妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

【2019年】グリコ「パピコ」梨の出来栄えは、大当りである。凍った果肉が超美味しい。




2019年のパピコ「梨」は、梨果肉20%増量。

毎年美味しいのは知っている。

梨の出来栄えによって「毎年」味わいが変わるパピコの梨。

今年の仕上がりも、楽しみだ。

2019年8月12日に期間限定で新発売。

グリコ「パピコ」梨。

当たり前のように全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

【2019年】グリコ「パピコ」梨の出来栄えは、大当りである

 

f:id:mousouryoku:20190816122842j:plain

お値段は「定価で」税抜き価格140円。

税込価格で151円。

ありがたいことに、安売りしてくれるスーパーで出会えて。

税込100円以下で買えた。

あなたも、少しでもお得に手に入れて欲しい。

もうすでに「慣れて」しまっているかもしれないけど、昨年の2018年は「定価」が税抜き130円。

www.mousouryoku.com

安売りしている時に、まとめ買いも視野に入れて「文字通り」少しでもお得に手に入れて欲しい。

もちろん。

1つ食べてから。

今年の出来栄えに納得がいけば、まとめ買いしておこう。

期間限定のアイス全般に言えることだけど。

食べたいと願っても、『どこにも売ってない・・・。』という悲しい現実は、平気で起こる。

出来栄えに納得がいけば、まとめ買いしておこう。※2回目※

内容量は160ml。(80ml×2本)

カロリーは152kcal。(1本当たり76kcal)

分類は氷菓。

梨果汁・果肉14%使用。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190816122916j:plain

みずみずしい梨食感のフローズンスムージー。

梨果肉20%増量。

まるで本物の梨そのままのような、みずみずしい味わいをお楽しみください。 

  • 梨果肉20%増量。
  • まるで本物の梨「そのまま」のような。
  • みずみずしい梨食感の、みずみずしい味わい。

f:id:mousouryoku:20190816122955j:plain

『今年も。』

『美味しい予感しか。』

『しない。』

2018年の梨果汁・果肉は13%だった。

全体では1%しか増えていないのに。

果肉は20%増量。

計算するのに混乱しそうだけど。

答えは単純。

果肉が想像以上に増えた。

これのみ。

さぁ今年も出会おう。

パピコの梨に。

定番に「なった」パピコの梨に。

出会おう。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20190816123021j:plain

『えっ?』

まだ袋から取り出しただけなのに。

フワッと広がる瑞々しい「和梨」の香り。

その香りは一瞬で。

あっという間に消え去る。

これは。

期待値が尋常じゃなく跳ね上がる。

食べよう。

  • キャップを外して。

f:id:mousouryoku:20190816123049j:plain

  • 全体を少し、モミモミして。

f:id:mousouryoku:20190816123123j:plain

  • 「うにゅぅ」っと出てきたら食べ頃。

f:id:mousouryoku:20190816123155j:plain

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190816123351j:plain

『梨です。』

『梨そのままです。』

『なのにパピコです。』

圧巻の完成度。

ひんやりと舌に届けば、瑞々しい梨の果汁が「一瞬で」広がって。

  • ここまでは「知ってる」パピコの梨で。
  • 喉を爽快に「潤す」梨の果汁感は変わってなくて。
  • みずみずしく、舌触りなめらかなフローズンスムージー「も」変わってなくて。
  • フローズンスムージーの中に、存在する「塊」に違和感を覚えて。
  •  シャリッと噛めば「それは」果肉の塊で。

凍っただけの「梨果肉」が瑞々しく弾けて、食感を、風味を、味わいを、『これでもか!!!』と梨そのものに近づけて。

パピコらしいフローズンスムージー「なのに」口どけ良く溶けるだけの、冷たい冷たい梨そのままを演出している。

f:id:mousouryoku:20190816123416j:plain

『今年も。』

『当たり前以上に。』

『美味しい!!!』

しっかりと甘いのに、サッパリとした梨の、果汁本来の味わいを「変わらず」楽しめて。

違いがあると言えば、果肉の塊にフローズンスムージーがまとわりついて、氷感が跳ね上がっているだけで。

その果肉の「塊」の食感が、当たり前に、梨そのままを演出していて。

  • 噛むたびに、甘さを。
  • 噛むたびに、風味を。
  • 噛むたびに、瑞々しさを。

右肩上がりで、果肉「が」フローズンスムージー「の」美味しさを跳ね上げている。

f:id:mousouryoku:20190816123449j:plain

梨らしく。

  • 甘さ「も」風味「も」瑞々しさ「も」どこまでも右肩上がりなのに。
  • フローズンスムージーが消えると同時に、消えて。
  • 梨らしく。

サッパリとした「柔らかい」甘みだけが、残る。

f:id:mousouryoku:20190816123519j:plain

『2019年も。』

『美味し過ぎる!!!』

パピコ「梨」ファンのみんな。

今年「も」美味しい。

今年も当たり前以上に、美味し過ぎる。

いつも通りのフローズンスムージーに支配されている途中で「噛む」梨の果肉は、とてつもなく美味しい事を、全力でお伝えさせて頂く。

2019年のグリコ「パピコ」梨の出来栄えは、大当りである。

最後に

 

昔。

某有名ワインの評価を鼻で笑ってました。

  • 当たり年。
  • 近年稀に見る出来。
  • 50年に1度の出来。
  • 3年前の完成度を彷彿させる出来。

等々。

今、その気持ちが何となく分かります。

同じ品種でも収穫される「果物」は、毎年、味わいが違う。

だったら。

それから作られる「モノ」も毎年、味わいが違う。

そんな感覚。

今年のパピコの梨は、今年しか売ってません。

今だけの味わいを、全力で楽しんで欲しい。

それでは

ん~!良い人生を!