妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

ハーゲンダッツ「翠」濃茶が別格な旨さ。大きく頬張って食べて欲しい。




ハーゲンダッツ35周年の特別なおもてなし。

2019年に創業35周年を誇るハーゲンダッツ「ジャパン」。

それを記念して。

日本らしく「和」の。

特別感しかない「上質な素材」を使ったアイスが登場。

2019年7月9日に期間限定で新発売。

ハーゲンダッツ「翠(みどり)」濃茶。

今しか味わえない美味しさを全力で頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

ハーゲンダッツ「翠」濃茶が別格な旨さ

 

f:id:mousouryoku:20190710170424j:plain

お値段は「定価で」税抜き価格324円。

税込価格で350円。

お高めな「いつもの」ハーゲンダッツよりも、少しお高めの値段で。

本当なら店内を2~3周するほど悩むお値段だけど。

35周年のお祝い。

気前よく払ってきた。

安売りしていたスーパーで買った事は内緒。

内容量は100ml。カロリーは220kcal。

分類はアイスクリーム。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190710170613j:plain

濃茶:抹茶の飲み方の一種で、茶道において格の高いおもてなしとされる。

うま味が強くまろやかな風味の上級品の抹茶が多く使われ、素材の味わいがダイレクトに感じられるのが特長。 

『へ~!』

『濃茶って抹茶の飲み方の呼び方なんだ!』

抹茶の味わいを強くしようと単純に配合量を増やすと、 抹茶の苦味が悪目立ちしてしまいます。

この商品のために特別に栽培された、 旨味が強く、苦味が少なめの抹茶を惜しみなく使うことで、 納得のおいしさにたどり着くことができました。

  • 和の、こだわりぬいた素材で。
  • ハーゲンダッツの、こだわりぬいた技術で。
  • 35周年の、特別なおもてなし。

『期待しか、したくない。』

早速、そのお姿を見てみよう。

開封の舞も格式高いイメージで済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20190710171402j:plain

『美しい・・・。』

混じりけなんて存在しない。

真っすぐに。

どこまでも真っすぐに抹茶を主張する、翠。

35周年の特別なアイスだよって言われてるから、

余計に特別なアイスだと感じて。

期待値がどんどん、どんどん、跳ね上がる。

でも。

ハーゲンダッツのカップアイスだから、食べる前にすることは同じで。

端っこのアイスが溶け始めるまでは、じっと我慢。

輝き始めるのを待つ時間さえ、楽しい。

f:id:mousouryoku:20190710171537j:plain

さぁ全ての準備は整った。

食べよう。

ハーゲンダッツ「ジャパン」の35周年を祝う、和のアイスを。

特別なおもてなしの、濃茶のアイスを。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190710171636j:plain

『良い・・・。』

ねっとりと。

  • 舌触りしなやかに、ねっとりと。
  • じわり、じわりと、溶け広がって。
  • 分かりやすく、まろやかで、深みのある風味を演出して。

f:id:mousouryoku:20190710171742j:plain

  • 風味高いまま、しっかりとした「抹茶の旨み」が顔を出してきて。
  • 淹れたての茶葉感がある旨みの中から「ミルキーなコク」も顔を出してきて。
  • 驚く程「旨い」ハーゲンダッツの抹茶のアイスがお口の中で完成して。

f:id:mousouryoku:20190710171830j:plain

  • 分かりやすく舌の上に残り続けるコク「と」旨み。
  • 最後の最後に顔をだす「ほろ苦み」と「ほのかな渋み」を舌の横側で感じて。
  • 濃厚に抹茶を味わったはず「なのに」どこまでも澄んだ気持ちになれて。

心が、穏やかに、なる。

f:id:mousouryoku:20190710171928j:plain

『良い。』

1つ。

分かったことがあって。

このアイス。

多く放り込めば、放り込むほど、分かりやすい。

f:id:mousouryoku:20190710172019j:plain

大きな1口を味わって、余韻までをしっかりと楽しむと、分かりやすい。

  • 風味が「もっと」際立って。
  • 旨みが「舌全体」にまとわりついて。
  • 茶葉感が「分かりやすく」主張してきて。
  • ねっとりと喉を通り過ぎる「満足感」が跳ね上がって。
  • ほろ苦み「と」渋みがアクセントまで押し上がって。

余韻として、ミルキーなコクと濃茶の旨みが「長く」舌の上に残る。

f:id:mousouryoku:20190710172058j:plain

全ての要素が分かりやすく「強調」されるので、1度、試してみて欲しい。

いつもより、大きな1口で食べてみて欲しい。

きっと、驚く。

想像以上の「旨さ」に、驚く。

そこからの「余韻」も、しっかりと楽しんで欲しい。

贅沢な一口、一口をゆっくりと、優雅に楽しんで欲しい。

ハーゲンダッツ「ジャパン」35周年を記念する、

ハーゲンダッツ「翠」濃茶を、和の旨さを、全力で楽しんで欲しい。

最後に

 

『抹茶?』

『そんなに大差ないでしょ?』

そう思った方も居るはず。

違う。

風味・旨み・コク・余韻・甘みのバランス、どれも別格です。

  • さすがハーゲンダッツ。
  • これぞハーゲンダッツ。

35周年を記念する「納得」の美味しさを誇ります。

どうかあなたのお口に届きますように。

それでは

ん~!良い人生を!