃ。

見た目を楽しんだ後には食べなきゃ。

それが和菓子への礼儀だ。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190430185911j:plain

『史上最上級の最中あずき。』

文句なく「今までの人生の中でも」最上級の最中あずき。

  • ザクッと割れた瞬間から優しく香ばしく。
  • 香ばしさにすら「奥深さ」があって。
  • 香ばしさの奥には米粉の優しい風味が豊かに広がって。

f:id:mousouryoku:20190430190058j:plain

  • なめらかなミルククリームのアイスは驚きの口溶けで。
  • 文字通り「クリーム」のように広がって「最中」と「餡」をなめらかに繋げて。
  • 風味は力強く、しっかりとした甘さの餡が、嫌味なく濃厚にお口を支配して。

f:id:mousouryoku:20190430190150j:plain

  • ホワイトチョコレートのコーティングが「別の甘み」を演出して、和の甘さを際立たせながら「くどさ」を打ち消して。
  • 芸術的とも思える「極上の和の甘さ」を堪能した後に、最中生地は「また」主張を始めて。
  • 噛む度に「モチモチ」になる最中生地に、極上の和の甘さが吸収されて。

極上の和菓子を食べた気分を味わえる。

f:id:mousouryoku:20190430190240j:plain

『完成形。』

最中あずきとして「真っすぐ」上位に居るアイスモナカ。

一切のブレもなく「ひたすら」王道感を突き詰めたアイスモナカ。

  • 香ばしい生地の食感。
  • なめらかなアイスの溶け感。
  • あずきのホクホク感。

最中あずきに必要な「要素」の全てが1つ以上、上で。

  • 豊かな風味。
  • ふくよかな甘さ。
  • 嫌味なく残る風味と甘さの余韻。

アイスなのに美味しい和菓子としての「要素」も当たり前のように、兼ね揃えている。

f:id:mousouryoku:20190430190339j:plain

『美味し過ぎる!』

断言する。

これで、このクオリティで300円以下は安い。

安過ぎる。

セブンプレミアムゴールドのアイスは入れ替わりが「激しい」セブンイレブンのアイスコーナーでも長く君臨する。

事実、金のワッフルコーンは長い間、君臨している。

もし。

  • 見かける事があって。
  • 手に取って。
  • 『値段がちょっと高い・・・』と戻さないで欲しい。

手に取ったのなら、和の甘さを「1度」は求めたはずだ。

このアイスにはある。

求めた以上の、極上の和の甘さが、ある。

f:id:mousouryoku:20190430184923p:plain

たったの300円以下。

極上の和の甘さを誇る「最中あずき」を楽しめると考えれば、安過ぎる買い物であることは、アイスを愛する筆者が保証する。

セブンプレミアムゴールド「上品な甘さのあずき餡」金の最中「あずき」は、和の甘さを求める全ての人に、全力で楽しんで欲しいアイスモナカである。

最後に

 

期待以上。

期待を、想像を、軽々と超える美味しさでした。

濃厚「なのに」サッパリとした極上の最中あずきです。

サックサクの最中生地が、最後の方にモッチモチになる食感は感動レベル。

極上の和の甘さと「共に」注目して欲しい。

それでは

ん~!良い人生を!