妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

セブン「限定」トップス「チョコレート氷」が美味しい。あのチョコケーキが「氷」になったぞ!



スポンサーリンク



赤坂Tops(トップス)のチョコレートケーキは有名である。

しかし。

地方在住では食べれる機会は、多くない。

安心感しかない見た目に、大人の味なチョコレートがたっぷりと。

フワフワのスポンジに、存在感しかないクルミがアクセント以上に入っている「あの」チョコレートケーキは。

そこで朗報。

赤坂トップスの「チョコレートケーキ」がアイスになって登場。

以前もセブンイレブン「限定」でバータイプが発売されていたので、記憶に新しい方もいるだろう。

今回はなんと!「氷」になって新発売。

2018年9月18日。

セブンイレブン「限定」で、数量「限定」で発売された。

Tops(トップス)チョコレート氷

全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

セブン「限定」トップス「チョコレート氷」が美味しい

 

f:id:mousouryoku:20180918142155j:plain

お値段は税抜き価格170円。

税込価格で183円。

セブンイレブン「限定」なので当然、セブンイレブンでしか買えない。

内容量は120ml。カロリーは156kcal。

分類はラクトアイス

成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20180918142313j:plain

「赤坂トップス」が監修を行い、セブンイレブンのかき氷いちご味(袋)で有名な「セリア・ロイル」が提携して作り上げている。

セブンイレブンを愛する筆者が期待しない方がおかしい。

開封の舞もレトロに「あの」チョコレートケーキを思い出しながら済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20180918143024j:plain

『チョコ・・・!』

優しいチョコの香りが、優しいチョコな見た目がこれからの美味しさを物語る。

食べよう。

こんな美味しそうなチョコを目の前にして我慢する方が難しい。

全力で食べる!

いただきます!

f:id:mousouryoku:20180918143407j:plain

 『ガハッ!』

みんな!気を付けて!

大きく息を吸い込みながら食べるとココアパウダーが喉に直撃するよ!

あやうく大惨事である。

あやうくココアパウダーを全て台無しにするところだった。

気を取り直して。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20180918143450j:plain

『あっ。優しい。』

昔、本物を食べた記憶を辿る。

上品で深く、甘さ控えめのどこまでも「優しい」チョコ感が蘇る。

じわりじわりと溶けて、広がるチョコ感は「まるで」赤坂トップスのチョコレートケーキのチョコレートのようで。

お口の中を「優しく」チョコレートだらけにしてくれる。

f:id:mousouryoku:20180918144403j:plain

そこから。

優しく、優しく噛めばチョコレートケーキ感は跳ね上がる。

  • なめらかな「アイス」とシャリシャリの「氷」の混ざり合いは「まるで」ふわふわのスポンジのようにも思えて
  • ココアパウダーが「ケーキ感」をグンッと加速させて
  • 大粒のクルミが香ばしく、ほろ苦く「あの」チョコレートケーキ感に近づける。

食べ終わって「残る」深く優しいチョコレートの風味と、クルミのほろ苦さは赤坂トップスのチョコレートケーキを食べた「後と」同じかのようにも思える。

『再現度。』

この言葉が一番しっくりくるかもしれない。

味はもちろん。

味わった「後の」残り香が特に。

因みに。

美味しく食べる「コツ」があるので紹介しておきたい。

f:id:mousouryoku:20180918144631j:plain

  • 円の部分(大分適当)が「チョコアイス」で、頂点から3分の2ほど詰まっている。
  • チョコ氷はそこ以外「凹」のような形で詰まっている。

コツは簡単で。

その2つを同時に食べることで「再現度」は跳ね上がり、「もっと」美味しく食べれるようになる。

氷だけ。アイスだけではもったいないのでバランス良く食べる事を全力でおすすめする。

ちゃんと上から下まですくって食べると、ほら。

こんなに美味しそう。

f:id:mousouryoku:20180918144654j:plain

『美味しいよ!』

赤坂トップスのチョコレートケーキを食べた事がある人も、ない人も。

チョコレートケーキへ「思い」を馳せながら食べると楽しい。絶対。

セブンイレブン「限定」Tops(トップス)チョコレート氷は数量限定です。

文字通り「お早めに」。

最後に

 

最後に「本物」を食べたのは何年前だろうか。

また食べたくさせてくれた「アイス」。

思い出を蘇らせてくれた「アイス」。

あのチョコレートケーキを「アイス」で、「氷」で味わってみませんか?

それでは

ん~!良い人生を!