妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

グリコ「パピコ」白桃が今年はスムージーじゃない件。まるで果肉のようなパピコである。




スムージーじゃない!?ねっとろり食感だと!?

落ち着け、俺。

落ち着いて、グリコ。

毎年この時期の、白桃の、パピコと言えば。

白桃のスムージーじゃないの!?

2019年5月27日に期間限定で新発売。

グリコ「パピコ」白桃。

パピコ史上、最強に好きなフレーバーの、白桃のスムージーが、ただの白桃として登場。

残念な気持ちの方が強いけど、白桃に罪は無い。

全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

グリコ「パピコ」白桃が今年はスムージーじゃない件

 

f:id:mousouryoku:20190527164521j:plain

お値段は「定価で」税抜き価格140円。

税込価格で151円。

お値段は、白桃のスムージーと変わらないお値段。

安売りしてくれるスーパーでは税込95円とかで販売していて。

100円玉1枚で「2つで1つ」のパピコを楽しめる。

少しでもお得に手に入れて欲しい。

内容量は160ml。(80ml×2本)

カロリーは170kcal。(85kcal×2本)

分類は氷菓。

白桃果汁・果肉18%使用。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190527164621j:plain

  • ねっとろり食感&ジューシー果汁感&白桃果肉入り!

驚きの「ねっとろり食感」!

桃特有のねっとり、とろりとした食感が楽しめます。

白桃果肉入り & 白桃果汁20%増量!

f:id:mousouryoku:20190527164708j:plain

『白桃のねっとろり食感推しだけど・・・。』

『果汁20%増量って言うけど・・・。』

『スムージーの文字は、無い。』

『どこを探しても、無いんだ・・・。』

これが。

噂の。

グリコの「告知無し」リニューアルだ。

でも。

まだだ。

スムージーの文字が消えただけで、スムージーらしさは残っている「かも」しれない。

ほんの少しの淡い期待にすがりながら開封の舞を済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20190527164741j:plain

『まだわからん。』

期待「も」不安もたっぷりだ。

美味しい予感だけはビンビンするけど。

白桃「の」スムージーを毎年の楽しみにしている分だけ、違った時の落胆は、きっと大きい。

www.mousouryoku.com

それでも。

それでも、僕は食べる。

わざわざこの記事を、見に来てくれたあなたのために。

食べやすくするための「もみもみ」も全力で済ませた。

食べよう。

美味しい事だけは願って。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190527164838j:plain

『ねっとろり!』

  • スムージー「よりも」ねっとりと。
  • スムージー「よりも」とろりと。
  • 当たり前に「白桃」を全力で主張して。

粒々で、ほんの少し弾力のある果肉の欠片たちが、白桃のパピコの美味しさを真っすぐに押し上げる。

f:id:mousouryoku:20190527164926j:plain

『スムージーじゃない。』

『スムージーじゃないけど。』

『これはこれで美味しい!』

白桃らしく「瑞々しく」真っすぐに甘く。

  • 果肉を優しく濾したような「ねっとり」食感で。
  • アイスとは思えないゆっくりとした口溶けで「とろり」食感を演出して。
  • まるで桃の果肉が「溶ける」だけのような果汁感で。
  • ジューシーに広がった果汁感の中、繊維感のある桃の果肉を優しく噛めば、桃そのもので。

白桃の果汁そのもののサッパリとした甘さが残った時、どこまでも冷たく冷やされた桃にかぶりついた記憶が蘇る。

f:id:mousouryoku:20190527165037j:plain

『これも桃。』

『白桃のスムージーも桃だったけど。』

『これも桃。』

桃の「質」が違う桃。

  • パピコ「白桃のスムージー」は、少し酸味のある桃。
  • パピコ「白桃」は、甘みの強い桃。
  • どちらも「同じ」白桃で。

食感だけで語れば「白桃」の方が、より果肉に近いイメージ。

f:id:mousouryoku:20190527165134j:plain

  • どちらも完成度は高くて。
  • どちらも「強く」白桃を楽しめて。

好みの差でしか語れないと思う。

f:id:mousouryoku:20190527165211j:plain

『別物だけど好き!』

パピコ「らしく」白桃の果肉感を、果汁感を、真っすぐに再現しているパピコ。

パピコ「なのに」白桃のねっとろり食感を見事に再現しているパピコ。

当たり前に。

当たり前以上にパピコらしく、美味しい白桃を楽しめる。

当然のように、この夏に、何度もお世話になると思うパピコ。

後ろ髪を引かれる思いだけど、グリコ「パピコ」白桃も、当たり前以上に美味しい。

最後に

 

個人的には「白桃のスムージー」の方が好みです。

ほんのりとした酸味が甘みを「キュッ」と押し上げる白桃が好きなので。

でも。

これも。

まるで「瑞々しく、真っすぐに甘い白桃」がそのままパピコになっただけです。

桃の品種の違いを楽しむように、今年はこの白桃で、楽しみたい。

それでは

ん~!良い人生を!