妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

明治「マカダミアチョコレートアイスバー」の再現度に驚いた。冷たいだけの明治マカダミアチョコレートである。




「しっとり」食感の中には「シャクッ!」とした食感、からの口溶け。

それが明治のマカダミアチョコレート。

食感マニアとしては「安心感」しかない粒チョコレート。

  • そんな明治の。
  • マカダミアチョコレートが。
  • アイスになった。

2019年4月16日にセブンイレブン「先行」で新発売。

明治「マカダミアチョコレートアイスバー」。

全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

明治「マカダミアチョコレートアイスバー」の再現度に驚いた

 

f:id:mousouryoku:20190419134543j:plain

お値段は「定価で」税抜き価格156円。

税込価格で168円。

セブンイレブン「先行」販売なので、先行期間中は当然、定価で買うしかない。

いつの日か多くのスーパーに出回る事を、願う。

安売りしてくれるスーパーなら、おおよそ税込で100円「と」ちょっと。

その時が、まとめ買いするチャンス。

今は、嗜む程度で楽しもう。

内容量は92ml。カロリーは258kcal。

本家の明治マカダミアチョコレートが1粒当り、約43.4kcal。

約6粒分と同程度のカロリー。

アイス込みなので、全く参考にならないけど書きたかったから書いてみた。

反省はしてない。

分類はアイスミルク。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190419134624j:plain

製造しているの我が地元、広島にある「やまひろ」。

地元の企業だから全力で応援したい。

さて、そろそろ本気のレビューをしていこう。

「明治マカダミアチョコ」をイメージしたアイスバー。

マカダミアナッツはローストすることで、香ばしくソフトな食感に。

アイスにマカダミアペーストを混ぜ込み、風味豊かなチョコレートでコーティングしました。

マカダミアナッツは、箱チョコレートと同じく「トラディショナルロースト」。

f:id:mousouryoku:20190419134651j:plain

シャキシャキとした弾力があるのに「ソフトな」食感を楽しめる「こだわり」は、アイスにも詰まっている。

更に。

アイス部分にマカダミアペーストが混ぜ込まれ、奥深さを演出。

 風味豊かなチョコレートでアイス「なのに」明治のマカダミアチョコレートを再現。

『100%美味しい予感。』

明治のマカダミアチョコレートをアイスで再現しただけだ。

目新しい要素なんて1つもないけど。

美味しい予感しか、しない。

早速、そのお姿を見てみよう。

開封の舞もマカダミアナッツのように陽気に済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20190419134719j:plain

『堂々たる王道感!』

マカダミアナッツが、香ばしく「香り高く」香って。

明治らしいチョコレートの、風味豊かな「落ち着いた甘い香り」と混ざり合って。

王道のチョコレート「と」マカダミアナッツの香りを演出する。

食べよう。

安心感しかないアイスを。

明治のマカダミアチョコレートを再現しただけのアイスを。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190419134911j:plain

『すごっ・・・!』

まるで冷たい「だけ」の明治のマカダミアチョコレートを食べているような。

  • ちょっとした感動レベルの再現度。
  • しっとりとしたコーティングのチョコレートは、箱チョコレートと「同じ」で。
  • 口溶け良く舌の上に広がって、落ち着いた甘さを主張して。
  • しっとり食感の「中の」マカダミアナッツすら同じで。
  • 歯に跳ね返る弾力、細かいシャキシャキ感をソフトに演出して。

まるで冷たい「だけ」の明治のマカダミアチョコレートを楽しめる。

f:id:mousouryoku:20190419134940j:plain

アイスにミルキーさは感じなくて。

  • それが「ダメ」な事じゃなくて。
  • チョコレートの落ち着いた甘みを。
  • マカダミアナッツの風味を、コク深さを。

美味しさを、再現度を「文字通り」押し上げるだけの役目。

f:id:mousouryoku:20190419135008j:plain

『冷たいだけの明治のマカダミアチョコレート・・・。』

  • しっとりからのシャキシャキ食感は「ほぼ」同じで。
  • 風味豊かに落ち着いた甘さは「そのまんま」明治のマカダミアチョコレートで。
  • 口溶け「すら」アイスなのにチョコレートと同じような速さで。

違いが「明確」なのは、冷たいかどうかだけにしか、思えない。

f:id:mousouryoku:20190419135041j:plain

『再現度がヤバイ。』

シンプルに。

シンプルに明治のマカダミアチョコレートがアイスになっただけの。

美味しいアイス。

チョコレートが溶け切った後に「残る」マカダミアナッツの余韻を同じように味わえるアイス。

f:id:mousouryoku:20190419135110j:plain

『当たり前に美味しい!』

明治の。

マカダミアチョコレート好きの「あなたこそ」食べるべきだ。

この再現度を楽しんで欲しい。

まるで冷たい「だけ」の明治マカダミチョコレートを全力で楽しんで欲しい。

明治「マカダミアチョコレートアイスバー」で。

最後に

 

食べ終わって。

アイスを食べたはず「なのに」マカダミアチョコレートを食べた満足感があります。

明治のマカダミアチョコレートを食べ終わった満足感が。

落ち着いた「明治らしい」甘さのチョコレートをアイスでも味わえます。

もちろん。

明治らしい「食感」の香ばしいマカダミアナッツも楽しめます。

だからこそ。

明治マカダミアチョコレート好きのあなたにこそ食べて欲しい。

それでは

ん~!良い人生を!