妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

セブンの「口どけなめらか濃厚宇治抹茶プリン」が極上過ぎる!口溶けなめらかを「超える」口溶けなめらかな美味しさ。



スポンサーリンク



『口どけなめらかなスイーツ』と聞いて何を思い浮かべますか?

チョコレート?

アイスクリーム?

まだありますよね?

プリンとか。プリンとか。

そんなプリンのお話。

2018年11月27日に新発売。

セブンイレブン「口どけなめらか」濃厚宇治抹茶プリン

口どけなめらかを「超える」口どけなめらかを全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

セブンの「口どけなめらか濃厚宇治抹茶プリン」が極上過ぎる!

 

f:id:mousouryoku:20181129142220j:plain

お値段は税抜き価格185円。

税込価格で199円。

たったの200円で極上過ぎる抹茶プリンが味わえるなんて「改めて」セブンイレブンはすごいと思う。

1包装当りのカロリーは219kcal。

f:id:mousouryoku:20181129142301j:plain

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20181129142356j:plain

構成は至ってシンプル。

  • 抹茶ホイップクリーム
  • 抹茶プリン
  • カラメル

f:id:mousouryoku:20181129142503j:plain

このシンプルな構成「ながら」奥深い味を演出している。

早速、そのお姿を見てみよう。

開封の舞も奥深い気分で済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20181129142857j:plain

『優しい抹茶色が!好きです!』

セブンイレブンの「層になっている」スイーツは全部重ねて食べた時が一番美味しい事は知っている。

知っているけど「伝える」事が筆者の役目。

1つ1つ丁寧に全力でレビューしていこう。

では抹茶ホイップから。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20181129143053j:plain

『ふわっふわでクリーミー!』

  • 抹茶「なのに」クリーミー。
  • クリーミー「なのに」抹茶。

ホイップクリームらしくミルキーな抹茶を「優しい甘さ」で主張する。

ホイップクリーム「だけで」この美味しさ。

プリンと重ねる前にプリン「だけ」も食べなければ。

それが筆者の重要な役目だ。

見るだけで「とろとろ」でなめらかそうな抹茶プリンが待っている。

f:id:mousouryoku:20181129143216j:plain

プリンも。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20181129143406j:plain

『溶けた・・・』

舌にほんの少しの「渋み」を広げながら、溶けるように。

  • 抹茶「らしく」鼻を抜ける風味は香り高く。
  • プリン「らしくなく」舌にまとわりつきながら。
  • 抹茶プリン「らしく」ほろ苦く、ほのかに甘く。

濃厚な抹茶を主張しながら、なめらかを「超える」口溶けで、消える。

f:id:mousouryoku:20181129143439j:plain

『ははっ・・・!』

人は「本当に」美味しいものを食べた時は言葉を失うが、

人は「想像を」超える食感を味わった時は笑う事しかできない。

これが。

この溶けるような食感の口どけの抹茶プリンが、ふわっふわな抹茶ホイップクリームと重なったらどうなってしまうのだろう。

食感マニアな筆者は楽しみで仕方が、無い。

重ねよう。

抹茶ホイップクリームと、抹茶プリンを。

食べよう。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20181129143609j:plain

『極上・・・!』

どこまでも上品で、どこまでも上質で、どこまでも奥深い抹茶プリン。

  • 甘過ぎず。
  • ほろ苦く。
  • 風味高く。

濃厚「なのに」優しく抹茶を主張して溶けるように消える抹茶プリン。

  • ホイップクリームと重なることで、プリンらしさが跳ね上がって。
  • プリン「らしい」玉子の甘さを、風味を、コクを広げて。

抹茶プリンらしく濃厚「なのに」優しいプリンの美味しさも主張する。

口どけなめらかを「超える」口どけで、舌にまとわりつきながら。

f:id:mousouryoku:20181129143720j:plain

『美味し過ぎる!』

でも。

まだだ。

まだ終わりじゃない。

ここまででも「完成」されている抹茶プリンなのに。

なのに、まだ。

まだ続きがある。

カラメルと絡めよう。

絡める事で、初めてセブンイレブンの「口どけなめらか」濃厚宇治抹茶プリンを全て味わう事になる。

最後に。

全力を尽くして。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20181129143753j:plain

『極上過ぎる・・・!』

粘り気のないカラメルは「全て」の食感を邪魔することなく「全て」の美味しさを跳ね上げる。

  • 優しい甘さのカラメルらしい「香ばしさ」なのに主張はせず。
  • 抹茶の渋みを。
  • 抹茶の風味を。
  • 抹茶のほろ苦みを。
  • プリンの甘みさえも。

全ての美味しさを1段階以上「邪魔することなく」跳ね上げる。

f:id:mousouryoku:20181129143845j:plain

『これ!食べないと損するレベルで美味しい!』

食べ終わった後の「抹茶」と「プリン」の余韻は同じく主張するのに、お互いが邪魔する事なくお互いの余韻すら高め合っている。

これ。食べないと損するくらい美味しい。

抹茶好きも。

プリン好きも。

両方食べる「べき」抹茶プリン。

セブンイレブンのスイーツを食べ続ける筆者が2018年でトップを争うくらいオススメしたいセブンイレブンのスイーツ。

セブンイレブン「口どけなめらか」濃厚宇治抹茶プリンを心からオススメする。

最後に

 

筆者が2018年に食べたセブンスイーツの中で間違い無く「ランキングトップ10」に入ります。

※2018年11月末現在※

跳び抜けてるのは、やっぱり「生ちょこもち」で。

それを追うのが「みたらしホイップの牛乳ぷりん」で。

「セブンカフェラテゼリー」だって負けてない。

そんなランキングに「グンッ」と入ってきました。

どのセブンスイーツも個性があるからランキングなんてしたくないのですが、

『また食べたい!』と思わされた。

同じセブンイレブンファンのあなたにこそ食べて欲しい。

それでは

ん~!良い人生を!