妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

ロッテ「爽」抹茶ティラミスは爽やかな抹茶ティラミス。爽らしく爽やか抹茶ティラミスである。




抹茶「と」ティラミスの『爽』!?

抹茶なティラミスを?

微細氷で?

『デジャヴ・・・!』

2019年2月4日に新発売。

ロッテ「爽」抹茶ティラミス(かろやか抹茶&マスカルポーネ)。

氷な抹茶のティラミスを全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

ロッテ「爽」抹茶ティラミスは爽やかな抹茶ティラミス

 

f:id:mousouryoku:20190204175731j:plain

お値段は「定価で」税抜き価格130円。

税込価格で140円。

スーパーでも大量に入荷が確認できて。

税込105円で買えた。

特売日も積極的に狙っていきたい。

内容量は190ml。カロリーは167kcal。

分類はラクトアイス。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190204175902j:plain

製品中「宇治抹茶」0.3%使用

製品中「マスカルポーネチーズ」0.9%(生換算)使用

抹茶なティラミスで「氷」と言えば、真っ先に浮かんだのがこちらで。

www.mousouryoku.com

赤城乳業が贈る、セブンプレミアムの美味しい「抹茶なティラミスのかき氷」の記憶を、今でも舌が鮮明に覚えている。

しかし。

今回はロッテ「爽」の「抹茶ティラミス」。

パッケージにもあるように「話題の」升で食べる抹茶ティラミスをイメージしている。

市松模様で、デザイン性の高い「SNS映え対応」の仕上がり。

更に。爽らしく当たり前に、微細氷。

『手の平をクルックル返そうと思う。』

早速、そのお姿を見てみよう。

開封の舞も、頭の中にある「抹茶ティラミス氷」をかき消すように全力で済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20190204175922j:plain

『こんもりと市松模様!』

まるで「それぞれ」注入されているようで。

それぞれ「高さ」が違うのが面白くて。

技術的な意味で「も」興味しか湧かない。

ここまでキレイに分けられているのなら。

個別で食べて、個別の味をお伝えするのが礼儀だと思う。

食べよう。

市松模様の1片から。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190204180030j:plain

『抹茶ぁ・・・!』

かろやかに抹茶。

  • 風味高く抹茶。
  • 爽らしく微細氷で、気持ち良いほど「スーッ」と溶けて。
  • 爽やかに抹茶を演出した後、「徐々に」濃厚な抹茶を演出して。
  • 爽やか「なのに」ほろ苦くて。
  • 爽やか「なのに」渋みもあって。

完成度の高い抹茶「の」爽がどこまでも爽やかに広がる。

f:id:mousouryoku:20190204180103j:plain

『やっぱり爽「の」抹茶は美味しい・・・!』

安心感のある抹茶感。

でも。

これは抹茶ティラミスだ。

お次はマスカルポーネを食べよう。

ティラミスの要素はマスカルポーネ次第だ。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190204180138j:plain

『爽やか!』

想像よりも「ずっと」爽やかで。

  • 爽やかにミルキーで。
  • 爽やかに甘くて。
  • 爽やかにマスカルポーネ。

ほのかなマスカルポーネの「風味」がする、爽らしい爽やかさ。

f:id:mousouryoku:20190204180238j:plain

『でも。ティラミスと考えたら爽やか「過ぎ」るかも・・・。』

食べよう。

食べなきゃ「結果」は分からない。

重ねて食べよう。

これは抹茶ティラミスだ。

重ねて食べてこそのはずだ。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190204180205j:plain

『爽らしく抹茶ティラミス!』

そうだ。これは爽だ、爽「の」抹茶ティラミスだ。

濃厚で「甘く」「しっかりとした」と抹茶ティラミスをお求めなら、本物を食べた方が良い。

お口に入れた瞬間から爽やかに、冷たく。

爽らしく、爽やかに抹茶ティラミスを演出する。

  • 爽やかに風味高く、抹茶「と」ティラミスは主張して。
  • 爽やかな甘さ「と」爽やかな甘さで、どこまでも爽やかに甘く。
  • 溶ける度に、抹茶の風味「と」マスカルポーネの風味が重なり合って。

爽やか「なのに」奥深い、抹茶ティラミスの甘み「と」風味でお口は一杯になる。

f:id:mousouryoku:20190204180342j:plain

1対1の割合の時が一番、爽らしく抹茶ティラミスで。

  • 抹茶が強いと感じれば「すぐ」マスカルポーネも主張して。
  • マスカルポーネが強いと感じれば「すぐ」抹茶も主張して。
  • お互いがお互いの「良さ」を引き上げて。

爽らしくも「奥深い」抹茶ティラミスを楽しめる。

f:id:mousouryoku:20190204180423j:plain

注目すべき点は、溶けて飲み込む「直前」が一番、抹茶ティラミスをしていて。

飲み込む直前に、全ての美味しさが「ギュッ」と詰まっている。

  • 爽らしく、爽やかな甘さは最初から最後まで変わらず。
  • 抹茶アイスは風味高く、ほろ苦く。
  • マスカルポーネアイスも風味高く、ミルキーで。
  • 溶けきって、等しく重なった「瞬間」は疑いようもなく抹茶ティラミスで。
  • 単体では「絶対に演出できない」奥深さが通り過ぎて。

舌の一番根っこの部分に「強く」抹茶ティラミスを主張する。

f:id:mousouryoku:20190204180453j:plain

『1対1。絶対に1対1の割合が、良い!』

バランスの良い風味を。

喉を通り過ぎていく抹茶ティラミス感を。

舌の一番奥に「残る」抹茶ティラミス感を。

気持ち良いほどの「爽らしい」抹茶ティラミス感を楽しみたいのなら。

1対1の割合で食べる事を「強く」オススメしたい。

濃厚で「甘く」「しっかりとした」と抹茶ティラミスをお求めなら、本物を食べた方が良い。

これは爽「の」抹茶ティラミスだ。

爽らしく。

どこまでも爽らしい抹茶ティラミスだ。

爽の爽やかさで、抹茶ティラミスを楽しめるアイスだ。

どこまでも「爽やかな抹茶ティラミス」として楽しんで欲しい。

ロッテ「爽」抹茶ティラミスで、爽やかな抹茶ティラミスを。

最後に

 

ティラミス好きな方なら、濃厚なイメージのまま食べてしまうと思います。

ケーキな抹茶ティラミスを食べた事がある方なら、尚更に。

一回忘れてください。その「濃厚な」ティラミス感を。

爽です。

爽なんです。

爽やか「な」抹茶ティラミスなんです。

どうか食べる前に、爽を食べる舌に切り替えて食べて欲しい。

それでは

ん~!良い人生を!