妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

ハーゲンダッツ「メルティーバー」リッチショコラが美味し過ぎる。この食感。歯で楽しむべきである。



スポンサーリンク



魅惑の四重奏

こんなハーゲンダッツの言葉を聞いたら期待しか出来ないじゃないか。

2018年10月16日に期間限定で新発売。

ハーゲンダッツ「メルティーバー」リッチショコラ~ベリーソースとともに~

噛む進める度に「感動する食感」は歯で。

溶け進める度に「とろける口溶け」は舌で。

全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

ハーゲンダッツ「メルティーバー」リッチショコラが美味し過ぎる

 

f:id:mousouryoku:20181015135726j:plain

お値段は定価で税抜き価格272円。

税込価格で293円。

スーパーで買えたので税込価格213円で買えた。超お得。

内容量は76ml。カロリー303kcal。

分類はアイスクリーム部はアイスクリーム。

氷菓部は当然ながら氷菓。

ラズベリーソースは果汁・果肉80%とテンションが上がる数字。

数多くの「美味しい」アイスを製造しているサンタ株式会社が製造者。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20181015135755j:plain

メルティーがとまらない

このハーゲンダッツの言葉に『止まったらダメじゃん。』と思わず突っ込んだのは内緒だ。

とろけるような口溶けのメルティー感を推してきているけど食感マニアとして気になるのはやはり構造。

四重奏に注目したい。

f:id:mousouryoku:20181015135913j:plain

  • チョコレートコーチング
  • ラズベリーソース
  • チョコレートコーチング
  • チョコレートアイスクリーム

食感の違う、チョコレートコーチングが奏でる「重なり」を。

その重なりを「彩る」ラズベリーソースを。

全てを「まとめる」ハーゲンダッツのアイスクリームを。

想像するだけで口元はメルティーだ。

早速、そのお姿を見て見てみよう。

開封の舞も贅沢な気分で済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20181015140034j:plain

『ハーゲンダッツだ・・・!』

見ただけでは味の「想像」がつかないハーゲンダッツらしいフォルム。

さぁ。

聴かせて貰おうか。

魅惑の四重奏を。

全力で!

いただきます!

f:id:mousouryoku:20181015140112j:plain

『何だ!?この食感は!?』

  • 滑らかに歯が進んだと思えば、その先は一瞬空洞で。
  • パキッと音を立てたかと思えば、とろみのあるラズベリーソースがあふれてきて。
  • 食感に驚き過ぎていると、ラズベリーソースはこぼれ落ちて。

軽く大騒ぎである。

f:id:mousouryoku:20181015140143j:plain

しかし。まだアイスまでは辿りつけていない。

軽く三重奏を味わったに過ぎない。

ここで全てを語れる訳が、無い。

食べなきゃ。

四重奏を今度こそ!

いただきます!

f:id:mousouryoku:20181015140339p:plain

『四重奏!!!』

初めて体験するような食感に魅了しかされない。

  • しっとりと「やわらかい」外側のコーチング。
  • パキッと割れる「少し歯応えのある」内側のコーチング。
  • 食感の「違う」コーチングのチョコたちは、まるで高級なチョコレートで。
  • その高級なチョコレートからあふれ出てくるラズベリーソースは「とろ~り」とチョコたちに絡みついて。
  • 重なれば重なるほど、まるで高級なスイーツのようで。
  • そこに「いつもの」ハーゲンダッツらしい「なめらか」なアイスクリームが驚くほど相性良く重なって。

その全てが口溶け良く、驚くほどのメルティー感で虜にされる。

f:id:mousouryoku:20181015140438j:plain

ゆっくりと噛めば噛むほど「四重奏の食感」は歯と舌に響くので、あなたが思っている以上にゆっくりと噛んで欲しい。

おっと。

食感ばかりに気を取られてしまっていた。

大事な「味」のレビューもしなければ。

f:id:mousouryoku:20181015140515j:plain

ハーゲンダッツらしい「大人感」を全力で味わえるこのアイス。

  • 噛んだ瞬間から「濃厚」にチョコレートたちは重なって。
  • これぞチョコレートな甘さ控えめで、風味高く。
  • ラズベリーソースは最初から最後まで「存在感」を主張して。
  • 濃厚なチョコレートに爽やかな酸味を演出して「大人の甘酸っぱさ」を強調する。
  • その大人の甘酸っぱさを、濃厚でビターなチョコレートアイスが「大人のほろ苦さ」へと書き換えていく。

強く濃厚に、力強く甘酸っぱく、しっかりとほろ苦い「大人が喜ぶ」大人感。

後に「残る」濃厚なチョコレート感の「更に奥」にあるラズベリーの余韻がたまらなく美味しい。

『この四重奏・・・美味し過ぎる!!!』

ただ、1つの注意点として。

溶け具合が進むとラズベリーソースが「非常に」こぼれやすいです。

落ちても良いように万全の対策をしてください。

大人なあなたにこそ食べて欲しい。

歯に響く、この食感を。

舌の上でとろける、このメルティー感を。

ハーゲンダッツ「メルティーバー」リッチショコラで。

ベリーソースとともに。

最後に

 

メルティーバー「シリーズ」という言葉が気になって、気になって。

今後もこの「シリーズ」が出るのかな?と思うと今から興奮は止まりません。

この食感は虜にしかならない。

ただ、今は期間限定の美味しさを全力で味わうのみ。

濃厚なチョコレートを。

大人の甘酸っぱさを。

大人のほろ苦みを。

全力で味わうのみである。

それでは

ん~!良い人生を!