妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

井村屋「輪切りパインアイス」が硬い。その硬さの先にある美味しさは昔も今も鉄板である。




さすが井村屋。硬さが半端じゃない。

でも。

嫌いじゃない。

むしろ好き。

久しぶりに出会えて。

久しぶりに全力でかぶりつこうって思った。

井村屋「果肉入り」輪切りパインアイス。

当たり前のように全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

井村屋「輪切りパインアイス」が硬い。その硬さの先にある美味しさは昔も今も鉄板である。

 

f:id:mousouryoku:20190728144121j:plain

お値段は「定価で」税抜き価格110円。

税込価格で118円。

2019年の3月に値上がりして以降、初めてお店で出会えて。

出会えたのは、偶然立ち寄ったセブンイレブンで。

久しぶりに店頭で出会ったパッケージに、なぜか新鮮さを覚えて。

味の記憶は鮮明に残っているのに、どれだけ出会う機会がなかったのか、不思議で仕方が無い。

尚、公式の通販だといつでも買える。

www.imuraya.co.jp

30個入りのみの販売で、一般の家庭では消費するのに時間がかかってしまうけど。

どうしても食べたいけど、近所に売っていない時の、最終手段として知っておいて欲しい。

もし、安売りしてくれるスーパーで出会えたなら、まとめ買いする事を当たり前に推奨しておこう。

内容量は83ml。カロリーは68kcal。

分類は氷菓。

果汁10%・果肉20%。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190728144147j:plain

果肉が入って「さらに」おいしくなりました。

知ってる。

記憶は定かじゃないけど、随分前に果汁40%から、今の形になった事だけは覚えてる。

  • 長年愛されているはずなのに。
  • 小さい頃から食べているはずなのに。
  • 美味しさは熟知しているはずなのに。

毎年食べている記憶は、ない。

何とも不思議な感覚である。

見たい。

久しぶりのそのお姿を、輪切りパインアイスのお姿を、見よう。

開封の舞も給食の時に「輪切りパイン」が出た時のようなテンションで済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20190728144216j:plain

『いつまでも変わらないお姿。』

当たり前にパインがパインらしく香って。

冷たく凍った「だけ」の冷凍パインのようで。

美しいほど丸いドーナッツ型のパインアイスを見るだけで、風味も、食感も、味も、溶け感も、簡単に脳内で再生できる。

f:id:mousouryoku:20190728144243j:plain

食べよう。

袋のまま好きな大きさに割って「から」食べるのも良いけど。

f:id:mousouryoku:20190728144316j:plain

少し溶かして「から」食べるのも美味しいけど。

『硬い!』と、思えるくらいの方が、井村屋のパインアイスらしい。

※お召し上がりの際、歯の弱い方はご注意ください※

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190728144345j:plain

『何も変わってない!』

『相変わらずシンプルで。』

『美味しい!!!』

呆れるほど「硬い」最初の1口。

  • 少し角度を変えながら、かみ砕く作業は、楽し過ぎて。
  • シャリシャリシャリッと千切れた瞬間は、快感で。
  • 冷たく冷凍された「だけ」のパインの欠片が飛び込んできて。

昔から何一つ変わらない、シンプルで美味しいパインを主張する。

f:id:mousouryoku:20190728144445j:plain

最初の1口を突破すれば、残りはとてつもなく食べやすくなって。

まるで冷凍カットパインを「自分の好きな大きさ」で、噛み千切るように食べれる。

f:id:mousouryoku:20190728144533j:plain

その味わいは、輪切りの冷凍パインそのもので。

  • そのもの「なのに」本物の冷凍パインよりもクセになるのは当たり前で。

アイスだからこその溶け感は、美味しさは、パインアイスでしか演出できない。

f:id:mousouryoku:20190728144703j:plain

噛んだ瞬間は冷凍パインそのものな食感なのに。

  • ありえないほどの速度で溶け広がって。
  • その冷涼な甘さは、冷凍パイン「よりも」キレがあって。
  • 後に引かないサッパリとした果汁感を「分かりやすく」主張して。

最後までお口に「残る」歯応えを意識した果肉たちにバトンタッチする。

f:id:mousouryoku:20190728144753j:plain

アイスらしい「冷たく、キレのある甘さ」に支配された中で果肉を噛めば、

当たり前にパイン感は右肩上がりで。

  • 軽快な果汁感「から」ジューシーな果肉感に変わる過程は、舌の全神経を集中させるべきで。
  • 甘さ「と」酸味のバランスの頂点は、ここがピーク。

井村屋の「果肉入り」輪切りパインアイスでしか演出できない美味しさを、楽しんで欲しい。

ただ輪切りのパインが冷凍された「だけじゃない」美味しさを、全力で楽しんで欲しい。

f:id:mousouryoku:20190728144943j:plain

『最高。』

『控えめにお伝えしても。』

『最高に美味しいアイスの1つ。』

井村屋「輪切りパインアイス」は、昔も今も、最高に美味しいパインアイスの1つである。

最後に

 

井村屋らしい硬さを乗り越えた先には、井村屋らしい美味しさが待っています。

食べ方は自由ですが。

返り討ちにされない程度で、1度は、全力で挑戦してみて欲しい。

噛み千切った時の快感は、やりきった後の達成感は、半端じゃない。

そこからの。

パインアイスの美味しさは、きっと、何倍にもふくれ上がる。

気がする。

それでは

ん~!良い人生を!