妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

セブンの「あずき練乳氷」が安心する美味しさ。やっぱりかき氷は「和」が美味しい。



スポンサーリンク



かき氷と言えばやっぱり「和」で。

暑い日に食べる「和」のかき氷は美味しいに決まっている。

2018年7月2日にリニューアルされて発売されたアイスがある。

セブンプレミアムの「あずき練乳氷」。

王道感しかないどこまでも「和」なかき氷を全力で頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

セブンの「あずき練乳氷」が安心する美味しさ

 

f:id:mousouryoku:20180813204111j:plain

お値段は税込149円。

セブンプレミアムのアイスなので当然セブンイレブンで買える。

毎年リニューアルをするセブンプレミアムのアイスは毎年食べても飽きることなんか、無い。

内容量は135ml。カロリーは194kcal。

抜群に美味しい「かき氷のアイス」を出し続ける赤城乳業が作っている。

f:id:mousouryoku:20180813204321j:plain

やっぱり一夏に一つは「和」全開のかき氷は食べるべきだ。

開封の舞もしっとりと和風に済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20180813204758j:plain

『・・・美しい!』

見ただけであずきが美味しいのが伝わってくる。

つぶあんもたっぷりだ。絶対に美味しい。

食べよう。全力で!

いただきます!

f:id:mousouryoku:20180813204935j:plain

『あずきがめっちゃ美味しい!』

あずきが舌の上に乗った瞬間からどこまでも「和」で。

嫌味の無いザラザラとしたあずき達が舌の上に「広がる」のはやっぱり美味しくて。

「練乳感」のある爽やかなかき氷が「強く甘いあずき」の美味しさを跳ね上げる。

深く甘く。去り際まで「あずき」を主張しながら消えていく。

『このあずき好きだわ~!』

あずき「だけ」に舌を奪われる訳じゃなくて。

f:id:mousouryoku:20180813205147j:plain

練乳感のあるかき氷の口溶けは名残惜しいほど早くて。

一瞬でお口の中を爽やかな練乳感にするかき氷が美味しくて。

爽やかに練乳感を楽しみながらかき氷が溶ける度に「段々と」主張を始めるあずきがやっぱり美味し過ぎる。

あずきを楽しむ「為」のかき氷。

微細氷の細かい氷たちの「シャリシャリシャリッ」とした食感はあずきの「ザラザラ」を邪魔する事なく美しく重なっていく。

『・・・幸せ。』

練乳の「塊」を見つけた時なんて幸せは倍増する訳で。

f:id:mousouryoku:20180813205438j:plain

沢山すくい上げて「パクッ」と食べると目尻は自然に下がる。

f:id:mousouryoku:20180813205531j:plain

  • 強い練乳の甘さからの。
  • 強く甘い練乳と爽やかな練乳との共演を。
  • 練乳感とあずきの和たちの共演を。

お口の中は練乳感で一杯になったはずなのに「徐々に」主張し始めるあずきとの重なりはどこまでも美味しくて。

  • 「シャリッシャリッ」と心地よい音を立てながらあずきの粒の「プニプニ」を弾けさせた時には黙るしかなくて。
  • ほどよい甘さになった「かき氷だった」ものをゴクッと飲み込んだらそれこそ黙り込むしかない。

美味し過ぎて。

あれだけ主張していた和の甘さたちも食べ終わればサッパリとした後口。

練乳の味とあずきの味だけ「なのに」奥深く、ひたすらに美味しい。

花火のように「華やか」に開いて「儚く」消えていく。

そんな言葉が似合う「風情」あるかき氷。

あなたもいかがでしょうか?

和を感じれる美味しいかき氷を。

セブンプレミアム「あずき練乳氷」を。

最後に

 

フルーツのフレーバーのかき氷も美味しい。

チョコレートのかき氷だって美味しい。

それでも。

やっぱり「和」のかき氷も恋しくなる。

王道な「和」のかき氷が。

一夏に一つは食べたい。そんなかき氷。

それでは

ん~!良い人生を!