妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

【2019年リニューアル】セブンの「北海道産あずき」あずきもなかが、今年も旨い。味わいの変化を楽しんで欲しい。




まただ。また今年「も」リニューアルしてやがる。

発売以来、一体何度の「リニューアル」を繰り返しているのか?

そう。

またリニューアルして新発売。

2019年8月6日に出会えた。

セブンプレミアム「北海道産あずき」あずきもなか。

2019年「も」全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

【2019年リニューアル】セブンの「北海道産あずき」あずきもなかが、今年も旨い

 

f:id:mousouryoku:20190811134833j:plain

お値段は税抜き価格178円。

税込価格で192円。

基本、セブンプレミアムのアイスはリニューアルをしても「大幅な変更」が無い限り、お値段は据え置きの場合が多い。

でも。

このセブンプレミアムの「あずきもなか」の価格は、安定してない。

www.mousouryoku.com

商品名は「全く」変わらないのに、構成は、お値段は、発売される度に変わるイメージ。

今作はどんな仕上がりだろうか?

気になるけど、レビューだけはしっかりとしていこう。

内容量は120ml。カロリーは276kcal。

分類はアイスミルク。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190811135044j:plain

原料に使用しているあずきは「すべて」北海道産です。

『なんだろう。』

『北海道産という言葉の。』

『謎の安心感は。』

北海道産と言うだけで、美味しさへの安心感は「ぐっ」と高まる。

どれだけ偉大な言葉なんだ。

そこに森永製菓の「技術」が加わったモナカアイス。

安心感「しか」感じない。

早速、そのお姿を見てみよう。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20190811135118j:plain

『王道感・・・!!!』

モナカアイスらしく香ばしく。

何も変わり映えしない見た目ではあるけど。

構成が、違う。

中身が、全く違う。

前作は、あずきが分かりやすく「片側に」集中していた。

f:id:mousouryoku:20190811114826j:plain

 今作は、あずきが全体に散りばめられたように控えめ。

f:id:mousouryoku:20190811135214j:plain

目に見えて分かる違いは、たったそれくらいなのに。

味わいは「大分」変わる。

食べよう。

断面を見てしまって以降、食べたい欲求が抑えきれない。

2019年の、セブンプレミアム「の」あずきもなかを食べよう。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190811135326j:plain

『旨っ・・・!』

抜群の王道感。

  • 真っすぐに「旨い」モナカアイス。
  • その味わいは不変で。

結果、どうリニューアルしても、構成が変わっても旨いものは、旨い。

f:id:mousouryoku:20190811135357j:plain

「パリッ!」としたモナカ生地が砕ければ、香ばしさが「強く」広がって。

  • しっとりとしたアイスが広がれば、上品にクリーミーで。
  • 『あれ?ミルクのモナカアイス食べたっけ?』と、思えるほどミルキーさがあって。
  • 溶けるたびに、そのミルキーさは薄れていって。

f:id:mousouryoku:20190811135437j:plain

ミルキーさの「代わり」にあずきが徐々に顔を出してきて。

  • 落ち着いた「あずきの風味」は右肩上がりで。
  • 柔らかい「あずきの甘さ」は右肩上がりで。
  • 存在感のある「あずきのざらつき」は右肩上がりで。

気が付けば「あずきの旨み」に支配されていて。

その、あずきの旨みを「押し上げる」モナカ生地との相性は、相変わらず溜息が出る。

f:id:mousouryoku:20190811135517j:plain

『何が正解か分からない。』

  • そう思えるほど「あずきもなか」の、1つの完成形で。
  • 1つの完成形なんだけど、前作「も」1つの完成形で。
  • どれが一番美味しいなんて、決められそうになくて。

ド定番な味わいのはず「なのに」毎年のリニューアルが楽しみになってしまう。

f:id:mousouryoku:20190811135640j:plain

『旨い事実だけは、変わらない!!!』

最後に補足として、「少しだけ」語ろう。

  • 今作は、ホワイトチョコのコーティングが、いつも以上に良い仕事をしていて。
  • 甘さを高めると同時に、あずきの風味を、あずきの甘さを、際立たせる大事な役目。
  • もちろん、モナカ生地のパリパリ食感を「豊かに」するアクセントにもなっていて。

相変わらずな「完成度」の手助けをしている。

f:id:mousouryoku:20190811135610j:plain

当たり前のように入っているホワイトチョコ「にも」注目して食べて欲しい。

ホワイトチョコのしっかりとした甘み「からの」。

ミルキーな甘さ「からの」。

あずき「本来」の甘さへと進化していく過程を、全力で楽しんで欲しい。

セブンプレミアム「北海道産あずき」あずきもなかは、リニューアルしても。

旨いものは、旨い。

最後に

 

リニューアルしても、味わいに「大差」はありませんが。

粒の大きさや存在感で、好みが分かれると思います。

あずきを、食感込みで「しっかり」と味わいたい方なら、今作は物足りなく感じると思います。

でも。

この味わいが食べれるのは「今」だけです。

あずきが主張し過ぎず、味わいの「変化」を楽しんで欲しい。

完成度の高さ「だけは」、何一つ変わっていないあずきもなかを、全力で楽しんで欲しい。

それでは

ん~!良い人生を!