妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

あいすまんじゅう「さくらんぼ」が美味しい。さくらんぼで夏感を感じてみませんか?



スポンサーリンク



夏が好きだ。夏を感じれるアイスが沢山食べれるから。

2018年5月21日。

初夏にはまだ少し早いけど日差しは夏感を帯び始めている。

そんな日に丸永製菓より新発売された。

あいすまんじゅう「さくらんぼ」

全力で美味しく頂いたので全力でレビューしていこう。

あいすまんじゅう「さくらんぼ」が美味しい

 

f:id:mousouryoku:20180521125240j:plain

お値段は定価で税込140円。

スーパーで買ったので税込95円で買えた。幸せ。

今さら「あいすまんじゅう」の説明は必要ないと思うけど昔からある定番のアイス。

まだ食べた事が無い人はすぐに食べた方が良い。

アイスなのにおまんじゅう。おまんじゅうなのにアイス。

この感覚は食べた人だけが分かる特権だ。

「しっとり」とした優しい甘さのアイスから溢れる「なめらか」なあんこの強い甘味。

その2つがお口の中で重なって「まるでおまんじゅう」のように変わっていく感覚を1度は味わうべきである。

熱く語ってしまった。開封の舞にもつい、熱がこもる。

開封!

すると同時に昔懐かしいアイスの香りとほのかに香るさくらんぼ。

期待して良いのね?

f:id:mousouryoku:20180521130658j:plain

『これ!この無骨な飾らない姿が愛おしい!』 

でもいつもと違う。

妻の握りこぶしを感じる「ほんのりさくらんぼ色」がこれまた愛おしさを加速させる。

食べよう。全力で。それが儚く溶けてゆくアイスへの礼儀だ。

いただます!

f:id:mousouryoku:20180521131245j:plain 

さくらんぼを遠いようで近くに感じれる優しい「しっとり」とした食感の優しい甘さのアイス。

そこから溢れ出てくるさくらんぼのソース。

f:id:mousouryoku:20180521132326j:plain

『甘酸っぱさ。全開!』

幸せのしかめっ面である。

一番上に「さくらんぼのソース」がぎっしりで最初の一口はさくらんぼ感だらけの甘酸っぱさが楽しめる。

『さくらんぼはやっぱり美味しい!』と再認識するのに十分なさくらんぼ感がたまらなく美味しい。

さくらんぼ感で満たされた後もあいすまんじゅう「さくらんぼ」を全力で楽しもう。

「さくらんぼのソース」は減っていくけど大丈夫。

f:id:mousouryoku:20180521131608j:plain

美味しい食べ方としてどちらかに偏っている「さくらんぼのソース」が舌の上になるようにして食べ進めるとさくらんぼ感は長続きする。

ほのかなさくらんぼ感を感じるしっとりアイス「からの」甘酸っぱさ全開のチェリーソース「からの」なめらか過ぎる強い甘味のあるあんこを大きくお口に放り込んだ時。

『そこ。そこが美味しさの最高潮。』

「甘酸っぱさ」で幸せのしかめっ面から「甘い」あんこでおまんじゅう感を全力で楽しもう。

強くなり「過ぎ」たあんこの強い甘味も残ったさくらんぼの甘酸っぱさが優しく包み込む。

『好き!』

残念な事に食べ進めるとチェリーソースは消えてなくなり中身はあんこのみになる。

f:id:mousouryoku:20180521132147j:plain

でも安心して欲しい。

ソースが無くなってもあいすまんじゅう「さくらんぼ」の輝きは失われない。

アイスなのにおまんじゅう。おまんじゅうなのにアイス。

なのにさくらんぼを遠くに感じれる。

まるで上品なさくらんぼの和菓子を食べている感覚を全力で楽しんで。

あんこの強い甘味も最後に「分厚く」残るさくらんぼのアイスのお蔭で優しい甘さでごちそうさまが出来るのも嬉しい。

あなたも味わってみませんか?

さくらんぼ感が美味しい「まるでおまんじゅうのような」丸永製菓のあいすまんじゅう「さくらんぼ」を。

最後に

 

この商品には洋酒が入っています。

お子様やアルコールの弱い方はお気を付けください。

※アルコール分は0.1%未満です。

パッケージの裏側に書いてある通りアルコールを使用しています。

全ての人におすすめ出来ないのが残念ですが大人なあなたは「1度」試してみてはいかがでしょうか?

「アイス」なのに「おまんじゅう」なあいすまんじゅうを。

それでは

ん~!良い人生を!