妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

明治「チョコミントアイス」パフェは王道すぎるチョコミント。チョコミント苦手な人が全力で食べてみた。




食べる機会が丁度良く、あった。

たまたま「新商品」として並んでたから。

苦手でも「アイスの」新商品として並んでいたから。

『特訓がてら食べてみようか・・・』って、なった。

2019年6月3日に何度目かの新発売。

明治「チョコミントアイス」パフェ。

チョコミントが苦手で、明治のアイスパフェ好きな筆者が全力で頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

明治「チョコミントアイス」パフェは王道すぎるチョコミント

 

f:id:mousouryoku:20190608231823j:plain

お値段は「定価で」税抜き価格140円。

税込価格で151円。

明治の「アイスパフェ」シリーズと言えば、昔からスーパーでも多く取り扱いされていて。

税込100円以下で買えたりと、かなりのコスパを誇る。

チョコレートに至っては、今まで、何度お世話になったか数え切れないほどで。

最早、定番と呼ぶのに相応しい美味しさを誇る。

そんな「明治のアイスパフェ」シリーズのチョコミントも、定番になりつつあって。

2016年5月の発売以来、見かけては「スルー」をし続けてきた明治のチョコミントアイスパフェ。

手に取ったのは、本当にきまぐれで。

大きなリニューアルがあった訳でもなくて。

新商品と書かれた「ポップ」が無ければ、またスルーしてたと思う。

それでも。

手に入れてしまったのだから、全力でレビューは、しよう。

内容量は185ml。カロリーは216kcal。

分類はラクトアイス。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190608231921j:plain

チョコソース&チョコチップ入り

2層仕立てのアイスにソースやチョコチップ、クッキーを組み合わせた、見た目にも楽しくおいしいパフェアイス「明治 チョコミントアイス パフェ」。 

f:id:mousouryoku:20190608231959j:plain

  • ブラッククランチが「見た目の」パフェ感を盛り上げて。
  • チョコソース&ミントアイス「と」チョコチップinミントアイスがアイスパフェ感を演出している、明治の、明治らしいアイスパフェ。

『でもチョコミント。』

大好きな明治のアイスパフェ「なのに」苦手なチョコミント。

気分は完全に複雑である。

『食べなきゃ良いじゃん?』って?

僕も、そう思う。

それでも。

伝える事が、僕の仕事。

苦手だからって逃げるような事はしたくない。

ごくたまに、苦手「なのに」驚くほど美味しいチョコミントがある事を、僕は知っている。

開封の舞も期待半分、不安半分ながら全力で済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20190608232045j:plain

『知ってる王道感なのに・・・。』

『チョコミント・・・。』

『そんなチョコミントにも王道感を感じる・・・。』

  • 嗅ぎ慣れた「香ばしい」ブラッククランチの奥から。
  • 真っすぐな清涼感で鼻をくすぐるミントアイス。
  • 鼻の奥で重なる度に、王道感のあるチョコミントになって。

ひたすらに真っすぐなチョコミントを「香りで」主張している。

『食べるしかない・・・か・・・。』

あまり気は進まないけど。

伝える事が、僕の役目だ。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190608232114j:plain

『ザ・王道!』

お口に入れた時から、強く、ミントで。

  • 清涼な空気感を、一気にお口の中に広げて。
  • ミントアイスらしく爽快に舌の上に広がって。
  • 追いかけるように「しんなり」としたブラッククランチが弾けて。
  • 口溶けの良いチョコソースが、まとわりつくように溶けて。
  • ミントアイスの清涼感を、「どんどん」チョコレートの甘さで上書きして。

キレがあるのに、まろやかなチョコミントを完成させる。

f:id:mousouryoku:20190608232202j:plain

  • 清涼感、甘さ、まろやかさ、キレ。
  • その全てが、チョコミントを形作る要素の全てが、どれか1つが飛び抜ける事なく。

どこまでもバランスの良い、チョコミント「らしさ」を主張する。

f:id:mousouryoku:20190608232240j:plain

『食べやすいチョコミント!』

刺激的なほろ苦みはなくて。

  • ブラッククランチが無くなっても、チョコソースがあれば十分食べやすくて。
  • ミントのキレとミルキーな甘さのバランスが良いミントアイスを、チョコソースが甘く、柔らかいチョコミントに抑えて。

チョコミントらしく真っすぐ爽快「なのに」嫌味を残さない。

f:id:mousouryoku:20190608232342j:plain

『こんなに食べやすかったのか・・・!』

そっか。

明治「の」チョコミントだった。

チョコミント苦手「なのに」感動レベルの美味しさを体験したエッセル「スーパーカップ」チョコミントを作る、明治のアイスパフェだった。

www.mousouryoku.com

思い返してみれば、上層のチョコソース&ミントアイス「の」完成度に近いものがある。

しかも。

アイス「パフェ」らしく、下層はチョコチップinミントアイス。

f:id:mousouryoku:20190608232430j:plain

明治の「美味しい」チョコミントだって知った今なら、味わいの「違う」ミントアイスでも美味しく頂けると、思う。

食べよう。

全力で!

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190608232551j:plain

『おぉっ!けっこう違う!』

『違うチョコミントなのに!』

『どちらも王道感の塊!!!』

上層のチョコソース&ミントアイス「よりも」爽快で。

  • 明確な清涼感の「後に」キレのあるほろ苦みが演出されていて。
  • チョコチップが「全く違う」食感を演出していて。
  • 1つのアイス「なのに」パフェらしく、違う味が楽しめて。

苦手なチョコミント「なのに」楽しい気分にしか、ならない。

f:id:mousouryoku:20190608233411j:plain

  • キレがあるのにまろやかなチョコミント「からの」キレッキレなチョコミントで。
  • チョコミントが苦手なはずなのに「どちらも」美味しく頂けて。
  • 食べ終わってみれば王道感「と」王道感の組み合わせには、満足感しかなくて。

もう少し早く食べておけば良かったなって、今までスルーし続けた事を、少し後悔している。

『名作。』

『王道の名作。』

チョコミント苦手な人が、無理に食べる必要はないけど。

興味のある初心者が、チョコミントを好きになる「きっかけ」とするには十分だと思う。

他社で申し訳ないけど。

赤城乳業の「チョコミント」クールアイスカップの次に、入門編「その2」としてオススメしたい。

www.mousouryoku.com

王道で「食べやすい」チョコミントを求めているのなら。

この明治「チョコミント」パフェも、間違い無く選択肢に、入る。

最後に

 

こういう。

こういう「何気なく」買ったチョコミントのアイスが美味しいと、得した気分にしかなれなくて。

『チョコミントって美味しいよね!?』って全力で叫びたいけど。

見事に返り討ちにされるチョコミントも多くて。

苦手意識は、拭いきれなくて。

修行がまだまだ必要だと、思う。

それでも。

こういう「美味しい」チョコミントに出会えるから。

これからも苦手意識は持ったまま、挑戦し続けたいと思う。

だって、苦手だからこそ伝えられる事があるはずだから。

それでは

ん~!良い人生を!