妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

森永乳業「MOW(モウ)宇治抹茶」夏季限定が恒例のリニューアル。2種の香り豊かな抹茶が奥深い抹茶を演出する。




毎年の楽しみの1つ。

同じ抹茶「なのに」味わいがまるで違う抹茶が楽しめる。

それがモウの宇治抹茶で。

その時期、その時期で「美味しい」宇治抹茶のアイスが楽しめる事は、幸せでしかない。

2019年6月12日に「毎年恒例のリニューアル」をして新発売。

森永乳業「MOW(モウ)宇治抹茶」夏季数量限定。

夏に合う「モウの宇治抹茶」を全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

森永乳業「MOW(モウ)」宇治抹茶「夏季限定」が恒例のリニューアル

 

f:id:mousouryoku:20190616133822j:plain

お値段は「定価で」税抜き価格140円。

税込価格で151円。

2019年3月の各アイスメーカーの一斉値上がりを受けて、去年の発売時よりも10円お高い定価。

www.mousouryoku.com

安売りしてくれるスーパーで、発見できて。

去年は税込95円で、1コインで買えたアイスが、今年は税込105円になっている事を思うと、値上がりの影響を明確に感じる。

それでも。

美味しいアイスを食べ続ける事が出来るのなら。

泣きながらも、喜んで払おう。

内容量は140ml。カロリーは208kcal。

分類はアイスミルク。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190616134015j:plain

2種の抹茶の風味が楽しめる、 夏だけの味わい。 

2種の「変化する」抹茶の味わい

旨み・渋みが広がる抹茶と 香りが広がる抹茶の2種類の抹茶アイスを使用し、 食べ進めるごとに変化していく 本格的な抹茶の味わいが楽しめます。

f:id:mousouryoku:20190616134037j:plain

  • 2019年の夏の「モウ」宇治抹茶は。
  • 2種の香り豊かな抹茶を。
  • モウのミルキーなコク「と」楽しめる。

『今年も期待できそうだ!!!』

早速、そのお姿を見てみよう。

開封の舞も夏らしく爽快に済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20190616134113j:plain

『2種・・・!』

思わず息を呑んだほど「美しい」2色の抹茶が織り成すグラデーション。

旨み・渋みを主張する抹茶「と」香りを主張する抹茶の共演。

そんな抹茶たちが、モウらしいミルキーなコクとも共演する。

食べよう。

見惚れてる場合じゃない。

食べ進めるたびに「変化する」抹茶を。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190616134145j:plain

『うまっ・・・!』

分かりやすいモウの、モウのミルキーさ「から」全てが始まる。

  • 舌の上に届いた瞬間から、モウらしい「ミルキーなコク」が広がって。
  • 溶けるたびに清涼感のある抹茶が風味高く、香って。
  • 香ったかと思えば、抹茶の旨みが「グッ」と湧き出て。

たったの1口で魅了されてしまう。

f:id:mousouryoku:20190616134307j:plain

驚きなのは、森永乳業が言う通りの「変化する」抹茶で。

  • 2度と「同じ」バランスの抹茶に出会えないことで。
  • 同じアイスなのに、味わいが「まるで」違う事は、感動的で。

こんなに美味しい抹茶のアイスが、こんなにお手軽に食べれる事に、震える。

f:id:mousouryoku:20190616134340j:plain

  • 濃い色の抹茶が強ければ、旨みからの渋みが分かりやすくて。
  • 淡い色の抹茶が強ければ、清涼感からのほろ苦みが引き立って。
  • 均等に見えても、風味「と」旨み「と」ほろ苦み「と」渋み「と」余韻のバランスは違っていて。

しっかりとしたモウのミルキーなコクをベースにした、どこまでも、文字通りの、奥深い抹茶を楽しめる。

f:id:mousouryoku:20190616134428j:plain

目に見えて「調整」出来るのも、嬉しくて。

求める「味覚」を明確に狙って、すくえるアイスなんて、最高に決まっていて。

自分だけの、最高なバランスを「創れるアイス」なんて、最高オブ最高だと思う。

f:id:mousouryoku:20190616134524j:plain

『今年も美味し過ぎる!!!』

この味わいを味わえるのは、2019年の夏季だけ。

当たり前のように並んでいる「モウの宇治抹茶」だけど。

実は、味わいが全く違うことは、当たり前じゃない。

今「だけ」の美味しさを、楽しんで欲しい。

森永乳業「MOW(モウ)宇治抹茶」夏季数量限定を、全力で楽しんで欲しい。

最後に

 

いつものモウ「宇治抹茶」は、夏季数量限定が並んでいる間は姿を消します。(販売休止)

夏季数量限定をストックしておいて、定番の宇治抹茶が戻ってきたら「食べ比べ」するのも面白いかもしれません。

想像以上に「違う」宇治抹茶たちを、楽しんでみてはいかがでしょうか?

この夏は、夏季数量限定の宇治抹茶で過ごしながら。

それでは

ん~!良い人生を!