妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

ウチカフェ「抹茶のティラミス」が抹茶「の」ティラミス。急いで!売り切れる前に!




抹茶「の」ティラミス。

抹茶ティラミス「じゃない」。

抹茶「の」ティラミス。

抹茶「が」本格的なティラミス「の」アイス。

2019年2月5日に数量限定で新発売。

ローソン「ウチカフェ」抹茶のティラミス。

和テイストな抹茶「の」ティラミス「の」アイスを全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

ウチカフェ「抹茶のティラミス」が抹茶「の」ティラミス

 

f:id:mousouryoku:20190207151448j:plain

お値段は税抜き価格221円。

税込価格で238円。

ちょっとお高め。

アイスとしてはお高めだけど、「本物の」抹茶のティラミスを食べると思えば破格。

近くのローソンで手軽に買えるのも嬉しい。

内容量は100ml。カロリーは217kcal。

分類はアイスミルク。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190207151520j:plain

アルコール分0.3%未満の果実酒を使用しています。

お子さまやアルコールに特に弱い方はご注意をお願いします。

販売は森永製菓で。

製造は森永製菓のアイスも多く手掛ける、豊和食品。

直近で言えば、森永製菓の「ザ・クレープ」生キャラメル&カスタードクレープも豊和食品が製造。

期待値は当然、高い。

宇治抹茶×北海道産マスカルポーネ使用

製品中:北海道産マスカルポーネチーズ2.9%使用

f:id:mousouryoku:20190207151554j:plain

続いて構成を見てみよう。

上から、

  • 抹茶
  • 北海道産マスカルポーネ使用チーズアイスクリーム
  • 抹茶ソース&ビスケット

f:id:mousouryoku:20190207151648j:plain

ここで多くの人が気になるのは「抹茶」だと思う。

抹茶「の」〇〇ではなく、抹茶。

宇治抹茶パウダーを贅沢に使用したカップアイスです。

北海道産マスカルポーネ使用のチーズアイスとこだわりの抹茶を使用し、抹茶の苦みとチーズアイスの甘みのバランスがよく、飽きのこない仕立てにしました。

正体はこだわりの宇治抹茶「パウダー」である。

飛び散る事は容易に想像できる。

抹茶パウダーを開封の時や、食べる前に鼻息を吹きかけて飛び散らないように細心の注意を払って欲しい。

さぁ自分にも言い聞かせた。

開封の舞も慎重過ぎるくらい慎重に済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20190207151817j:plain

『あっ。オシャレ。』

木目調のカップが「気分」を盛り上げる。

まるで話題の「升で食べる抹茶ティラミス」の気分を味わえる。

さすがウチカフェ。

流行りの要素はしっかりと取り入れている。

さぁ目でも楽しんだ。

次のステップへ進もう。

いよいよご対面。

いざ。

開封!2回目!

f:id:mousouryoku:20190207151852j:plain

『抹茶たっぷり!』

こだわりの抹茶パウダーはたっぷりで。

大きく鼻で息を吸い込むと「上品」に香って。

抹茶らしい苦みをほのかに感じ取れる。

但し。

あまりに大きく吸い込み過ぎると鼻に直接飛び込んできそうな勢いなので注意して欲しい。

さぁ鼻でも楽しんだ。

ようやくたどり着いた。

後は無我夢中で食べるだけだ。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190207151942j:plain

『本格的・・・!』

本格的な抹茶「の」ティラミス。

  • ほろ苦みを「超えた」苦みのある抹茶パウダーが舌に舞い降りて。
  • マスカルポーネの風味が「強く」広がって。
  • チーズアイスらしく「まろやか」に「コク深く」、クリーミーな甘さを舌に広げて。
  • 舞い降りたパウダーが液状になる度に、濃い抹茶を主張して。
  • 溶けて重なる度に抹茶「の」ティラミスがお口の中で完成して。

甘さが引いていく度に、心地の良い抹茶の苦みが、風味が、「残って」本格度を跳ね上げる。

f:id:mousouryoku:20190207152020j:plain

『抹茶「の」ティラミス感がすごい!』

驚くほどの抹茶感「の」ティラミスで。

食べ進めて分かった事があって。

上から下まで「全ての」素材を1度に食べる事「しか」オススメしない。

抹茶・チーズアイス・抹茶ソース&ビスケットを一度に、一緒に食べる事を。

f:id:mousouryoku:20190207152129j:plain

一度に食べる事によって抹茶のティラミスを「全力で」味わえる。

  • 抹茶は上品に苦く、風味高く。
  • チーズアイスも負けずに風味高く、コク深く。

風味と風味の、甘みと苦みの「バランス」は感動しかしなくて。

  • ビスケットが香ばしく、風味と風味を跳ね上げて。
  • 抹茶ソースが甘く苦く、甘みと苦みを跳ね上げて。
  • ほんのり感じる塩気がバランスの良さを跳ね上げて。

アイスでしか味わえない「溶ける」抹茶のティラミスを演出する。

f:id:mousouryoku:20190207152215j:plain

『売り切れる・・・。』

多分。

筆者が書き終わる頃には、書き終わって「また」ローソンに向かう頃には、売切れている。

そんな予感しかしない。

もし。まだ置いてあれば買い占めする。

  • 疑いようもなく、抹茶「の」ティラミス。
  • 抹茶感の強い、抹茶「の」ティラミス。
  • 本格的な、抹茶「の」ティラミス。

完成度の高い、抹茶のティラミス「の」アイス。

f:id:mousouryoku:20190207152331j:plain

『これぞ!抹茶「の」ティラミス!!!』

食べる「べき」アイス。

アイス好きが。

抹茶好きが。

ティラミス好きが。

抹茶ティラミス好きが。

食べるべき「本格的な」抹茶のティラミスのアイス。

ローソン「ウチカフェ」。

森永製菓「抹茶のティラミス」は絶対に食べるべきアイスである。

最後に

 

見かけたら。

見かける事が出来たら「確保」をオススメします。

たったの238円で「ここまで」本格的な抹茶のティラミスを食べれるのはアイスだからこそです。

食べる「時間を作ってでも」楽しんで欲しい。

きっとそれは「幸せの時間」になる事はお約束します。

それでは

ん~!良い人生を!