妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

井村屋「たい焼きアイス」が美味しい。えっ?まだオーブンで温めないで食べてるの?



スポンサーリンク



長年愛されているアイスは美味しいに決まってる。

あずきバーで有名な「井村屋」の長年愛されているアイスは美味しいに決まっているじゃないか。

そんな「定番の」アイスがリフレッシュして新発売された。

2018年9月3日発売。

井村屋「謹製」たい焼きアイス。

いつ食べても美味しい「定番の」アイスを全力で味わった。

美味しい食べ方を添えて全力でレビューをしていこう。

井村屋「たい焼きアイス」が美味しい。えっ?まだオーブンで温めないで食べてるの?

 

f:id:mousouryoku:20180920113535j:plain

お値段は定価で税抜き価格130円。

税込価格で140円。

見れば分かる、持てば「もっと」分かるパンパン具合。

袋に空気を注入して中のたい焼きが崩れないようにしている工夫は井村屋の「愛」の証である。

内容量は130ml。カロリーは288kcal。

分類はアイスミルク。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20180920114038j:plain

早速、開封の舞へ移りたいところだが「もっと」美味しく食べるためには「ある作業」をしなければならない。

早速その作業を紹介していこう。

  • 井村屋「たい焼きアイス」の美味しい食べ方

と嬉しそうにこんな事を書いているけど、昔から有名な食べ方だ。

だけど、その「効果」は抜群で、美味しさを何倍にも跳ね上げるのでやらない理由は、無い。

手順は簡単。

  • 1.アイスを冷凍庫から取り出す「前に」オーブントースターを温めておく
  • 2.しっかりと予熱をして1000w(ワット)で40秒温める

完成。

f:id:mousouryoku:20180920121407j:plain

たったこれだけの作業で「たい焼きアイスのもなか皮」はパリパリのサクサクになり、チョココーティングがほんの少し溶けて、「井村屋のつぶあん」と絡みつきやすくなる。

f:id:mousouryoku:20180920122714j:plain

たい焼き「らしさ」も加速するのでお家で食べる機会があればやってみる価値は、有る。

よし!美味しい食べ方をお伝えした所で食べよう。

さっきから香ばしい「最中」の香りが食欲を刺激するんだ。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20180920123111j:plain

『パリッ!』

噛んだ瞬間から香ばしい最中の香りに包まれる。

  • 噛む度に「サクッサクッ」と音を立てて割れるたい焼きの皮はどこまでも香ばしく
  • 割れた瞬間からチョコレートが絡みつき
  • すぐにつぶあんと重なり合う
  • チョコとつぶあんはぶつかることなく、お互いの美味しさを跳ね上げる

香ばしく、甘く、優しく甘く。

そんな「たい焼き感」を楽しんだ「すぐ後に」冷たいバニラアイスが登場。

  • 香ばしいたい焼きは「瞬間的に」アイスへと早変わり
  • なめらかなバニラアイスはクリーミーでサッパリながら存在感の塊
  • 噛み重なる度にチョコとつぶあんの主張と融合していく

噛む度に香ばしく、重なる度にお口の中で「たい焼きアイス」が完成に近づく。

f:id:mousouryoku:20180920124931j:plain

そう。完成に近づくのだ。

放り込んだ一口の後半に「井村屋のつぶあん」は最大限に主張する。

  • 最中の香ばしさが消える度に。
  • 甘いチョコが消える度に。
  • クリーミーなバニラアイスが消える度に。

しっかりと「甘い」つぶあんが主張をする。

文字通り「右肩上がり」でつぶあんらしい、つぶあんの美味しさを!

  • 和の甘さタップリに
  • 小豆の荒く濾したザラザラ感を
  • 大粒の小豆のプニプニ感を

最後の最後に主張してお口の中で「たい焼きアイス」が完成する。

『美味し「過ぎ」る!!!』

もちろんしっぽの先まで「あんこ」はたっぷり。

f:id:mousouryoku:20180920132025j:plain

頭から食べても、しっぽから食べてもどちらからでも楽しめる。

あなたはどっちから食べたい?

井村屋「たい焼きアイス」を。

最後に

 

f:id:mousouryoku:20180920121747j:plain

もちろん、オーブントースターで温めなくても美味しい。

少し「しんなり」とした最中はモチモチ感を楽しめる。

たい焼きのようなパリパリ感はチョココーティングが担ってくれます。

お好きな方で楽しんで欲しい。

どのみち美味しい事に変わりは無いのだから。

それでは

ん~!良い人生を!