妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

溶けない!?金座和アイス「バニラ味」と「イチゴ味」のレビュー。新感覚の口溶けである!




溶けないアイス!?

アイス「なのに」溶けないの!?

『溶けないアイスなんてアイスじゃない!』

そう思っていた。

食べるまでは。

金座和アイス「溶けないアイス!?」ミルク味とイチゴ味を食べるまでは。

幸運にも手に入れる事が出来た。

アイス好きとして当然のように全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

溶けない!?金座和アイスたちの簡単な紹介

 

f:id:mousouryoku:20190120133452j:plain

お値段は「それぞれ」税抜き価格175円。

税込価格で189円。

調べても、調べても「同タイプ」の金座和アイスが販売されている場所を特定出来なくて。

偶然立ち寄った「ポプラ」で見かけた瞬間に、心惹かれて購入。

最大の特徴はやはり、何と言っても「溶けない!?」事だろう。

f:id:mousouryoku:20190120133416j:plain

「溶けない!?金座和アイス」は、イチゴから抽出したポリフェノールを配合することで、時間が経っても型くずれしにくいアイスクリームです。 

イチゴのポリフェノール。

バニラ味でもイチゴから抽出したポリフェノールのお蔭で溶けにくい仕上がりとなっている。

当然、イチゴ味の方にも同じくイチゴから抽出したポリフェノールを配合。

製造しているのは「バイオセラピー開発研究センター」

www.biotherapy.co.jp

アイス好きとしては、製造者の欄に見慣れない会社名は興味しか湧かなくて。

興味しか湧かない「上に」バイオセラピー!?とか書かれたら興奮しか、しない。

尚、こちらのバイオセラピー開発研究センターのホームページから金座和アイスのホームページへと飛べる。

www.kanazawaice.shop

こちらにも同タイプのアイスの紹介は無いので、少し困惑している。

※2019年1月20日執筆時点※

金座和アイス/公式オンラインショップで「溶けない!?アイス」は購入可能。

しかし。

アイスらしく送料は「お高め」の1,166円で。

f:id:mousouryoku:20190120111346p:plain

送料が無料になる8,000円までは若干、敷居が高い。

現実の「店舗」には気軽に行けず、オンラインショップも正直お手頃じゃない。

そんな時に、今回紹介する「溶けない!?アイス」はコンビニでお気楽に買えたので、あなたのお近くのコンビニでも販売される事を心から願う。

さて。

簡単な紹介は済ませた。

「溶けないアイス!?」の溶けない時間や、温度も気になるけど。

アイス好きの筆者が気になるのは風味と味と食感。

常温でも小一時間は溶けないのなら。

ゆっくりと味わおう。

全力で。

溶けない!?金座和アイス「バニラ味」のレビュー

 

f:id:mousouryoku:20190120133529j:plain

お値段は税抜き価格175円。

税込価格で189円。

内容量は75ml。カロリーは181kcal。

分類はラクトアイス。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190120133611j:plain

簡単な紹介も済ませてある。

早速、そのお姿を見てみよう。

開封の舞も「溶けない!?」ので長めにゆっくり済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20190120133703j:plain

『船型!?』

なかなか斬新なスタイルである。

食べるためには、この型紙を取る必要がある。

f:id:mousouryoku:20190120133749j:plain

『嫌いじゃない。むしろ好き!』

棒から外す時に落とさないように細心の注意を払って。

f:id:mousouryoku:20190120133816j:plain

取り出したお姿がこちら。

ドンッ!

f:id:mousouryoku:20190120133845j:plain

『不思議!』

見た目はアイスっぽくない質感で。

どこかババロアを思わせる。

なのに冷たく凍っている。

不思議でしか、無い。

よし。食べよう。

全ては食べてからじゃないと語れない。

溶けない!?金座和アイス。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190120133924j:plain

『不思議!!!』

バニラ「なのに」バニラじゃなくて。

  • まるでコク深い生クリームがアイスになったような濃厚さで。
  • ラクトアイスらしくシャリシャリした食感「なのに」ムースのように舌にまとわりついて。
  • アイスとは思えないほど「ゆっくりな速度」で溶けて。

不思議な甘さのまま「ねっとり」と喉の奥に絡みつく。

f:id:mousouryoku:20190120133951j:plain

『え~!?ナニコレ!』

鼻を抜ける風味は無くて。

  • 溶け感はアイスより「若干」遅く感じる程度で。
  • 期待していたような「バニラ感」は無くて。
  • 濃厚なミルク「の」コク深さが際立って。

深いコクの奥に、バニラ味「なのに」イチゴを少し感じる不思議な感覚。

美味しいとか、美味しくないとかの次元を超えた味だと思う。

面白いのはやっぱり「溶けにくい」事で。

暖房の効いた部屋で10分以上「放置」しても溶けなくて。

f:id:mousouryoku:20190120134036j:plain

表面が溶けてババロアのような、ムースのような食感「からの」シャリシャリの食感は不思議でしかなくて。

  • もっと「濃厚になった不思議な甘さ」が広がりやすくなって。
  • お口に、舌に「ねっとり」とまとわりつきながら主張しまくって。
  • 主張しながら喉を通り抜けても主張し続けて。

不思議「なのに」優しい甘さを濃厚に、コク深く、余韻までも長引かせる。

f:id:mousouryoku:20190120134103j:plain

『不思議過ぎる!!!』

正直。

バニラ「味」を求めているのなら違うモノをオススメする。

美味しい「だけ」のアイスなら他に、沢山ある。

しかし。

表面が溶けても型崩れする事なく、舌にまとわりつくような舌触り「からの」歯に響くシャリシャリの食感「からの」アイスらしくない口溶けは、人生で1度は体験しても良いと思う。

アイス「なのに」アイスじゃない不思議さを。

溶けない!?金座和アイス(バニラ味)で。

溶けない!?金座和アイス「イチゴ味」のレビュー

 

f:id:mousouryoku:20190120134248j:plain

お値段は税抜き価格175円。

税込価格で189円。

内容量は75ml。カロリーは205kcal。

分類はラクトアイス。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190120134309j:plain

お姿に出会えるまでの「流れ」はバニラ味と同じ。

と、思っていたけど。

細心の注意を払った棒周りの型紙は「取り外せた」事を、ここでご報告しておきたい。

f:id:mousouryoku:20190120134344j:plain

短すぎて「逆に」取りづらかった事も添えて。

では、全部剥いたお姿がこちら。

ドンッ!

f:id:mousouryoku:20190120134411j:plain

『相変わらず風味は、無い。』

でも、良い。

気にするべきなのは味と食感。

溶けないアイス!?だからのんびりと食べれば良い。

ゆっくりと。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190120134436j:plain

『あっ!イチゴ!』

やっぱり悲しい事にイチゴの風味は無くて。

舌に届いた瞬間には何も感じなくて。

少し溶け始めてからは驚きの連続。

  • 不思議な甘さからの「甘酸っぱさ」がキュンッと響いて。
  • 徐々に、イチゴらしい甘酸っぱさでお口の中は満たされて。
  • 甘酸っぱさが引いていく度に、バニラ味と同じくコク深さが主張し始めて。

喉を通り過ぎる頃には甘酸っぱさ「と」コク深さが同居した、不思議なイチゴ感を強調する。

f:id:mousouryoku:20190120134511j:plain

『イチゴ。優しいイチゴ。』

表面がムースのように「見える」瞬間が一番美味しくて。

溶けないアイスだからこそ、ゆっくりと見守ってから食べると良いかもしれない。

f:id:mousouryoku:20190120134551j:plain

  • 舌に広がりやすくなったアイスは「始めから」甘酸っぱさを主張して。
  • 冷たい冷たいムースのように「ねっとり」と舌にまとわりついて。
  • 甘酸っぱさ「と」濃厚なコク深さを主張しながらお口「と」喉を通り抜けて。

喉の奥を甘酸っぱさでキュンッとさせながら、コク深さ「も」演出する。

f:id:mousouryoku:20190120134632j:plain

『これ!美味しい!』

溶けないアイス「なのに」少し溶かして食べた方が美味しいという、不思議。

  • 表面はムースのようになめらかに、ねっとりで。
  • まるで新感覚のスイーツのような広がり方で。
  • アイスじゃないような口溶けが楽しくて。

なのにアイスを食べた時と「同じく」冷たさが、ある。

f:id:mousouryoku:20190120134657j:plain

『相性が!良い!!!』

相性。

溶けないアイスとの「相性」があると思う。

イチゴ抽出のポリフェノールを使用しているのだから「イチゴ味の方が」相性が良いのは当たり前で。

  • 特有の濃厚なコク深さを、イチゴの酸味が。
  • イチゴの酸味が、特有の濃厚なコク深さを。

お互いがお互いを跳ね上げる相性の良さ。

不思議な溶け感や喉越し「と」甘酸っぱさの相性も、良い。

シンプルな味だからこそ「特徴」がハッキリと分かる。

その特徴を「活かした」溶けない!?金座和アイス(イチゴ味)は素直にオススメしたい。

最後に

 

調べてもやっぱり、同じタイプのアイスの「正確な」情報はなくて。

春頃に多くのコンビニに出回る「かも」という情報しか見つけられませんでした。

また「何か」分かれば、追記をします。

あなた「も」出会える事を願いながら。

それでは

ん~!良い人生を!