妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

うまかっちゃん「熊本」火の国流とんこつの美味しい食べ方。にんにく好きには絶対に食べて欲しい。即席ラーメンにちょい足しを!



スポンサーリンク



うまかっちゃんシリーズはどれこもこれも美味しい。

その中で「即席ラーメンにちょい足しを!」に情熱を注ぐ筆者が何も足さずに食べて箸を置いてまで唸った「うまかっちゃん」がある。

それが「うまかっちゃん熊本 火の国流とんこつ 香ばしにんにく風味」だ。

f:id:mousouryoku:20180114135452j:plain

長いネーミングはハウス食品の自信の表れだとさえ思う。

そんな完成された即席ラーメンに『ちょい足しをしてもっと美味しく!』とは挑戦的ではあるが「うまかっちゃんの美味しいレシピの1つ」としてお届けしたい。

うまかっちゃん「熊本」火の国流とんこつの美味しい食べ方

 

f:id:mousouryoku:20180114135539j:plain

用意するもの

  • うまかっちゃん熊本 火の国流とんこつ 香ばしにんにく風味:1袋
  • 食べるラー油:桃屋の『辛そうで辛くない 少し辛いラー油』

以上。

うまかっちゃんの美味しい食べ方はこちらから。

www.mousouryoku.com

今回は「ちょい足し」の中でも最高に簡単。

うまかっちゃん熊本を作る「だけ」

f:id:mousouryoku:20180114140734j:plain

  • お湯の量は510から520ミリリットルがオススメ
  • 沸騰したお湯に麺を投入してほぐれたらすぐ止める(目安は1分)
  • 火を止めて魔法の粉を投入
  • サッとかき混ぜて丼へ

お湯の量は若干少ない方がより濃厚さを味わえる。

柔らかめの麺が好きな方も1度は固めを試して欲しい。

 

まだ完成していないのにスパイシーなにんにくの香りにヨダレが湧きだす。

正直この段階でも美味い。

f:id:mousouryoku:20180114140441j:plain

付属の調味料を入れて

f:id:mousouryoku:20180114140704j:plain

うまかっちゃん熊本の出来上がり

f:id:mousouryoku:20180114141111j:plain

ユラユラっとさせて食べるとにんにくの香りが際立つスパイシーで濃厚な味が楽しめる。

f:id:mousouryoku:20180114141452j:plain

初めてうまかっちゃん熊本を食べる人はこのまま食べ進めて頂いても満足出来る。

約束する。

とんこつ特有の臭みは一切なくスパイシーなにんにくの風味を思う存分楽しんで。

 

ここから。美味しいレシピはここから。

にんにく好きは必見。

  • 桃屋の『辛そうで辛くない少し辛いラー油』を投入

f:id:mousouryoku:20180114142326j:plain

  • ラー油をよく混ぜて2杯

f:id:mousouryoku:20180114142456j:plain

f:id:mousouryoku:20180114142701j:plain

  • 全体に混ぜる

f:id:mousouryoku:20180114142753j:plain

  • 食べる

f:id:mousouryoku:20180114142835j:plain

美味しい!!!

断言する。

にんにくの風味が更に増して「少し」辛いラー油が濃厚なスープに絡んだ時、にんにく好きのあなたは幸せになれる。

食欲をかきたてるにんにくのスパイシーな香りは一切損なわず食欲を増加させる「少し」の辛味で完食はすぐ。

にんにく好きは今すぐ、にんにくが苦手な方も1度は冒険してみてはいかが?

自家製の食べるラー油だと辛すぎて紹介出来るものでは無かった。

だから桃屋の『辛そうで辛くない少し辛いラー油』をオススメしたい。

「少し」辛いのが抜群に相性が良いから。

最後に

 

次回はこれに合うトッピングも考えて書きたいと思います。

味が最高なので後は食感を豊富にするとどうなるかかが今一番の楽しみ。

多分、太もやしを加えるだけで十分とは思いますが、そうするとお湯の量と食べるラー油の量も調整しないといけないなぁっと。

公開するかどうかは完成度次第。

それまでこちらのレシピを1度でも試して頂けたらと願って。

それでは

ん~!良い人生を!