妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

妻の誕生日には花をプレゼントしよう。花選びに迷ったら誕生花を贈れば良い。私は「運命」という言葉は信じる。



スポンサーリンク



どうも。

花屋の回し者です。

全旦那の皆さま。奥様の誕生日祝ってますか?

プレゼント贈ってますか?

高価なものは買えない?

何をプレゼントすれば良いか分からない?

そんな時は『花』オススメですよ。

f:id:mousouryoku:20171121165049j:plain

妻の誕生日には花をプレゼントしよう

 

結婚して、子供が生まれて。

車を買って、家を買って。

子供が成長して学校や習い事で。

お父さん「の」財布はいつの世もいつも軽いものです。

ずっしりと重い財布をお持ちの方は奥様にガンガン使って貰いましょう。

世の中の経済を「回して」いるのはいつの世も奥様です。

 

そんなお財布が寂しいお父さん。

奥様の誕生日プレゼントに困ってはいませんか?

リクエストされたとしても「お小遣い」じゃ買えませんよね?

出来る事と言えば、『私の誕生日だからアレ買って良い?』の問いに

『あいよ~』と答えるくらい。

 

それじゃあ気持ちがこもらない!

お父さんのお小遣いでも買えるものは何だ!?

安価でも喜ばれるものは何だ!?

それは!

『花』だ!!!

f:id:mousouryoku:20171121173929j:plain

素直に心から『いつもありがとう。心の底から好きです。』

言葉を添えて。

言葉を上手く紡げないならメッセージカード1枚だけでも。

『いつもありがとう。』だけでも。

 

突然そんな事をしたら疑われる?

大丈夫。一言。

『これから貴女の誕生日には毎年花を贈ろうと思う。君の好きな花を。』

二言か。

断固たる決意を見せて。奥様に。自分に。

私の願いはバカにされようが、どれだけ批判を受けようとも全ての家庭が円満であって欲しいのだ。

世界平和より険しい道になるかもしれないけど叫び続けたい。

花選びに迷ったら誕生花を贈れば良い

 

プレゼントする花選びすら迷う?

妻の好きな花を知らない?困った旦那さんだ。

そんな時は『誕生花』

chills-lab.com

誕生「月」の「日」でも奥様と関連性のあるものを。

月なら季節の花として取り扱ってるお店は多いです。

花屋も商売上手で季節毎の花「も」置いています。行けば何とかなります。

 

売って無ければ世界に目を向ければ良い。

『ヨーロッパの11月の誕生花はキクだよ。花言葉は真の愛なんだよ。』って。

言えない?ほらメッセージカードで

キクの花言葉:ヨーロッパ編

真の愛

こんな感じで。

『キザ!かっこつけ!』って言われても良いじゃない。

貴男の奥様ですよ?年に1回ですよ?いつ伝えるの?

夫が感謝と愛を伝える絶好の日は妻の誕生日

最後に

 

本日11月21日。妻の誕生日です。

妻の誕生花はガーベラです。

私の誕生花はガーベラ(オレンジ)です。

妻がまだ恋人だった時『オレンジのガーベラが好き!』と聞いてから欠かさず贈っています。

オレンジのガーベラを。

『毎年欠かさずくれるよね。オレンジのガーベラのみ。』の問答は最早、恒例行事。

 

妻と私の誕生花を知ったのはつい最近の事。

『何だか運命を感じるね。』とこれからも毎年同じ話が出来るように『誕生花』を贈り続けると誓った『黄色いガーベラ』を間違えて買って帰った日。

 

それでは

ん~!良い人生を!