妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

ハーゲンダッツの「3種のベリーのレアチーズ」クリスピーサンドが美味しい。レアチーズ嫌いでも美味し過ぎる。



スポンサーリンク



『レアチーズ嫌いの私がこんなに美味しく感じた事はない!』

2018年3月27日。

ハーゲンダッツの新作

『3種のベリーのレアチーズ~ベリーとビーツのウエハースと~』クリスピーサンドが期間限定で発売された。

筆者はスイーツ好きだがレアチーズ味のものは「好んで」選ばない。

むしろ苦手な部類である。

そんな筆者があまりの美味しさに無言で食べ進めた。

レアチーズ嫌いのみなさんに『食べないと損ですよ!』とまで言い切りたいハーゲンダッツの新作のレビューの始まり。始まり。

ハーゲンダッツの「3種のベリーのレアチーズ」クリスピーサンドが美味しい

 

f:id:mousouryoku:20180327125047j:plain

春の色。ピンク。スイーツ紳士に購入を戸惑わせる鮮やかな色はスーパーのセルフレジはありがたい。

速やかにお会計を済ませて帰宅。

そして開封の舞。

ハーゲンダッツの高級感ある箱を開けるのはいつもワクワクする。

f:id:mousouryoku:20180327125635j:plain

開封!2回目!

f:id:mousouryoku:20180327130010j:plain

ベリーとビーツを使ったウエハースの色は「春」しか感じない。

いつもならここで即座に『いただきます!』をするけど今回はさすがに戸惑う。

レアチーズ苦手だから。

大きく深呼吸をしてから。覚悟を決めて。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20180327130336j:plain 

クリスピーの「サクサク」とコーティングチョコの「パリパリ」と「滑らか」なアイスが生み出す『幸せの食感』はハーゲンダッツのクリスピーサンドだけで味わえる。

問題は味だ。

大きくかぶりついた。覚悟を決めて。

最初に言っておきます。『美味し過ぎた!』と。

フワッとサクサクのクリスピーの香ばしさを味わってからストロベリー感が強いコーティングの中から現れるレアチーズのアイス。

苦手なレアチーズ感は「しっかり」とある。でも全然「嫌」じゃない。

爽やかな後味でむしろ美味しい。

『何でだ?』

3種のベリーの甘酸っぱさに救われてるのか?でも強いベリー感はまだ感じていない。

調べて分かったのがレアチーズのアイスを爽やかに感じたのはレモン果汁のお蔭。

舌で感じるレベルのレモンの酸味は無い。無いけどしっかりと仕事をしているのが分かる。

だってレアチーズ苦手な筆者が『何でこんなに美味しいんだ?』とクエスチョンマークを浮かべながら無言で半分も食べてしまったのだから。

『あっ!レビューしなきゃ!』と思い出した時には3種のベリーのソースも楽しんでいた。

f:id:mousouryoku:20180327132017j:plain

半分近く食べた場所に大量に現れる3種のベリーソースがレアチーズ感を無くすどころか加速させる。なのに美味しい。不思議。

『どのソースがストロベリーでラズベリーでクランベリー?』とかどうでも良いくらい無我夢中になれる美味しさ。レアチーズ嫌いなのに。

濃厚なのに後味サッパリでごちそうさま!

『リピート確定!レアチーズ嫌いな家族にも絶対食べさせる!』

最後の2口目辺りで帰宅したレアチーズ嫌いの息子に1口おすそ分け。

『苺とレアチーズの味!普通に美味しい!』

ちょっと家族全員分のハーゲンダッツ「3種のベリーのレアチーズ」クリスピーサンドを買いにまたスーパーへ行ってきます。

最後に

 

美味し「過ぎ」ました。

レアチーズ嫌いなのにレアチーズを全力で楽しめました。

味付けによってレアチーズがこんなに美味しく食べれると知れたのはハーゲンダッツのお蔭です。

『一生ハーゲンダッツのアイスを食べる。』

そう決意したレアチーズ嫌いをほんの少し克服した昼下がり。

レアチーズ嫌いのあなたも1度は冒険してみてはいかが?

それでは

ん~!良い人生を!