妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

赤城乳業「ラムレーズン」チャーミングアイスカップが最高。控えめにお伝えしても最高な王道のラムレーズンアイス。




ラムレーズンのアイスの魅力にハマっている。

ラムレーズン「の」大人の風味と甘味。

ラムレーズン「を」アイスが引き立てるのか?

ラムレーズン「が」アイスを盛り上げるのか?

本日は、数あるラムレーズンのアイスの中でも王道のアイスをご紹介したい。

赤城乳業「ラムレーズン」チャーミングアイスカップ。

2019年3月12日の発売から探し回って、やっと出会えた。

当然のように全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

赤城乳業「ラムレーズン」チャーミングアイスカップが最高

 

f:id:mousouryoku:20190502133236j:plain

お値段は「定価で」税抜き価格140円。

税込価格で151円。

東日本ではスーパー等での購入情報はあるけど、西日本在住の筆者は探し回った挙句、ローソンでしか出会えなかった事は全力で報告しておきたい。

もう少し販路を広げて欲しいと願うばかりである。

そう。

赤城乳業のアイスは出会えない時は、とことん出会えない。

赤城乳業のラムレーズンのアイスで。

赤城乳業の「イベールアイスデザート」ラムレーズンで。

www.mousouryoku.com

完全にラムレーズンのアイスに「目覚めた」筆者としては待望のアイスである。 

買い溜めしておいたストックが無くなったので、今回「同じ」赤城乳業のラムレーズンのアイスに出会えた事は奇跡だと思う。

おっと、レビューの続きをしていこう。

内容量は150ml。カロリーは202kcal。

分類はラクトアイス。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190502114852j:plain

アルコール分0.4%未満。

ラムレーズンなので当然「洋酒」入りです。

お子さまやアルコールに特に弱い方はご注意をお願いします。

ラム酒で漬け込んだカリフォルニア産のレーズンをラム酒風味のアイスに混ぜたカップアイス。 

シンプルな紹介文で。

パッケージの「Simple&Standard(シンプルアンドスタンダード)」という言葉が王道感を加速させる。

f:id:mousouryoku:20190502133339j:plain

早速、そのお姿を見てみよう。

開封の舞もシンプルに済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20190502133406j:plain

『優しいラムレーズン!』

ほのかにミルキーで。

ほのかにラムレーズン「香る」香り。

優しいラムレーズンだからこそ「多くの」人が食べれて、

多くの人に愛されるからこそ「王道」になる。

さぁ食べよう。

沢山の人に赤城乳業「ラムレーズン」チャーミングアイスカップの王道感を伝えるために。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190502133524j:plain

『最高!』

控えめにお伝えしても、最高。

  • 溶かした訳でもないのに「フワッフワ」のアイス。
  • まるで生クリームのように「フワッ」と飛び込んで来て。
  • しなやかに溶ける度に「フワッ」「フワッ」とラムレーズンの風味を広げて。

コク深い甘みと、分かりやすい旨みが両立したアイスを主張して。

f:id:mousouryoku:20190502133624j:plain

  • 小さく刻まれたラムレーズンの欠片が、分かりやすくアイスの美味しさを押し上げて。
  • 大きめのラムレーズンで「ラムレーズンを食べた満足感」を演出して。

控えめにお伝えしても最高のラムレーズンのアイスがお口一杯に広がる。

f:id:mousouryoku:20190502133805j:plain

『美味し過ぎる・・・!』

シンプル「なのに」深い王道感。

  • アイスの風味は強過ぎず、甘みと旨みが際立って。
  • 食べやすい「くせに」虜になる深みで。
  • ラムレーズンバターのような濃厚さ「なのに」サッパリとした後口で。
  • 細かいラムレーズンの果肉が「その」美味しさを押し上げる度に感動して。
  • 風味が、甘みが、旨みが、深みが、消え去る瞬間にラムレーズンの果肉を噛めば、ラムレーズンらしい果汁感であふれて。

シンプル「なのに」ラムレーズンを味わい尽くした気分に、なれる。

f:id:mousouryoku:20190502133857j:plain

『全ラムレーズンのアイス好きよ!』

『このアイスを食べないでラムレーズンのアイスは語れないぞ!』

いや。

ラムレーズン好きだけじゃない。

『ラムレーズンはちょっと・・・』と思っている大人のあなたこそ食べるべきだ。

  • アルコールの風味は穏やかで。
  • ラムレーズンの「旨み」が分かりやすい仕上がりで。
  • シンプル「なのに」深い王道感で。

ラムレーズン初心者の、大人のあなたに、全力でオススメしたい。

f:id:mousouryoku:20190502133950j:plain

もし。

見かける事が出来たら。

迷わず手に取って欲しい。

赤城乳業「ラムレーズン」チャーミングアイスカップを。

ラムレーズン初心者の、大人のあなたの、手で。

最後に

 

食感マニアの筆者が感動した食感を、最後に少しだけ語りたいです。

王道感あふれるのに、新しい感覚のアイス。

  • 生クリームのような舌触り「からの」バターのような溶け感。
  • その溶け感を、豊かに盛り上げる「大小様々」なラムレーズンの歯応え。

シンプル過ぎるので「飽きやすい」と思いがちですが、食感にも注目して食べると気が付けば完食していると思います。

シンプル「なのに」深い美味しさを全力で味わって欲しいと、心から願って。

それでは

ん~!良い人生を!