妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

あいすまんじゅう「ほうじ茶ラテ」がほうじ茶ラテ「も」美味しい件。大当りのあいすまんじゅうである!




気が付けば「ほうじ茶」がスイーツの第一線で活躍していて。

気が付けば「あいすまんじゅう」が全国区になっている。

勘の良い方ならもうお分かり頂けると思う。

2019年1月14日に新発売。

丸永製菓「あいすまんじゅう」ほうじ茶ラテが新登場。

ほうじ茶「ラテ」。

想像するだけで風味高く、クリーミー。

そこに。

あいすまんじゅう「らしい」餡子がぎっしり・・・!

全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

あいすまんじゅう「ほうじ茶ラテ」がほうじ茶ラテ「も」美味しい件

 

f:id:mousouryoku:20190114212213j:plain

お値段は定価で税抜き価格130円。

税込価格で140円。

安売りしているスーパーで税込95円で買えた。

何という幸せ。

100円玉1枚を握りしめて行けば、あいすまんじゅうが買える幸せ。

スーパーまじオススメ。

内容量は85ml。カロリーは198kcal。

分類はアイスミルク

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190114212249j:plain

北海道産小豆を使用した濃厚な和菓子風アイスです

f:id:mousouryoku:20190114212323j:plain

『濃厚・・・。』

この言葉の響きに、何度魅了されたか分からない。

しかし。

あいすまんじゅうが濃厚なのは、当然のように知っている。

甘ったるいほどの「小豆あん」から繰り広げられる濃厚さを、濃厚さからの段々とサッパリになっていくアイスを1度食べてしまったらヤミツキにしかならない。

しかし。しかし。

今回、気になるのは「ほうじ茶ラテ感」だ。

濃厚な小豆あんに「どう」絡んでくるのか?

食べなければ。

食べてお伝えするのが筆者の使命。

早速、そのお姿から見てみよう。

開封の舞もほうじ茶ラテに期待を込めて全力で済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20190114212412j:plain

『落ち着く色!』

アイスの色は濃いめですが、着色料を使用せず、茶葉の色をそのまま生かしております。

もうね。

たまんない。

美しいまでに「ほうじ茶」らしい色彩が。

ほのかに漂う「ほうじ茶」の香りが。

美味しさへの期待値を高める。

食べよう。

お口は「あいすまんじゅうの甘さ」と「ほうじ茶の風味」を求めている。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190114212500j:plain

『良い!相性が、良い!!!』

当たり前のように「小豆あん」はぎっしりで。

  • 滑らかな「舌触り」と、存在感しかない小豆の「粒感」を主張して。
  • ガツン、と甘さを猛アピールして。
  • 餡子の甘さが舌を支配するほど甘いのに、ほうじ茶は香って。
  • 風味高く「餡子の美味しさ」を跳ね上げて。
  • 溶けるほどに「クリーミー」にラテ感を演出して。

甘み「だけじゃない」濃厚なインパクトを残す。

もちろん、喉の奥にまとわりつくような小豆あんの甘さ「も」強烈に残して。

f:id:mousouryoku:20190114212544j:plain

『ほうじ茶ラテが良い仕事している!』

『甘い!』のは大前提で。

  • それを「どう」盛り上げるかが重要で。
  • 高まり続ける甘み。
  • 濃厚過ぎるほど濃厚な甘みにほうじ茶の風味は、常にあって。
  • 飲み込む頃にはミルキーさ「も」加わって。
  • 甘みの中に、ほうじ茶ラテの存在は「しっかり」とあって。

小豆あんの美味しさを1段階以上、跳ね上げて深みを演出している。

f:id:mousouryoku:20190114212614j:plain

『美味しい!』

餡子は、アイス全体の3分の2を占めていて。

十分過ぎるほどの甘さ「と」ほうじ茶ラテ感を全力で堪能できる。

f:id:mousouryoku:20190114212655j:plain

肝心なのは、この後。小豆あんが無くなった時。

あっまあま!になったお口をほうじ茶ラテが「どう」癒してくれるのか「も」重要。

小豆あんの甘さに支配されたお口を、喉の奥を変えてくれるのか?

再び全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190114212727j:plain

『クリーミー!』

下側の「色の違う」ほうじ茶アイスはクリーミーさを強く感じて。

  • ほうじ茶は「ほんのり」香る程度で。
  • 物足りなさの方が強い。
  • なんて思っていたら、クリーミーさでお口の中は「丁度良い」甘さになって。
  • 喉の奥に焼き付くような甘さは、クリーミーな甘さに書き換えられて。

気が付けば「クリーミーなほうじ茶」を楽しんでいる自分が、居る。

f:id:mousouryoku:20190114212752j:plain

『最初から最後の最後まで、美味しい!!!』

余韻はまさしく、ほうじ茶「ラテ」でしかなくて。

あれだけ甘々だったお口の中は「別の」甘さで支配されて。

余韻にしては余りに濃厚な、ほうじ茶ラテ「の」美味しさ「も」クセになる予感しか、しない。

最後に

 

大当り。

大当りのあいすまんじゅう。

ほうじ茶ラテ「も」美味しいあいすまんじゅうを楽しんで欲しい。

丸永製菓「あいすまんじゅう」ほうじ茶ラテを全力で、最初から最後の最後まで楽しんでみてはいかがでしょうか?

それでは

ん~!良い人生を!