妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

セブンの「まるで和梨を冷凍したような食感のアイスバー」の美味しい食べ方。美味し過ぎる「まるでシリーズ」の新作。



スポンサーリンク



セブンイレブンの「まるで」シリーズの最新作。

「まるで和梨を冷凍したような食感のアイスバー」が美味し過ぎた。

「まるで」シリーズは過去にも販売されていてその都度感動をしていたけど記事にするのは今回が初めて。

置かれてる期間は最新作が出るまでか数量限定なので売り切れたらお仕舞。

だからあまり書きたくなかった。

だって売切れ続出したら筆者の分が減っちゃうから。

でも2018年4月16日の発売からもう5本は食べて満足したので書こう。

全力でレビューして美味しさをお届けするために。

セブンの「まるで和梨を冷凍したような食感のアイスバー」の美味しい食べ方

 

f:id:mousouryoku:20180428140313j:plain

お値段は税込み140円。

買える場所は当然セブンイレブンだ。

『140円で高級なフルーツをアイスにしただけの美味しい食べ物が食べれる』と聞いたらその安さがお分かりいただけるはずだ。

それでは開封の舞を済ませてから。

開封!

f:id:mousouryoku:20180428141030j:plain

あまーい香りがお口の中の水分を補給する。

まるでフルーツの「蜜」が溢れ出てきているような「甘く瑞々しい香り」とお伝えすれば分かりやすいだろうか?

もう我慢なんてしてられない。アイスだから溶けちゃうし。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20180428141312j:plain

「まるで和梨を冷凍したような食感」はまるで和梨を冷凍したような食感のアイスバーの商品名通り。

シャキッと言うよりは「しんなり」強めのシャキ感。

噛んだ瞬間から瑞々しさ全開のまるで本物の和梨感はいつ噛んでもヤミツキだ。

f:id:mousouryoku:20180428141646j:plain

普通に噛んで食べても美味しい。

美味しいけど5本を全力で食べて研究した「まるで和梨を冷凍したような食感のアイスバー」の美味しい食べ方を紹介したい。

食べ方はシンプル。

  • 限界まで歯は使わずお口の中で転がし瑞々しい和梨を思う存分に堪能してから噛む

これだけ。

それでも噛んだ時に商品名の通り「まるで和梨を冷凍したような」シャキっとした食感は楽しめる。

噛んでからあふれ出す本物さながらの果汁の甘味がお口一杯に広がった時が美味しさのピーク。

本物の和梨が溶けて消えていく感覚は1度は味わうべきだ。

最後に唇をペロっと舐めて果実を丸ごとかぶりついた時と同じ「甘さ」を楽しむ。

後味はどこまでも爽やかなのにまるで果物を食べたような満足感のある甘味は余韻としては最高レベル。

『美味し「過ぎ」る!』

噛まないでゆっくり食べる事で少し溶けて「蜜」感が増した下の部分を食べるとあなたは笑顔になる。美味しさで。絶対。

f:id:mousouryoku:20180428143003j:plain

次回の「まるで」シリーズが出るまで後何本食べれるのか?

それが筆者の「今」最大レベルの関心事。

あなたもセブンイレブンの「まるで和梨を冷凍したような食感のアイスバー」で笑顔になりませんか?

フルーツ好きもアイス好きも喜ぶ「まるでシリーズ」が美味しい。

「まるで和梨を冷凍したような食感のアイスバー」が美味し過ぎる!

最後に

 

前作の「まるでメロンを冷凍したような食感のアイスバー」の発売日が2018年3月19日。

今作の「まるで和梨を冷凍したような食感のアイスバー」と入れ替わる経過をセブンイレブンに通い詰めて見てきて、発売から1ヵ月は置いていると思われます。

数量限定なので売り切れない限り。

アイスのスペースを大きく取っている店舗なら2種同時に並んでた光景も見ました。

そう考えると売り切れない限りは少なくとも1カ月半は置いていると推測できます。

「まだ」間に合います。

あなたも「まるでシリーズ」の虜になってみませんか?

それでは

ん~!良い人生を!