妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

グリコ「パリッテ」チョコミントをパリッテ好きのチョコミントが苦手な人が食べたレビュー。これは美味しい。




10年くらい前に見た記憶がある。

もちろん食べてないけど。

調べてみたら初めて登場したのは、2008年の発売で。

そこから目立った記録は、記憶は、僕の頭の中にはない。

2019年7月2日に期間限定で新発売。

グリコ「palitte(パリッテ)」香るチョコミント。

チョコミント苦手だけど。

パリッテを愛しているから。

全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

グリコ「パリッテ」チョコミントをパリッテ好きのチョコミントが苦手な人が食べたレビュー

 

f:id:mousouryoku:20190704130556j:plain

お値段は「定価で」税抜き価格180円。

税込価格で194円。

多くのお店を駆け回り、ツイッター等で多くの情報を集めたけど、販売してあるお店はローソンだけで。

公式な商品として掲載されているのもローソンしかなかった。

※2019年7月4日執筆時※

もしかしたら、ローソン「先行販売」、もしくは「限定販売」の可能性もある。

どのみち期間限定なのは間違いがなくて。

パリッテ好きで、チョコミント好きなあなたが食べ逃さない事を、願う。

内容量は170ml。カロリーは303kcal。

分類はアイスミルク。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190704130640j:plain

パリパリ食感のチョコが中までたっぷり入っています。

チョコ・ミント・アイス・ワッフルコーンが織り成すおいしさが、最後の一口まで楽しめる香ばしいワッフルコーンアイスです。 

f:id:mousouryoku:20190704130701j:plain

  • さわやかなミントアイスがぎっしり
  • 香ばしいワッフルコーンの内側をチョコでコーティング
  • 中までパリパリ食感のたっぷり詰まったパリッテらしいチョコ

『僕は、完食しきれるだろうか・・・?』

正直に話すと、チョコミントは未だに苦手の部類。

なのに。

食べようと思ったのは、パリッテだから。

パリッテのチョコレートが好きだから。

苦手だけど、パリッテなら食べ逃したくないじゃないか・・・!

開封の舞も複雑な気分だけど、全力で済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20190704130739j:plain

『まだ出会えない。』

パリッテらしくアイスを、ワッフルコーンを、守るためにパンパンに膨らんだ袋を開封しても。

すぐには出会えない。

心の準備が整い切っていない僕には、ありがたい仕様。

心を少し落ち着かせて。

2回目の。

開封!

f:id:mousouryoku:20190704130805j:plain

『香るミント!』

清涼に。

まっすぐな爽快感を、パリッテらしくなく、主張する。

これは。

ミントがとてつもなく強そうだ。

それでも。

食べるしかない。

僕は、伝える事が、仕事だ。

パリッテ「らしい」パリパリのチョコが変わらず活躍してくれると信じて。

全力の。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190704131048j:plain

『超爽快!』

いつもの「パリパリパリッ」と言わせながら砕けるチョコの食感。

  • パリパリ食感が残ったまま、パリッテらしくない爽快感が舌に降りてきて。
  • 溶け広がるたびに、右肩上がりに主張し始めるミント感。
  • ミントらしく強く、真っ直ぐに爽快な清涼感「なのに」嫌味や雑味はなくて。

f:id:mousouryoku:20190704130918j:plain

  • 鼻通りの良い「キレッキレ」のミントを、ほろ苦みを徹底的に排除したような真っすぐなミントを、惜しみなく主張して。
  • 甘ったるさとは程遠く、文字通り「スーッ」と消えて。
  • 最後まで「パリパリ」で、優しい甘さのチョコレートへバトンタッチして。

真っすぐな清涼感を味わったはず「なのに」パリッテらしい甘さで、1口が終わる。

f:id:mousouryoku:20190704131116j:plain

『これ。好きなチョコミントだ・・・!』

苦手なのにチョコミントに挑戦し続けるのは訳があって。

時折、チョコミントの垣根を超えた「美味しいアイス」に出会えるから挑戦は止められない。

真っ先に思い浮かんだのは同じグリコのチョコミント、ジャイアントコーン「大人のチョコミント」で。

www.mousouryoku.com

キレッキレで「雑味」が少ないミントアイスは、美味しく食べれる事をこのアイスで知った記憶。

でも。

チョコレートの美味しさで、味わいは「全くの別物」になる事は、パリッテ「チョコミント」が教えてくれて。

今、少し、感動している。

f:id:mousouryoku:20190704131151j:plain

残るは、ワッフルコーンとの相性のみ。

もう恐怖心は消えた。

ワッフルコーンと組み合わせる事で、味わいがどう変化するのかが、楽しみで仕方がない。

ノリノリで。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190704131222j:plain

『大分違う・・・!』

真っすぐな清涼感は、ワッフルコーンの温かみで「鈍化」したような気がする。

  • その「鈍化」は、悪い意味じゃなくて。
  • ワッフルコーンが砕けるたびに、香ばしさが「ふわっ」「ふわっ」と広がって。
  • あれだけ真っすぐだった清涼感に、まろやさが加わって。

ワッフルコーンの旨み「も」分かるチョコミントが、楽しめる。

f:id:mousouryoku:20190704131252j:plain

『一体感が増した・・・!』

個々の味が分かりやすく主張する一体感。

  • チョコの優しい甘み。
  • まろやかになったミントのキレ。
  • 香ばしいワッフルコーンの旨み。

それぞれが、パリッテらしい食感で「等しく」主張する一体感。

f:id:mousouryoku:20190704131326j:plain

『これだからチョコミントに挑戦し続けるのを止められない。』

『チョコミント苦手なのに。』

『止められない。』

これは、美味しい。

  • グリコらしい「キレ」のあるミントアイスが、パリッテのアイスになっただけだ。
  • パリッテらしさは一切失われず、キレッキレのミントアイスで作り上げただけだ。
  • パリッテは好きで、チョコミントが苦手な人が食べた結論は。

これは、美味しい。

グリコ「palitte(パリッテ)」香るチョコミントは、美味しい。

最後に

 

チョコミントが苦手な人でも「好み」があるように。

チョコミントが好きな人でも「好み」があると思います。

このパリッテ「チョコミント」は、雑味の少ないキレッキレのミントアイスです。

甘ったるいチョコミントではないです。

加えて、ワッフルコーンと重ねる事で、まろやかなキシリトール感が湧いてきます。

チョコミント好きの方の、何かの参考にでもなれば、嬉しい。

それでは

ん~!良い人生を!