妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

コンビニ限定「ゴディバ」カフェラテキャラメルが完成度の高い甘さ。しっかりとした甘さを楽しむアイスである。




しっかりとした甘さを求めてた。

その欲望に見事に応えてくれたアイスがある。

甘さが上書きされるような、しっかりとした甘さのアイスが、ある。

2019年4月30日にコンビニ「限定」で新発売。

GODIVA(ゴディバ)「カフェラテキャラメル」。

全力で甘いアイスを、全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

コンビニ限定「ゴディバ」カフェラテキャラメルが完成度の高い甘さ

 

f:id:mousouryoku:20190501222022j:plain

お値段は税抜き価格330円。

税込価格で356円。

ゴディバのアイスは、ゴディバの店舗「以外」でも売られていて。

125ml(定価400円)のものは、スーパーでも取り扱いがある。

コンビニ「限定」のサイズが100ml。

意外と知らない事実なので、豆知識として覚えておいて欲しい。

尚、今回の「カフェラテキャラメル」は完全にコンビニ限定。

※2019年5月1日執筆時点※

食べたくなったらお近くのコンビニで確保して欲しい。

ゼブンイレブン・ローソン・ファミリーマートの主要コンビニ各店に入荷があった事は全力でご報告しておきたい。

内容量は100ml。カロリーは193kcal。

分類はアイスクリーム。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190501222109j:plain

  • ゴディバ「らしい」風味と甘さのカフェラテのアイスクリームに、甘さを加速させるキャラメルソース。
  • 加速した甘さを「盛り上げる」ゴディバのハート型のチョコレート。

ゴディバ「らしく」カフェラテキャラメルを再現したアイス。

f:id:mousouryoku:20190501222156j:plain

『絶対に甘い。』

『だけど。』

『僕は!甘さを!求めているんだ!』

念入りに。

想定してたよりも低いカロリーだったけど、全力の念入りで開封の舞を済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20190501222235j:plain

『ぎっしり!』

テンションが上がるカップの淵まで詰まったカフェラテアイス。

ほんのりと漂う「甘いカフェラテ」の香り。

早速、スプーンですくいたいけど。

キャラメルソースが「塊」で入っているので、少し溶け始めてから食べる事をオススメしたい。

端っこのアイスが輝き始めたら食べ頃。

f:id:mousouryoku:20190501222309j:plain
驚くほど「なめらかな舌触り」も同時に味わえるので、少しだけ我慢してから食べて欲しい。

さぁ行こう。

ゴディバ「の」ハート型のチョコを探しに。

カフェラテアイスの奥に居るキャラメルソースに出会いに。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190501222431j:plain

『美味しっ!』

なめらかな「舌触り」は、思わず笑顔になるレベルで。

  • 口に入れた瞬間は、程よく甘いカフェラテの柔らかい塊で。
  • 溶けて舌に広がる度に風味高く、コク深く、甘さを強めて。
  • 甘さのピークを過ぎると「クリーミー」さが主張して。

ラテ感の強い、甘めのカフェラテアイスを楽しめる。

f:id:mousouryoku:20190501222712j:plain

ハート型のチョコレートは想像以上に小さく、薄くて。

  • なめらかで「しっとりとした口溶け」のアイスに「パキパキッ」と小気味いいアクセントを演出して。
  • ゴディバらしいチョコレートの甘さで。
  • しっかりとした甘さの中から「キュンッ」とさせる甘さを主張して。

カフェラテアイスの甘さを「豊かに」盛り上げる。

f:id:mousouryoku:20190501222936j:plain

『すでに満足レベル。』

上品に甘く、繊細にコク深く、豊かな風味のカフェラテアイス「と」ゴディバのゴディバらしいチョコレート。

この組み合わせ「だけ」で終わっても、文句は1つも出ないレベル。

でも。

まだ、キャラメルソースと出会えていない。

そうだ。

僕は徹底的に「甘さ」を求めていたんだ。

キャラメルソースは「中央」にドンッと存在する。

f:id:mousouryoku:20190501223544j:plain

絡めよう。

満足レベルのカフェラテアイスとゴディバのチョコレートに。

キャラメルソースを絡めて食べよう。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190501223305j:plain

『求めてた甘さ!』

キャラメルソースは想像以上に甘くて。

  • 少し溶かして「から」食べたのが正解と思えるほど、ねっとりとアイスに、舌に、まとわりついて。
  • まるでミルクキャラメルが溶けただけのような甘さで舌を支配して。
  • キャラメルの甘さで支配され続けたまま、しっとりとしたカフェラテアイスの風味と、コクが重なって。

ねっとり「と」しっとりの共演に、いつでもパキパキのチョコレートがアクセント的に甘さを盛り上げる。

f:id:mousouryoku:20190501223045j:plain

『甘さの上書きが半端ない!』

カフェラテアイス「と」チョコレートの組み合わせでも十分な甘さだった。

  • その甘さが霞むほど、キャラメルソースは甘くて。
  • 甘いけど「嫌味」はなくて。
  • しっかりと「真っすぐに」甘い、ミルクキャラメルのようで。

甘めのカフェラテアイスのクリーミーなラテ感を邪魔する事なく、甘さを上書きする。

なのに。

ゴディバのチョコレートの美味しさが「分かる」バランスの取れた甘さで仕上がっている。

f:id:mousouryoku:20190501223712j:plain

『完成度の高い甘さ!!!』

甘い。

しっかり過ぎるくらいに甘い。

甘いのに。

パクパクいけたのは「甘さ」を求めていたからで。

ゴディバらしいゴディバの「甘さ」で完成されているからだと思う。

甘さ「を」求めているあなたに贈る。

  • カフェラテアイスの「ラテ感の強い甘さ」を、キャラメルソースの「真っすぐに強い甘さ」で上書きするアイスを。
  • アイスの甘さに「左右されない」ゴディバのチョコレートが入ったアイスを。
  • GODIVA(ゴディバ)「カフェラテキャラメル」を。

甘さ「を」求めているあなたにこそ、全力で食べて欲しい。

最後に

 

ちょっと「お高い」アイス。

コンビニ「限定」で、値引きもないので「余計」手が出しづらいと思います。

それでも。

しっかりと甘いアイスが食べたいのなら。

その欲望に見事に応えてくれる。

しっかりと甘い、ゴディバらしいゴディバの、カフェラテキャラメルのアイスです。

お財布に余裕がある時に楽しんで欲しい。

想像よりもしっかりとした甘さで、きっと、あなたのお口を満足させてくれる。

それでは

ん~!良い人生を!